新垣結衣の“ヤンキー”特攻服姿に「最強」の声 『ドラゴン桜』パロディにも反響

新垣結衣の“ヤンキー”特攻服姿に「最強」の声 『ドラゴン桜』パロディにも反響

新垣結衣の“ヤンキー”特攻服姿に「最強」の声 『ドラゴン桜』パロディにも反響の画像

女優・新垣結衣(32)と言えば、「笑顔が素敵な芸能人」「一緒にドライブしたい芸能人」「一緒に乾杯したいタレント」など数々のランキングで1位に選ばれる人気ぶりだ。男女を問わず好感度が高い新垣が、普段からは想像できないヤンキー姿を披露して反響を呼んでいる。


福田雄一氏が脚本統括・総監督を務めた連続ドラマ『親バカ青春白書』(日本テレビ系)が13日に最終回を迎えた。同ドラマで新垣結衣が演じたのは故人の小比賀幸子(おびか さちこ)。幸子の夫役は主演のムロツヨシで、劇中では2人の新婚時代のシーンなどが挿入され、ガッキーとムロが仲睦まじく浴衣姿で祭りに出かけたり、ベビーベッドで眠る幼い娘を夫婦並んで見守る様子が描かれた。

夫には時折ドキっとするようなセリフを放つこともあったが、まだ小さな娘との和やかなシーンなどいかにも優しそうな母親といった雰囲気だったのだが、最終回では幸子が昔ヤンキーだったことが発覚する。そこで公開されたのは、染めた髪をロングソバージュにしてきつめにメイクをし、赤い特攻服でキメた幸子の姿。幸子は特攻服を着た仲間たちの中央ですごんでいて、どうやらリーダー格のようだ。

これにSNSでは「ガッキーがヤンキーになるとは…」「ガッキーのヤンキー姿衝撃(笑)」「ヤンキーのガッキーみれてしあわせ」「ガッキーのヤンキー姿は最強すぎました」など多くの反応があり、「バリバリヤンキーでもやたら可愛い」「こんな可愛いヤンキーいますか?」「ガッキーなんでもかわいいじゃん」と「可愛い」という声が相次いでいる。

番組公式インスタグラムでは「まさかのバリバリヤンキー姿でアップ! 先には出せませんでした」と新垣結衣のクランクアップはこのヤンキーのシーンだったことを明かし、真っ赤な特攻服に身を包んだ新垣が黄色い花束を抱えるオフショットが13日に投稿された。福田雄一氏との2ショットでもピースの仕方がどこかヤンキーのようで新垣は気持ちも役に入りこんでいるように見える。

さらに新垣はヤンキー姿だけでなく威勢のいい演技も披露している。幼い娘が車にひかれそうになり、激怒した幸子が思わずヤンキーの頃に戻ってしまい、「どこ見て運転しよった? 殺すぞ、コラァ!」などと一喝するのだ。このレアシーンにも「ガッキーの啖呵めっちゃ良かったな〜」「永久保存版だ…」「殺すぞの言い方が優しい」などの声が見受けられる。

また最終回では幸子の経歴が、義母(高畑淳子)から幸子の娘(永野芽郁)に語られた。幸子はかなり不良で有名な高校に通っていたが、元暴走族の弁護士先生が突然学校にやってきて「お前ら、人生台無しにしたくなければ東大に行け!」と生徒たちを触発。幸子も猛勉強して東京大学に合格したというエピソードを披露したが、これが2005年7月期に放送されたTBS系ドラマ『ドラゴン桜』を彷彿とさせると話題だ。局の垣根を超えたパロディに「まさかのドラゴン桜」「急にドラゴン桜の設定」「ドラゴン桜出してくるとか好きすぎる」という反響や、新垣結衣も『ドラゴン桜』で生徒役だったため「新垣結衣と東大といえばドラゴン桜」「まさかの続編だったのか?」などの声もあがっている。『ドラゴン桜』は続編が制作されることが決定しているため、「このままドラゴン桜続編のキャストにも新垣結衣を入れましょ」と希望するコメントもあるが、気になるところだ。

画像2〜5枚目は『【公式】親バカ青春白書 ブルーレイDVD12/23発売!! 2020年8月22日付Instagram「#オヤハル 明日よる10時半」、2020年9月13日付Instagram「幸子アップ」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 関原りあん)