岡村隆史、結婚でどう化ける? “独身卒業芸人”たちの悲喜こもごも

岡村隆史、結婚でどう化ける? “独身卒業芸人”たちの悲喜こもごも

岡村隆史、結婚でどう化ける? “独身卒業芸人”たちの悲喜こもごもの画像

自身が担当するラジオ番組で結婚を発表した岡村隆史。岡村は明石家さんまに結婚を報告した際、「笑いが1個なくなったな」とさんまらしい祝福を受けたという。結婚を機に人気が低迷した男性芸能人はいるが、果たしてお笑い芸人の場合はどうなのだろうか。


22日深夜、岡村隆史(50)が『ナインティナインのオールナイトニッポン』の生放送で30代一般女性との結婚を発表した。岡村といえば、吉本興業所属の独身芸人グループ“アローン会”のメンバーとしても有名だ。アローン会は名誉会長の坂田利夫(79)、最高顧問の明石家さんま(65)、会長の今田耕司(54)、部長の岡村隆史、そして会員の徳井義実(45)と又吉直樹(40)で構成されている。

岡村はすでに今田とさんまへの結婚報告を済ませており、22日深夜の放送ではその時の様子についても触れた。結婚の報告をすると、今田は「えっ、ウソやん! マジか…」と絶句したという。一方のさんまからは「笑い1個なくしたな、これで笑いが1個なくなったな」と彼らしい祝福を受けたそうだ。

岡村はこれまで独身であることや女性からモテないことをネタにしてきており、レギュラー出演しているNHKの人気番組『チコちゃんに叱られる!』では岡村への独身イジリが繰り返し行われてきた。中でも評判の悪かった企画が「日本全国 岡村の嫁探しの旅」だ。

番組に登場するカラスのキャラクター・キョエちゃんが、全国を旅して岡村の結婚相手を探すこの企画。キョエちゃんが街で出会った一般女性に「岡村と結婚してください」と頼み、女性が「無理ー!」と断るのがお約束だった。

岡村への独身イジリに不満を持つ視聴者は多く、今回の結婚発表を受けて「過剰な独身イジリをされてるのが(本人は慣れてるのかもだけど)あんまり見てて楽しくなかったので今後なくなると思うとほっとする」という声もあがっていた。

結婚したことで独身イジリから解放された岡村だが、さんまが言うように笑いのネタが1個減ったことで今後の人気に何か影響はあるのだろうか。長年独身貴族だったイケメン俳優やジャニーズタレントが結婚すると人気が低迷することがあるが、果たしてお笑い芸人はどうなのだろう。

昨年立て続けに結婚を発表したオードリーの場合、ネット上では「結婚してからおもんなくなったなぁ」「2人とも結婚してから丸くなったのか最近キレがないな」というコメントが見受けられた。もちろんこれらは一部の意見で、逆に面白くなったと感じる人もいる。良くも悪くも結婚が芸風に影響を与えることはありそうだ。

若林正恭(42)のファンの中には「若様が結婚してから辛くてラジオ聴けてなかったけど…やっぱりオードリーおもしろいな」と呟く人もいた。これは俳優やジャニーズが結婚した時と同じ現象である。女性人気が高い芸人の場合、結婚したことによってファンが減る可能性は十分に有り得るのだ。

ダウンタウン・松本人志(57)は1994年に発売された著書『遺書』の中で、「オレのようなコメディアンにとって、家族というのは百害あって一利なしなのではないだろうか?」と持論を展開。しかし松本は2009年に結婚して、現在は1児の父親である。松本の結婚によってダウンタウンの人気が低迷することはなく、今も複数のレギュラー番組を抱えている。

男性お笑い芸人が結婚すると人気に影響するかどうかは、本人の芸風や女性人気、結婚に至るまでの経緯が重要なカギを握っていそうだ。若林に対しても「15歳下とか、交際3か月とか…。人見知り芸人らしくない」という声があった。

岡村のように独身をネタにしてきた場合、さんまが言うように「笑いが1個なくなった」のは事実だ。しかし芸能界で安定したポジションを築き上げているナインティナインの人気が低迷することは考えにくい。

2010年、岡村は体調不良の療養のために約5か月間の休養をとった。病名については正式発表されていないが、症状からうつ病と予想するメディアが多かった。この件から精神面の弱さを指摘されていた岡村だが、今年4月のラジオでの不適切発言で再び精神的に病んでしまうのではないかという心配の声もあった。

お相手の女性はその際に岡村を厳しく叱り、また精神的に支えてくれたのだという。そんな心強い伴侶を得て、精神面で弱い部分があった岡村が大きく化ける可能性は高い。彼がどのように化けるかは誰も分からないが、今までと違う“新生・岡村隆史”が見られることだけは間違いない。
(TechinsightJapan編集部 すぎうら)