佐藤仁美が中国でスパイ容疑「今考えたら怖い」 他にもいる海外で拘束された日本人タレント

佐藤仁美が中国でスパイ容疑「今考えたら怖い」 他にもいる海外で拘束された日本人タレント

佐藤仁美が中国でスパイ容疑「今考えたら怖い」 他にもいる海外で拘束された日本人タレントの画像

中国でスパイ容疑などによって拘束される日本人が2015年以降増えている。昨年9月に北京を訪問した北海道大学の教授が拘束されて2か月後に解放され、2017年に温泉開発のため海南島を訪れて拘束されていた50代男性は昨年5月に懲役15年の実刑判決を言い渡された。そうした情勢だけに、8月23日放送のフジテレビ系『ワイドナショー』で女優の佐藤仁美が中国で体験したエピソードを話したところ、スタジオに緊張感が漂った。


松本人志は25年ほど前にお笑いバラエティ番組『ダウンタウンのごっつええ感じ』の企画「なんなんなあに何太郎君」で自動車のエアバッグを顔面で受けたところ顔を負傷してしまい、1週間は痛くてメイクをとれなかったという。その流れから無茶なロケをしたエピソードはないかと振られた佐藤仁美が「許可を取っているものだと思ってロケに行った。バラエティだったかな…」と当時を振り返った。

中国に渡ってロケを行い撮影を全て終えて全員で打ち上げをした後、ホテルに帰った佐藤仁美。そこに中国公安の人が突然やって来て「何の撮影をしてたんだ?」「お前はスパイじゃないか?」と尋問された。スタッフが事前に撮影の許可を取っていなかったのだ。そこから公安と別室で5〜6時間もやりとりしたという。想像以上のガチなエピソードに、松本らは「うわ! ひょっとしたら、帰って来れないかもしれないやん」と息をのんだ。

しかし酒好きで知られる佐藤は打ち上げでベロベロになるまで飲んでいたので、公安に対して「超怖いんだけどー! なになにー?」といった態度で応じたという。スタジオで「今考えたら怖いけど酔っててよかった」と本音を明かして笑わせた。

佐藤仁美は事なきを得たものの、実はテレビ東京の大江麻理子キャスターがアナウンサー時代に中国で拘束されたという。テレビ東京のプロデューサー・小林史憲氏は2008年〜2013年に中国・北京特派員を務めており、著書『騒乱、混乱、波乱!ありえない中国』(2014年)の帯コピーに「拘束21回!」とある。大江キャスターはそれに対して2014年12月4日、「21回のうち1回は私も一緒でした」とツイートしていた。

中国だけではない。日本人タレントが海外で拘束されたケースでは、綾瀬はるかが20歳の頃にニュージーランドの空港でセキュリティーチェックに引っ掛かり、空港職員らに囲まれて別室に連れて行かれた経験を出演映画『ハッピーフライト』(2008年公開)の試写会で明かしている。背中に貼っていた使い捨てカイロを不審物として判断され、当時の綾瀬はそれを説明するほど英語が話せずに一日中密室に入れられて泣いていたそうだ。

また黒柳徹子はボスニア・ヘルツェゴビナでスパイ容疑をかけられた件について、2017年5月8日放送のテレビ朝日系『徹子の部屋』で真相を話した。黒柳がユニセフ親善大使として1996年に同地を訪れた際、地元警察に連行されて拘束されたが、実は「向こうが私たちが乗ってたバスがほしかった。私たちは何もしてないの」という。スパイ容疑をかけてバスを手に入れようとしたのだろう。黒柳は「すっごい怖かった」「あれは危なかった」と思い出していた。
(TechinsightJapan編集部 真紀和泉)