松本伊代に「男を見る目が最強」の声も どんなに絶望しても妻を許すヒロミ

松本伊代に「男を見る目が最強」の声も どんなに絶望しても妻を許すヒロミ

松本伊代に「男を見る目が最強」の声も どんなに絶望しても妻を許すヒロミの画像

タレントのヒロミ(55)の公式YouTubeチャンネル『Hiromi?factoryチャンネル』では、4月7日に政府が緊急事態宣言を発出してから“小園ファミリー”の自宅での過ごし方を公開し大好評であった。外出自粛となる前はヒロミも仕事が忙しく、長男で俳優の小園凌央(24)と大学生の次男(22)は自宅を不在にする時間が長くなり、松本伊代(54)は一人で夕食を食べることも珍しくなかったという。だが家族4人が長い時間を自宅で一緒に過ごすことになり、会話が増えて3食を共にすることになった。このことに松本は「嬉しかった」と言い、彼女にとってステイホーム期間中は家族と向き合える幸せな時間だったようだ。


20日放送の『サワコの朝』(TBS系)に出演した松本伊代。司会の阿川佐和子(66)から「でも毎日(家族と)接触する時間が多いと、余計な言葉が飛んだりしてつい喧嘩になったり、機嫌が悪くなったりすることはなかったですか?」と聞かれると、「それは日常茶飯事なので…」といつも夫や息子らから注意を受けるのであまり気にならなかったという。料理は得意とは言えず、家の片付けも苦手。几帳面なヒロミが見かねて流し台に溜まっている食器を洗い、開けっ放しになっている棚の扉を閉めて回るのは珍しいことではないそうだ。

整理整頓が得意なヒロミに対して、松本は物が出しっぱなしでも全く気にならず「何日置きっぱなしでも平気。何なら避けて通れば良い」と思っている。「ママ、いつこれを片付けるんだ」と注意しても意に介さない彼女に「この、クソ女!」と捨て台詞を吐き、結局仕舞うのはヒロミだという。「そんな言い方をするの?」と阿川は驚いていたが、松本は“クソ女!”と言うことで怒りを鎮めている―と捉えており、この言葉を聞くと「あぁ、許してくれてるのかなぁ」とホッとするそうだ。

だが過去に一度だけヒロミの怒りが収まらず、2か月くらい口を聞いてもらえなかったことがあった。それは自宅でステーキを焼くことになった時、いつも塩が入っている容器になぜか松本が砂糖を入れていたのだ。ヒロミが調理したのだが、出来上がったステーキを食べて味が変だったことで、やっと自分が塩と砂糖を入れ間違えたことに気付いたそうだ。「あ、パパごめん。あれ砂糖」と軽い口調で謝る松本に、ヒロミは静かにフォークとナイフを置き「もうママと生きていく自信がない」と宣言したという。それまでの怒りが積み重なってしまったようで、いつもと違う夫の様子に「もしかしたら本気(離婚)なのかな」と楽観的な松本もさすがに焦ったようだ。だが自分が作る料理は食べてくれていたので、彼女はたわいのない話題を振ってみたり、ソファーにいるヒロミの隣にさりげなく座り会話する機会を増やし、夫婦は元の鞘に収まったそうだ。

このエピソードにツイッター上では、「松本伊代よく離婚されなかったな…」「松本伊代ちゃんが、昭和アイドルの中で一番幸せなんじゃないのかなと思う。この人の男を見る目が最強」「伊代ちゃんもおもろいな〜! 天然ぶりが凄い! ヒロミが夫でほんと良かったね」など圧倒的にヒロミを褒める声が多い。しかし2011年1月の『はなまるマーケット』(TBS系)に出演した松本について、ヒロミはアンケートに「結婚してから“妻の人間としての、器の大きさ”に気付かされた」と答えている。突然テレビの世界から5年以上も姿を消していた時期も、トライアスロン、釣り、登山、スカイダイビング、カーレース、ゴルフ、サーフィン、スノーボード、クレー射撃、バイク、船舶…と多彩な趣味に没頭しても口出しせず、「自分の好きなようにさせてくれることに感謝している」と述べていた。老後は所有するハワイの別荘で夫婦一緒に暮らそうと昨年秋、ヒロミは自力で長い時間をかけリフォームを終えている。松本伊代への長年の感謝の気持ちを、彼は形にしたのかもしれない。

画像2枚目は『松本伊代 2020年6月19日付Instagram「6/20(土)朝7:30〜放送のTBS「サワコの朝」に出演させていただきました〜!!」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 みやび)