工藤静香、Koki,のつみれ汁ロス解消から「魚づくし」の食卓に それでも料理上手な芸能人ランキングに入らぬ不思議

工藤静香、Koki,のつみれ汁ロス解消から「魚づくし」の食卓に それでも料理上手な芸能人ランキングに入らぬ不思議

工藤静香、Koki,のつみれ汁ロス解消から「魚づくし」の食卓に それでも料理上手な芸能人ランキングに入らぬ不思議の画像

歌手でタレントの工藤静香が次女Koki,の要望に応えようとつみれ汁を作ったところ、次々と料理が増えて食卓が魚づくしになったという。包丁で魚をさばくほどの腕前を持つ工藤静香だが、ネットで発表された料理上手な芸能人ランキングにはなぜか入っていない。


工藤静香が11月28日にインスタグラムで「次女のつみれ汁ロスが始まったので」とKoki,が好きな魚のつみれ汁を作るため、料理の腕を振るうことになったいきさつを綴っている。アジとイワシを使うつもりが「ブリのカマが美味しそう」と料理の種類が増えていき「つみれ汁」、「ブリの照り焼き」、「ヒイカの煮つけ」、「ポン酢で食べる刺身と野菜のサラダ」などがずらりと食卓に並ぶことになった。

「魚づくしになりました」と投稿した数枚のなかにはまな板にのったアジと包丁の写真もあり、自らさばいたことが分かる。また「ぶり照りのタレに更に生姜を加え、ヒイカを入れ煮詰めてみた」など調理の工夫もうかがわれた。

フォロワーから「やっぱり 静香さん お料理上手 素晴らしいです ご家族が 羨ましいです」、「いつもお料理されていて、尊敬します」、「いつもいつも忙しい中すごいと感動しております」とコメントが寄せられているように、工藤はこれまでにも何度か料理について投稿している。今年5月24日には、次女のKoki,がインスタグラムで母・工藤静香から包丁の使い方を習いながら一緒に料理するところを公開して注目を集めた。

しかし『料理が上手い芸能人20選〜男性女性別ランキング 2020最新版』(RANK1)を見てみると、女性部門の1位は鈴木奈々、2位は後藤真希といった顔ぶれが並んでいるが、10位の白石美帆まで選ばれた中に工藤静香の名前はない。

また昨年8月22日に配信された『料理がうまいと思う芸能人ランキング』(RankinClip)は男女合わせたランキングで、1位が速水もこみち、2位が平野レミと上位から発表されており、女性芸能人では小倉優子、ローラ、木下優樹菜などが並ぶなか、ここでも工藤静香は入っていなかった。

工藤静香は今回の投稿でヒイカの煮つけを「見た目はイマイチですが、とっても美味しいおかずになりました」と記しているが、実は8月18日にもサバ味噌など魚料理を披露しながら「私の投稿は映えない投稿」と自嘲気味に評していた。ネットでの「料理が上手な芸能人ランキング」関連はインスタグラムに投稿された美味しそうな「映える」料理を紹介していることが多く、工藤がランクインしないのはそのためかもしれない。

ちなみに発売中のファッション雑誌『エル・ジャポン』1月号では次女のKoki,がモデルとなり、長女のCocomiがフォトグラファーを務めたコラボショットが掲載されて話題を呼んでいる。木村拓哉と工藤静香という人気タレントを両親に持ち、愛情を受けて育った姉妹は伸び伸びと才能を開花させているようだ。

画像は『Kudo_shizuka 2020年11月26日付Instagram「来年3月に発売予定の中島みゆきさんのカバーアルバムVol 2のレコーディングをしております」、2020年11月28日付Instagram「魚づくし」』『Koki, 2020年11月27日付Instagram「この様な一生思い出に残る企画をさせて頂いた事を本当に感謝しています」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 真紀和泉)