長州力、東京の感染者数に危機感「なぜ歓楽街を避けない!」 谷津嘉章はお店に配慮「生活もあるし」

長州力、東京の感染者数に危機感「なぜ歓楽街を避けない!」 谷津嘉章はお店に配慮「生活もあるし」

長州力、東京の感染者数に危機感「なぜ歓楽街を避けない!」 谷津嘉章はお店に配慮「生活もあるし」の画像

7月9日、東京都における新型コロナウイルスの新たな感染者数が224人となり、1日当たりの感染者数で過去最多を記録した。元プロレスラーの長州力は緊急事態宣言の頃からTwitterでステイホームを心がけようと常々呼びかけていただけに、「今日の東京の感染者数! 驚きました! なぜなんだろう?」と訴えた。


東京都の「新型コロナウイルス感染症対策公式サイト」によると、新規感染者の報告数は7月1日「61人」から2日「107人」と増えて7日「106人」まで6日間で100人を上回り、8日に「75人」と減ったものの9日は「224人」となった。

また新規感染者224人のうち20、30代が169人と7割以上で、74人が接待を伴う飲食店いわゆる「夜の街」で感染したとみられている。小池百合子知事は取材を受けてこれまでと同様に「若い方、夜の街関連が多い傾向は変わっておらず、できるだけ検査を受け感染させないように」と協力を呼びかけていた。

厚生労働省『新型コロナウイルス感染症(COVID-19)診療の手引き・第2.1版』では、「重症化のリスク因子」として「高齢者、基礎疾患(心血管疾患、糖尿病、慢性呼吸器疾患など)のある患者では、致死率が高い」と説明している。

ミュージシャンの泉谷しげるは、7月5日放送のフジテレビ系『ワイドナショー』で若者の新規感染者が多いことについて「こっちは72歳なんだからさ。若い元気な子が無症状でも、そのつばがペッとかかったら 私なんかコロッといっちゃいますよ」と話したように、高齢になるほど切実な問題だ。

現在68歳の長州力はTwitterで「なぜ歓楽街を避けないのか! 感染者も若い世代に増えて来た!」と危機感をつのらせており、「本当に今は! 避けろ! 避けてくれ! これじゃ生きて行こうとする前に潰されてしまうぞ!」と高齢者の声を代弁するように警鐘を鳴らした。

そんな長州のツイートに、後輩プロレスラーの谷津嘉章(63)が「長州先輩、お疲れ様です」とコメント。感染者数が増えたことに対して「でも、最近ではPCR検査も確立して来た様ですし!?」と補足したうえで、「『繁華街に行くな』と、言っても、ここまで自粛では気持も『飛ぶ』でしょう!? また、生活も有るし、行政も何らかの更なる助成も必要と思いますが」と繁華街で営業する人々へ配慮した。

他にもフォロワーから「長州さん、本当にいま大切なことをツイートして下さって心からありがとうございます。年齢ではなく一人の人間として、まず自分を守り、近くにいる人を守り、周りを守り、日本の自由に暮らせる未来を守ること。一人一人の誠実さを信じています」、「長州さん 確かに、怒りがこみ上げてきます。ここで踏ん張らないと、また2か月ぐらい前と同じことになっちゃうぞ!!」といった声が寄せられている。

画像は『長州力 2020年6月24日付Twitter「おはようございます!今日も気の滅入る天気ですね!」、2020年7月9日付Twitter「今日の東京の感染者数!」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 真紀和泉)