木下優樹菜の復帰コメント「私らしく」に古市憲寿疑問「事務所総出で作ったような文章」

木下優樹菜の復帰コメント「私らしく」に古市憲寿疑問「事務所総出で作ったような文章」

木下優樹菜の復帰コメント「私らしく」に古市憲寿疑問「事務所総出で作ったような文章」の画像

2019年11月から芸能活動を自粛していたモデルでタレントの木下優樹菜が、7月1日に芸能活動再開を発表した。復帰にあたり木下がコメントした内容に賛否が集まっているが、これに社会学者の古市憲寿氏が疑問を呈した。


2007年から出演したクイズバラエティ番組『クイズ!ヘキサゴンII』で、やんちゃなおバカキャラで人気を集めた木下優樹菜。その後、同番組で知り合った藤本敏史(FUJIWARA)と結婚、SNSを駆使しながら芸能活動も順調だったが、2019年11月に芸能活動を休止することに。それは実姉が勤務していたタピオカ店の経営者に対する言動が騒動となったためだが、木下は芸能活動自粛中の2019年の年末に藤本と離婚、2人の愛娘の親権は木下が持つことになった。

そして2020年7月1日に芸能活動再開を自身のインスタグラムで発表した木下優樹菜。文章を掲載し、関係者やファン、不快な思いをさせた人々へ謝罪した木下は自粛期間中「沢山のご意見をいただき色んな事を考え、自分自身を見つめ直し反省する日々を過ごしてきました。」と振り返り、「今はただ目の前の出来る事をコツコツと私らしく頑張っていきたいと思っています。」と決意を示した。

ところが、このなかの「私らしく」というフレーズが物議を醸しているようで、SNSでは「私らしく振舞った結果がタピオカでは?」「私らしくしていたから問題を起こしたのに…」「その『私らしく』が問題だったんじゃないの?」「私らしく頑張ったらまた同じ事繰り返すんじゃないの?」「私らしくじゃなくて心を入れ替えてだろよ」などの声があがっている。

2日生放送のフジテレビ系情報番組『とくダネ!』でも、木下優樹菜の復帰を取り上げた。「事務所総出でやりますね」とのDMの内容が暴露されていた木下に対して、番組スペシャルキャスターの古市憲寿氏は「『私らしく頑張っていきたい』という割には、あまり木下さんらしくない文章だなって。むしろ事務所総出で作ったような文章だなって気がしたんですけど」と木下が送ったDMになぞらえてチクリ。

また番組コメンテーターの国際政治学者・三浦瑠麗氏は「優樹菜さんはいい感じの方」と以前に共演したときの印象を語り、「お騒がせタレントという需要は社会に確実にあるじゃないですか。完全に聖人君主的な人じゃなくてもいいし、お騒がせタレントとしての需要は絶対に戻ってくると思う。問題はSNSの時代に芸能人が一般人と交流ができるようになっちゃったときに、このやり方がまずかったんじゃないですかっていう話」と持論を展開した。

現在も双方が弁護士を立てていていまだ和解には至っていないそうだが、MCの小倉智昭は「お互いに誠意をもって話せば、もっと解決できたんじゃないのかなと端から見ていたら思うんですけどね…」と首を傾げた。

もちろん木下のインスタグラムにはファンから「ゆっきーな復帰おめでとう 頑張れ!」「早くテレビでゆっきーな観たい!! 大好き〜」との激励メッセージも寄せられている。インスタグラムでは現在約525万人のフォロワーを有し、復帰を発表した投稿には17時間で約18万人から「いいね!」がつけられている。まだ具体的な仕事の予定はないというが、ファンの声援にどこまで応えられるだろうか。

画像3枚目は『yuuukiiinaaa 2020年7月1日付Instagram』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 関原りあん)