黒柳徹子に「不破と申します」と挨拶していたフワちゃん 本番では“嬉しさ故のカオス状態”に

黒柳徹子に「不破と申します」と挨拶していたフワちゃん 本番では“嬉しさ故のカオス状態”に

黒柳徹子に「不破と申します」と挨拶していたフワちゃん 本番では“嬉しさ故のカオス状態”にの画像

人気YouTuberでお笑いタレントのフワちゃんが、先日放送された『徹子の部屋』(テレビ朝日系)に出演することになった経緯を明かしている。5月末に自身のYouTubeチャンネルで同番組への出演を希望したところ、すぐにオファーがあったそうで「徹子の部屋のスタッフ、“鬼フッ軽!”」と感心したそうである。


フワちゃんがゲスト出演した10日放送の『徹子の部屋』は、“神回”と言われるほど大きな反響を飛んだ。一方でお笑いコンビ・ナイツの塙宣之は、自身のラジオ番組で「もうハラハラしたよ、見てて」と話している。「タモリとも仲良くなった」「一茂は…」とエピソードトークの登場人物は、たとえ大先輩であってもほぼ呼び捨て。しかもフワちゃんは収録が終わりに近付くと「帰りたくない! 帰りたくなーい!」と絶叫し、お馴染みの「ルールル、ルルル、ルールル…」とエンディング音楽がスタジオに流れると、「徹子さんも一緒に歌おう!」とリズムに合わせて左右に体を揺らし始めたのだが、黒柳徹子は「ヤダ!」と即答。「今日はありがとうございました」、「ぎゃあぁ! 帰りたくない、今日は(スタジオ)残る!」のやりとりで放送が終了したことに、塙は驚いたという。

21日公開のYouTubeチャンネル『フワちゃんFLIX』では、放送されなかった裏話を明かしている。まず収録前に「おはようございます、徹子さん。今日はよろしくお願いします、不破と申します」と黒柳に挨拶に行ったところ、「ありがとう、わざわざ丁寧に。よろしくお願いします」とフワちゃん曰く“可愛いオウムみたいな声”で応対してくれたそうだ。本番ではフワちゃんのトークを面白がってくれ、よく笑ってくれたという黒柳。「はい、カーット!」と収録が終わりの合図が出ても、ずっと黒柳は笑っており「あ〜おかしい」とご機嫌だったそうだ。放送ではフワちゃんからのお願いに「ヤダ!」「結構です」と突き放していた黒柳だが、実際の2人はウマが合ったようである。

小学3年生の時に読んだ黒柳の自伝的物語『窓ぎわのトットちゃん』はフワちゃんの人生のバイブルであり、憧れの黒柳に会えて「マジで嬉しくて、おかしくなり過ぎて」と振り返る。そして衣装のスコートをめくり上げてショートパンツ姿でお尻を振るという“嬉しさ故のカオス状態”になってしまったそうだ。残念なのはソーシャルディスタンス保たなければならず、黒柳に近付けなかったことだという。次回『徹子の部屋』に出演するときは、黒柳に「頬を寄せて喋りたい」「マジでキスしたい」と意気込むフワちゃん。コメント欄にも「徹子さんに会えてよかったね。トットちゃんの話感動した」「あーおかしいって可愛い。酷評もあって気になったけど、心通じ合って素敵だったから無問題だな」「徹子の部屋ほんっっと最高だった!! 見てるこっちも楽しかったよ」「フワちゃんが出ると知って、21年間生きて来て初めて徹子の部屋をリアルタイム最初から最後まで見ました!」など、フワちゃんの『徹子の部屋』初出演を喜ぶ声が多数届いている。

画像は『フワちゃん FUWA 2020年7月21日付Twitter「【フワちゃんFLIX】「徹子の部屋」で大暴れしてきたフワちゃん」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 みやび)