鈴木おさむ・大島美幸夫妻、挙式を行った神社で長男の七五三参り

鈴木おさむ・大島美幸夫妻、挙式を行った神社で長男の七五三参り

鈴木おさむ・大島美幸夫妻、挙式を行った神社で長男の七五三参りの画像

放送作家の鈴木おさむ氏が、七五三詣での家族ショットをインスタグラムに公開している。3人とも和服姿で、鈴木氏も妻の大島美幸(森三中)も晴れやかな表情だ。長男・笑福くんの成長を見守ってきたフォロワーも「良き日をお迎えになられ お幸せな姿を拝見でき、私も幸せです!」と感慨深げだ。


「交際0日」で結婚した鈴木おさむ、大島美幸夫妻。2度の流産や子宮筋腫手術、不妊治療を経て、2015年6月に第1子となる長男・笑福(えふ)くんが誕生した。鈴木氏は育児のため1年間仕事を休み、妻の仕事復帰を応援。2016年1月に芸能活動を再開した大島は、現在も『世界の果てまでイッテQ!』『ヒルナンデス!』(ともに日本テレビ系)にレギュラー出演している。鈴木氏はバラエティ番組の放送作家だけでなくドラマの脚本家としても活躍しており、夫婦ともに多忙だが子どもとの時間を最優先にして、笑福くん成長を祝う節目の行事も大切にしている。

『鈴木おさむ 放送作家 osamuchan_suzuki Instagram』によると、七五三詣をしたのは夫妻が2002年に婚姻届を出してから7年目に結婚式を挙げた猿田彦神社(三重県伊勢市)。11月22日は大安で“いい夫婦”の日ということもあり、「僕ら二人で式をあげた、この場所で、三人で七五三でこれたことに、深く深く感謝いたします!」と鈴木氏は感無量な様子だ。実は前日のインスタグラムに着物を選んでいる大島の後ろ姿を投稿し、「横綱に見える」と茶化していた鈴木氏。この投稿では七五三について触れられていないが、神社で撮った家族写真の大島はレトロな感じの着物がよく似合っている。鈴木氏と笑福くんは、重厚感のあるシックな黒の紋付袴で、ちょっと照れ気味の笑福くんが可愛い。

フォロワーからは「七五三おめでとうございます」と多数のお祝いの言葉のほか、「皆さんお着物似合っていますよ」「えふくん、これからも健やかに」「挙式をしたところで子供のお祝いできるのはいいですね。私も神社で挙式すればよかったなぁ〜」「着物を選んでいたのは、そういう事だったんですね。素敵です」「大島さん、いつものバラエティの顔じゃなく、ママの顔」と晴れやかな家族写真にほっこりしている。

画像2、3枚目は『鈴木おさむ 放送作家 2020年11月22日付Instagram「本日、僕と妻が挙式させていただいた、伊勢・猿田彦神社さんで、息子、笑福の七五三の御祈祷を受けさせていただきました。」、2020年11月21日付Instagram「妻が着る着物をお選び中。」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 みやび)