はいだしょうこ作の紙芝居に“まりもっこり”がいっぱい 本人も「またボクが居た〜」

はいだしょうこ作の紙芝居に“まりもっこり”がいっぱい 本人も「またボクが居た〜」

はいだしょうこ作の紙芝居に“まりもっこり”がいっぱい 本人も「またボクが居た〜」の画像

NHKの人気番組『おかあさんといっしょ』で「うたのおねえさん」を務めていたはいだしょうこが、4月6日から公式YouTubeチャンネルで動画配信をスタートさせた。「お子さまの歌から、大人の歌まで、色々な歌を皆様にお届けします」と童謡だけでなくJ-POPの名曲カバーにも挑戦し、抜群の歌唱力と澄んだ歌声を披露している。


母親が声楽家だというはいだしょうこは、幼少期より作曲家の故・中田喜直さんのもと童謡を学び、全国各地の童謡コンサートに出演。小学6年生の時には、全国童謡コンクールでグランプリを受賞している。1998年に宝塚音楽学校を卒業し入団すると、4年目にして公演フィナーレをソロで飾るエトワールに抜擢されるなど、娘役として一時代を築いた。2002年に退団後、翌2003年4月からは『おかあさんといっしょ』の第19代目「うたのおねえさん」として、2008年3月まで活動した。同番組を卒業してからは歌手としてだけではなく、女優やタレントなど幅広い活躍を見せている。

公式YouTubeチャンネル『はいだしょうこの歌とか、、、』には、ピアノをバックに『糸』(中島みゆき)、『会いたい』(沢田知可子)などJ-POPの名曲を歌ったり、『涙そうそう』(BEGIN/夏川りみ)を“一五一会”という4弦の楽器での弾き語りに挑戦したりと“歌手・はいだしょうこ”の魅力がたっぷり味わえる作品が次々と公開されている。

一方で、独特のセンスで見る者を魅了する「しょうこ画伯」として、オリジナルの絵と語りで紙芝居も披露している。このたび“太郎三部作”として「桃太郎」、「浦島太郎」、そして19日に「金太郎」の動画を投稿。豊かな表現力も必要な紙芝居の語りは、宝塚出身であるはいだの得意とするところだろう。「むかしむかし…」から始まる優しい声にうっとりしながら絵の方に目を向けると、異様に余白が多い画用紙の中央に小さな絵が描かれている。そして主人公の桃太郎、浦島太郎、金太郎だけでなく、脇役のおじいさん、おばあさん、乙姫様や鬼、亀の目はなぜか皆同じだ。一部の視聴者からは、北海道ご当地キャラクターの「まりもっこり」にそっくりだと評判になっている。

「しょうこおねえさんの紙芝居に、まりもっこりがいる」との噂は本人にも届いており、『まりもっこり(marimokkori2005)ツイッター』で度々触れている。19日にも「またボクが居た〜〜〜ぁw」と公式YouTube『はいだしょうこの歌とか、、、』の紙芝居「金太郎」編を紹介したところ、はいだは自身のツイッターで反応。「北海道のご当地キャラクター『まりもっこり』さんに『きんたろう』の紙芝居を見つけていただきました!」「お礼に「まりもっこり」さんも描いてみました!」と、22日の『はいだしょうこの歌とか、、、(公式)(haida_utatoka)ツイッター』で公開している。するとまりもっこりは「うわ〜うわ〜うわ〜うわ〜うわ〜〜〜ぁ!! はいださんが、ボクを描いてくれた!!!」と大感激しているものの、フォロワーは「画伯!! 小さくて見えない」「見えねええっ!」「期待を裏切らないサイズw」と、大きなスケッチブックに描かれている極小のまりもっこりを見るため四苦八苦しているようだ。

画像は『はいだしょうこ 2020年4月6日付Instagram「こんにちは 情報解禁になりました」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 みやび)