博多大吉、新庄剛志と初対面で“オーラ”に圧倒「神無月さんのモノマネを見すぎてた」

博多大吉、新庄剛志と初対面で“オーラ”に圧倒「神無月さんのモノマネを見すぎてた」

博多大吉、新庄剛志と初対面で“オーラ”に圧倒「神無月さんのモノマネを見すぎてた」の画像

国内のプロ野球リーグはもちろん、米メジャーリーグでも活躍した新庄剛志氏が、17日に放送された『華丸大吉&千鳥のテッパンいただきます!』にゲスト出演した。番組では「19歳ぐらいからスターだった」新庄氏の自由奔放なキャラクターが存分に見られたが、初対面だった博多大吉はそんな彼の放つ凄まじいオーラに圧倒されたという。


「引退してデブになるのがマジで嫌だった。デブばっかりでしょ」と笑顔で語ったり、凄い野球選手は「いない」と即答したり、更には「結婚しない、彼女つくらない、子供つくらない」は決めているものの「遺伝子はあげる」と発言するなど相変わらずの奔放ぶりで番組を盛り上げた新庄剛志氏。そんな個性的な一面が際立つ新庄氏だが、博多大吉は18日のTBSラジオ『たまむすび』にて「いやもうビビった」とそのとてつもない存在感に驚いたことを告白している。

今回が初対面だったという2人。身長はほぼ同じだが、ヒールのある靴を履いていた新庄氏のほうが大分大きく見えたという。しかし大きく見えたのは、その身長差だけでなく全身から出る“オーラ”だ。大吉が「出会った瞬間、いやもう10メートル先ぐらいで目と目が合った瞬間に“オスとして負ける”って思ったよ。あ、負けてる。勝てないって」と語るほど、とにかく圧倒的なオーラを放っていたそうだ。

これには現役時代に会ったことがあるという赤江珠緒アナウンサーも、「もうとてつもないですね。常人じゃない感じはやっぱり」と同意している。阪神タイガースに入団し中心選手となり、メジャーリーグではワールドシリーズにも出場、帰国後は日本ハムファイターズで多くの人気を集めた新庄氏。「19歳ぐらいからスター」という発言はあながち嘘ではなく、そんな彼が他を圧倒する存在感を持っているのも不思議ではないのであろう。

これまで大吉は「神無月さんの新庄さんとかを見すぎてた」と“新庄氏=モノマネ”の印象が強かったようで、そのため本人を「どっかで舐めてた」という。しかし本人を目の当たりにし、「実際に会ったらそのオーラで本当の話(モノマネでネタにされる部分が)気にならない」とそのギャップに驚いたと同時に、「モノマネする人たちを見すぎるのもどうかなって思って…」と自ら創り上げてしまった“新庄像”に後悔していた。

ちなみにそんな新庄氏は来月の合同トライアウト挑戦を明言しており、再びプロ野球選手への道を歩もうとしている。もちろん簡単な話ではなく、本人も今回の番組内で「(プロになる確率は)1%」と語ったが、強みとして選手に教える能力があるとし「頭のぶっとんだオーナーやら代表が話題づくりというか…」と期待をのぞかせていた。他にも「巨人の監督とか面白そう」と笑いながら話しているところをみると、まだまだ野球界で話題を振りまいてくれそうだ。

画像2枚目は『新庄 剛志 2020年11月12日付Instagram「#新庄剛志#Power plate#体幹トレーニング」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 根岸奈央)