中井貴一、役者ならではのクセを告白 鈴木京香「それは能力じゃないですか?」

中井貴一、役者ならではのクセを告白 鈴木京香「それは能力じゃないですか?」

中井貴一、役者ならではのクセを告白 鈴木京香「それは能力じゃないですか?」の画像

10月26日にスタートする連続ドラマ『共演NG』(テレビ東京)。なんともインパクト抜群のタイトルだが、このドラマの企画・原作は秋元康氏によるものだ。中井貴一演じる大物俳優と鈴木京香演じる人気女優がかつて恋人同士だったことからまさに共演NGの関係なのだが、その2人が22日に同ドラマのオンライン記者会見に登壇した。


オンライン会見に登場すると「時代はこうなっているんだなという感じがしています」と口にした中井貴一。同ドラマでも第1話で記者会見のシーンがあるが、劇中では大勢の記者や芸能レポーターを前にした通常の会見だ。

ドラマでは、破局後長らく共演NGだった大物俳優・遠山英二(中井貴一)と人気女優・大園瞳(鈴木京香)が25年ぶりにドラマ『殺したいほど愛してる』で共演することに。劇中のテレビ局は「テレビ東洋」で略称は「テレ東」。俳優が俳優を演じ、ドラマのなかでドラマを撮影するだけでもややこしい状況だが、中井は「テレビ東京という局でテレビ東洋のドラマを撮る。観ているうちに混乱してくると思う。実際のテレビ東京が自分たちの局を自虐的にドラマに入れ込んでくる。局の強さを感じた」と印象を述べた。その劇中劇で中井のパイロット姿が一部で話題になっているが、中井は「パイロット役はやりたかったけど、こんな風にやることになるとは…」と笑わせた。

“業界あるある”が盛り込まれ、業界の裏側を覗けるのも興味深いドラマだが、“役者あるある”について聞かれた中井は「たとえば今、自分の前にパソコンがありますが、自分がパソコンだったら…と考えることがあります。無機質なものに対しても、その役をするならと自分を投影してしまうクセがある」と告白。他にも、海に行くとブイを自分が演じるとしたら…と考えるそうで、そうするとブイが見た景色が中井に見えてくるという。「その(ブイが見た景色の)なかには僕も映っているんですよ」と発言すると、鈴木京香は「それは能力じゃないですか? クセじゃなくて」と驚いた。一方で鈴木は「カメラがこっちを向いていると気取る…という職業病がありますね」と背筋をスッと伸ばして気取ったフリをしながら明かした。

劇中劇では濃厚接触なキスシーンもあるが、中井は「今回コメディとなっていますが、一番気に入っているのはキュンとするシーン。再会と別れがとても素敵に描かれているなと。50代にまた恋ができるんだと思って欲しい」とドラマの魅力を伝えて願っていた。

(TechinsightJapan編集部 関原りあん)

×