ヒロシ、子どもたちへのネタのアドバイスも“自然体”で「サトシです…でいいんだよ」

ヒロシ、子どもたちへのネタのアドバイスも“自然体”で「サトシです…でいいんだよ」

ヒロシ、子どもたちへのネタのアドバイスも“自然体”で「サトシです…でいいんだよ」の画像

お笑いタレントのヒロシは、ソロキャンプの動画が人気となりYouTuberとして再ブレイクを果たしたが、今でも「ヒロシです…」とボヤくネタは健在のようだ。7月5日放送のNHK Eテレ『わらたまドッカ〜ン 笑って笑って元気100倍SP』で、スタッフから「子どもたちに人気ですよ」と聞かされたヒロシは「15年前くらいのブレイクが再来するのかな?」と嬉しそうだった。


熊本県荒尾市出身のヒロシは、地元の高校を卒業して福岡市にある大学に進学。卒業後はサラリーマンをしていたが退職して本来の夢であるお笑いの世界を目指し、福岡吉本に入ってお笑いコンビ・ベイビーズを結成した。

その後コンビを解散して上京したヒロシは、ホストクラブで働いた経験をいかして「ヒロシです…」のネタでブレイクすることになる。しかし番組制作側に「ヒロシです」のネタを要望されながらも拒否したり、ひな壇への出演を断るなどコミュニケーション不足による問題が増え、ブレイクからおよそ5年で人気は下火になった。

昨年12月27日放送の日本テレビ系トークバラエティ番組『アナザースカイII』にゲスト出演したヒロシは、「ソロキャンパー」として再ブレイクしたことについて「たまたま遊びでやってたキャンプが注目されただけで、人気を得たことはすごく嬉しいが、本来は芸人として活躍したかったので、がっつりネタをやってる芸人に比べて正直ちょっと恥ずかしい」と明かしており、今でもネタで笑わせることへのこだわりがあるようだ。

今年6月5日放送の黒木瞳がパーソナリティーを務めるニッポン放送のラジオ番組『あさナビ』にもゲスト出演する人気ぶりで、黒木瞳からネタの「ヒロシです」はどうやって思いついたのか聞かれると「最初は『あるあるネタ』に憧れてノートに思いついたことを書き留めていたところ、人の悪口とか自分のダメなところばかりになっていた」と明かすヒロシ。それを当時人気のあったお笑いコンビ・いつもここからに見せたところ「これはこれで面白いんじゃない?」と評価されて、「ヒロシです」の自虐ネタが生まれたという。

NHK Eテレの子供向け対決型お笑い番組『わらたまドッカ〜ン』で2月3日に放送した「ゆってぃvsヒロシ」では、意外にも「ヒロシです」のネタを聞いて子どもたちがちゃんとツボで笑っていた。ノートに書き留めたシンプルな愚痴だけに子どもでも面白さが分かるのだろう。

7月5日に放送された『わらたまドッカ〜ン 笑って笑って元気100倍SP』でスタッフに「子どもたちから『ヒロシです』が人気ですが、ネタをまねする時のアドバイスは?』と振られ、ヒロシは「おじさんは暗いからうつむいてるけど、みんな自由でいいんだよ。『さとしでーす! ハンバーグが好きでーす!』とかでもいいんだよ」と教えていた。

実は5月16日放送の日本テレビ系バラエティ番組『嵐にしやがれ』で大野智にソロキャンプを伝授したヒロシは、意気投合したこともあり7月4日に同番組で早くも大野智とのソロキャンプ企画第二弾が放送された。

Twitter上では「ヒロシさんもおーちゃんもすごいかわいい 自然体で楽しそうで見てる視聴者も笑顔になる!」、「個人的に凄く好きなのは、ベーコン食べる智を寝転がって見守るヒロシさんの構図。超自然体な2人」、「ヒロシさん、自然体で人にポジティブな影響を与える方だなぁと改めて思います」などの反響があった。

画像は『ヒロシ 2020年7月3日付Instagram「今夜の「迷宮グルメ 異郷の駅前食堂」いかがでしたか?」、2020年7月4日付Instagram「まもなく21:00からは嵐にしやがれじゃ!」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 真紀和泉)