川口春奈に「働きすぎでは」心配する声 YouTubeも2週間配信なし

川口春奈に「働きすぎでは」心配する声 YouTubeも2週間配信なし

川口春奈に「働きすぎでは」心配する声 YouTubeも2週間配信なしの画像

ウェブコミックサイト『くらげバンチ』に連載中の任侠コメディーが原作の日本テレビ系日曜ドラマ『極主夫道』(10月より放送予定)に、女優の川口春奈が出演することが発表された。川口が務めるのは、玉木宏演じる主人公の元極道・龍(たつ)の妻・美久という役どころだ。番組公式SNSでは「大河ドラマで、強く賢い女性を演じ、さらなる進化を遂げた女優・川口春奈が民放ドラマに戻ってくる」と謳っている。NHK大河ドラマ『麒麟がくる』に続くヒロイン役抜擢とあって女優としての人気と実力の高さがうかがわれるが、一方で各方面からの「引き」の多さに「働きすぎなのでは?」と川口を心配する声があがっている。


『麒麟がくる』で帰蝶役に決まっていた沢尻エリカが薬物問題で降板となり、代役に川口春奈が発表されたのは昨年11月中旬過ぎであった。沢尻は1話から登場してすでに10話まで撮影を終えていたため、川口が帰蝶役を務めて12月初旬から撮り直した。そのため予定より遅れて2020年1月19日にスタートした『麒麟がくる』だが、川口の演技に魅了された視聴者からはTwitter上で「川口春奈さんの帰蝶役すっごくいいな…」、「『麒麟がくる』の帰蝶が本当に素敵で!! 目が釘付けになるのよ!!」という声が聞かれた。

『麒麟がくる』は新型コロナウイルスの影響で4月1日から収録ができず、6月7日放送の第21回で一旦放送を休止した。しかし6月30日に収録を再開しており、8月30日から放送される予定だ。そこにきて川口春奈の日曜ドラマ『極主夫道』出演が決まったことから、『麒麟がくる』以降の川口の人気ぶりがうかがわれる。

『極主夫道』は不死身の龍と呼ばれた極道が、キャリアウーマン・美久との結婚を機に極道から足を洗い専業主夫として活躍する姿を描いた作品である。ドラマで龍役に決まった玉木宏については、コミックのCMや実写PVで龍役を務める津田健次郎のイメージと比べてどのように演じるか期待する声が少なくない。

そんななか7月30日に『ドラマ「極主夫道」【公式】』Twitterで「龍の妻・美久役に川口春奈の出演が決定」と告知したところ、原作ファンから「川口春奈さんすごく似合うと思います! 龍さんをバシバシはたいてるところが目に浮かぶ」、「旦那の顎に掌底くらわすシーンを全力で再現していただきたいw」という声が見受けられた。

ただ当の川口春奈は大河ドラマ撮影のプレッシャーに加え、4月から日本テレビ系『Going!Sports&News』で土曜レギュラーの10周年スペシャルキャスターに起用されるなど多忙な日々が続く。今年1月30日に開設したYouTube「川口春奈オフィシャル はーちゃんねる」では2月から毎日曜日に動画を配信していたが、7月26日(日)にいつもの配信がなく、8月2日(日)を前に視聴者から「今週末はアップしてくださいね」、「そろそろ新しい動画よろしくやで〜!」という声が寄せられていた。

そうした状況にあって、川口が7月30日にインスタグラムでコミック『極主夫道』の表紙とともに「よろしくお願いします!」とドラマ出演について投稿したところ、「めちゃくちゃ面白そうで朝から嬉しかったよ〜 忙しくなりそうだけど体に気をつけてファイト!」、「沢山はーちゃんが見れてめっちゃ嬉しいです! 楽しみ〜 身体に気をつけて頑張ってね〜」、「ますます忙しくなると思いますので、体調に気をつけてくださいね。体を休められるお休みがありますように」、「楽しみです でも、体には気をつけて下さいね!! 余計なお世話とわかりつつ、ちょっと働きすぎな気がします」など応援しつつも健康面を案ずる声が目立った。

画像2、3枚目は『ドラマ『極主夫道』【公式】 2020年7月30日付Instagram「速報 #川口春奈 出演決定」、2020年7月8日付Instagram「速報 #極主夫道ドラマ化」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 真紀和泉)