キムタク困惑 さんまの「木村拓哉から既読スルー」は“ネタ”だった 太田光にまで影響

キムタク困惑 さんまの「木村拓哉から既読スルー」は“ネタ”だった 太田光にまで影響

キムタク困惑 さんまの「木村拓哉から既読スルー」は“ネタ”だった 太田光にまで影響の画像

2003年から毎年定期的に放送されているフジテレビ系『さんタク』での共演や、プライベートでも親交のあることで知られる明石家さんまと木村拓哉。ケータイでもやり取りする2人だが、今年4月にはさんまの返事を木村が既読スルーしたことがネットニュースでも報じられた。しかし事実はこれと違うようだ。5日放送のラジオ番組『木村拓哉 Flow supported by GYAO!』(TOKYO FM)で木村自身が明かした。


同番組は7月のゲストとして爆笑問題・太田光を迎えるが、太田と木村拓哉は「タッくん」「ピー」と呼び合い、メールでやり取りする“メル友”でもある。このラジオ出演の前に太田は「タッくん、今日よろしくね」とメールして、木村も「こちらこそ、よろしく。ドラマ(『BG』)撮ってから行くんで絶対に押さないように頑張ります」と返したそうだ。

木村拓哉のドラマや映画を熱心に観て、自身のラジオ番組でもたびたび絶賛している太田光。木村が型破りなシェフを演じたTBS系『グランメゾン東京』(2019年10月期)と、厳しい警察学校教官を演じた『教場』(2020年1月4日、5日放送)ももちろん視聴した太田は、毎回熱い感想文を木村にメールで送っていたという。しかし一向に返事がない。そこで太田が思い出したのが「明石家さんまが木村から既読スルーされた」という話だった。

これは4月25日放送のラジオ番組『ヤングタウン土曜日』(MBS)で明石家さんまが話したもので、さんまは外出自粛中に「三段跳び(しばらく)やってないなぁ」と思い立ち、「健康のために。太陽に当たらないとあかんし」と自宅で三段跳びに挑戦したという。ちょうど「木村から連絡があって『三段跳びの練習や』っていったら既読スルー。相手にしてもらえん」「『何でですかー?』って(返事が)来ると思ったら既読スルーや」とぼやき、その後「また『元気ですかー?』と連絡きてね、『三段跳びは足首痛めて今あかんから、立ち幅跳びにしようかと思って』。また既読スルー。意外と冷たい」と嘆いていた。これに「(いきなり三段跳びと言われても)本当になのか嘘なのか分からないですよね?」と共演者は笑いながらフォローしていた。

さんまのこのラジオを聴いていた太田光は「さんまさんが『木村から既読スルーされてるんや』って言ってたから、俺もきっとそのなかに入れられちゃったんだ」と木村から返事が来なくても「忙しいのだろう」などと自分自身を納得させたり、「嫌われてブロックされたのか」と心配したりしていたのだが、実際は木村拓哉のスマホの調子が良くなかったそうだ。メールでやり取りするのは太田の他にマツコ・デラックスだけですぐに気づかなかったという。一方で木村も「さんまさんに『俺、既読スルーしたことあったっけ?』って言ったら『お笑いや。ネタや。あれがウケんねん』って言われて」とさんまに直接確認したやり取りを話の流れから明かして、「ネタにされるとさ、俺が既読スルーキャラっぽいじゃん」とさんまに訴えたそうだ。

その後、太田光の熱い感想文はマネージャーを介して木村のスマホへ。『グランメゾン東京』11話分、『教場』2話分、13通の感想メールをまとめて受け取った木村は「スクロールしてもしても終わらない量で」と口にした。太田からは「こういう話をまっすぐに伝えられるのはお前だけだ!」などとしっかり放送直後に送られていたそうだ。

太田光に「発端はすべて僕のケータイ(の不具合)ですから」と恐縮した木村拓哉。しかしさんまがサービス精神でネタとして話を盛ったため、ネット上では既読スルーをしたとされる木村に対して批判的なコメントがいくつもあがっていた。それだけでなく太田にまで影響を及ぼしていたようだ。
(TechinsightJapan編集部 関原りあん)