EXIT兼近、指原莉乃との交際報道を「ゼロイチ記事過ぎる」と揶揄 「りんたろー。だけじゃないんだ」の声も

EXIT兼近、指原莉乃との交際報道を「ゼロイチ記事過ぎる」と揶揄 「りんたろー。だけじゃないんだ」の声も

EXIT兼近、指原莉乃との交際報道を「ゼロイチ記事過ぎる」と揶揄 「りんたろー。だけじゃないんだ」の声もの画像

チャラ男キャラによるネオ渋谷系漫才を特徴とするお笑いコンビ・EXITの兼近大樹が、タレント・指原莉乃との交際報道についてTwitterでコメントした。指原が12月20日放送の『ワイドナショー』(フジテレビ系)で交際疑惑を否定した後のツイートであり、その主張に共感して兼近流で「ゼロイチ記事」と表現したところファンの反響を呼んでいる。


指原莉乃は12月14日深夜放送のラジオ番組『TOKYO SPEAKEASY』(TOKYO FM)に出演した際、ネットニュースで流れたEXIT・兼近大樹との交際報道を事実無根だと話し「兼近さんに申し訳ない。兼近さんのファンも悲しんでいた」、「地獄ニュース、誰も嬉しくない」と訴えていた。20日放送の『ワイドナショー』では改めて疑惑を否定するとともに「写真もなく、マンションでの張り込みもない」、「本当に何もかもが存在していない記事で腹が立つ」と不満をぶちまけた形だ。

オンエア後に兼近が、Twitterで「#ワイドナショー」のタグを付けて「さっしーと熱愛とか控え目に言ってウレションダラダラ案件なんだけど、ゼロイチ記事過ぎてマジ草枯れ果てて砂漠」、「火の無い所に煙がStand upする世界」とツイートした。

本来「うれしょん」とは犬が嬉しさのあまりおしっこをしてしまうことをいうが、ネット上で人が喜びを表す時にも「俺嬉ション」などと用いられる。兼近の「ウレションダラダラ案件」とは、もし本当に指原と熱愛ならばそれほど嬉しいという意味だろう。

「ゼロイチ」は起業したり何かを始めようとする人を「ゼロ」の状態から行動に移して、試行錯誤しながら少しでも形にして「イチ」を生み出すことから始めようと鼓舞する時などに用いられる。

ただ11月4日放送の『ホンマでっか!?TV』(フジテレビ系)で、兼近が「相方のりんたろー。は嘘のツイートで好感度を上げようとする」と指摘して「なかったことをあるかのようにツイートする、ゼロイチツイート」だと兼近なりにたとえた。

それもあって兼近が指原との交際報道を「ゼロイチ記事過ぎてマジ草枯れ果てて砂漠」と揶揄したところ、フォロワーから「嘘だったのですね。ゼロイチ記事って本当に厄介ですなぁ」と反響があるなか「ゼロイチはりんたろーさんの専売特許」、「ゼロイチをりんたろーさんだけじゃなく、メディアまでする時代になってたとは 笑」という声が見受けられた。

他に「さっしーとだったら私も嬉ションダラダラだけど、ゼロイチはあかん!! ほんでかねちー、もうちょいの間、私達に夢見させてね笑 かねちーが真実の愛を見つけたらその時は心から祝福するからさ」、「さっしーなら祝福ですが 兼近さんの普段の言葉を信じてるから どんな記事出されても熱愛とか信用できないです 笑」とゼロイチ記事の相手が指原莉乃だったことに安堵したようなコメントが目立った。

ちなみに兼近大樹は、4月14日深夜放送の『あちこちオードリー〜春日の店あいてますよ?〜』(テレビ東京系)で恋愛の話題になると「12年間ぐらいずっと好きな人がいる」と明かしながら、告白するつもりはなくその女性が好きになった人と結婚して幸せになってくれたらそれでいいという。その恋愛観には、共演した藤森慎吾(オリエンタルラジオ)が「夢みてえにいいヤツだな!」と感心したほどだ。

また指原莉乃はまだHKT48で活躍していたアイドル時代、2016年10月15日放送の『メレンゲの気持ち』(日本テレビ系)にゲスト出演した際に恋愛観を聞かれ「一緒にいて楽しかったらいい。私が一生懸命働くのでヒモでもいいから家にずっといてほしい」と話していた。

画像3枚目は『EXIT 兼近大樹 2020年11月23日付Instagram「GQjapan。」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 真紀和泉)