おぎやはぎ、カズレーザー&竹俣紅の交際を確信「こんな真っ赤な奴と、付き合ってもないのにデートできるわけない」

おぎやはぎ、カズレーザー&竹俣紅の交際を確信「こんな真っ赤な奴と、付き合ってもないのにデートできるわけない」

おぎやはぎ、カズレーザー&竹俣紅の交際を確信「こんな真っ赤な奴と、付き合ってもないのにデートできるわけない」の画像

6月30日発売の週刊誌『FLASH』が報じたカズレーザー(メイプル超合金)の交際情報について、お笑いコンビ・おぎやはぎがラジオ番組で私見を述べている。双方とも交際を否定しているが、「もう、付き合っている」というのが2人の一致した見方だ。その理由はカズレーザーの服装にあるという。


『FLASH』によると、カズレーザーがデートした女性は元女流棋士で知性派タレントとしてクイズ番組などで活躍していた竹俣紅だ。現在は棋士を引退し、タレント活動も控えて学業(早稲田大学)に専念しており、フジテレビジョンからアナウンサー職での内定(2021年入社予定)を得たと報じられている。彼女はクイズ番組でよく共演していたカズレーザーを「面白くて優しくて物知りな方」と自身のブログやテレビ番組で褒めちぎり、2018年1月に発売したフォトエッセイ『紅本』の帯コメントを彼に頼んだほどの“ガチファン”である。カズレーザーが主催する「クイズ勉強会」にも、竹俣は熱心に足を運んでいたものだ。

記事には東京・六本木ヒルズを歩いているツーショット写真が掲載され、カズレーザーはテレビで見ている通りの金髪+全身真っ赤なコーデネートで、おまけに赤いマスクを着用している。彼を知っている人であれば、カズレーザー本人だとすぐにわかる出で立ちだ。竹俣もさりげなく服装や靴に赤を取り入れ、2人が並んでいる姿はお似合いのカップルに見える。この件で取材を受けたカズレーザーは「水族館でイルカショーを観て、誕生日のプレゼントを買いに行き、ご飯を一緒に食べて解散しました」、「残念ながら、交際はしておりません(笑)。ご期待に添えず申し訳ございません!」とコメント。竹俣の所属事務所も「仲良くさせていただいている先輩のひとりだと、本人からは聞いております」と回答しており、双方とも恋愛関係ではないとしている。

だが付き合ってもいないのに、全身真っ赤のカズレーザーと2人っきりで会うのは「普通ヤダよな、恥ずかしくて」と語ったのがおぎやはぎの矢作兼である。7月2日深夜放送のラジオ番組『木曜JUNK?おぎやはぎのメガネびいき』(TBSラジオ)で前述の記事を取り上げ、「全身赤で、マスクも赤。これじゃ悪いこと、本当何もできないな」「一番クリーンな人間かもな。これで歩くんだから」とカズレーザーに感心する矢作と、「こうやって一緒に居られるんだから、女性も凄いいい子なんだろうなぁって思う」と竹俣を褒める小木博明。続けて「こんな真っ赤な奴と、付き合ってもないのにデートなんかできるわけない」と女性の覚悟を感じると話すと、カズレーザーと竹俣は友人以上の関係だと結論付けた。

ちなみにカズレーザーは、7月4日に36歳の誕生日を迎えた。2人でまたお祝いデートをしたという目撃情報があれば、おぎやはぎの“絶対付き合ってる”説は真実味を帯びそうだ。
(TechinsightJapan編集部 みやび)