前田敦子、久々のTwitter更新にAKB48『君はメロディー』作曲者がリアクション「また歌やってほしい」

前田敦子、久々のTwitter更新にAKB48『君はメロディー』作曲者がリアクション「また歌やってほしい」

前田敦子、久々のTwitter更新にAKB48『君はメロディー』作曲者がリアクション「また歌やってほしい」の画像

前田敦子がおよそ3年4か月ぶりにTwitterを更新してファンを喜ばせた。芸能界からも反響があり、前田も卒業メンバーとして参加したAKB48の楽曲『君はメロディー』の作曲者で知られる成瀬英樹さんがコメントしたところ、その実績を知った前田ファンが「え、すごい!!」と驚いていた。しかも前田の歌手活動再開に期待しているようなのだ。


2021年1月7日、Twitterで「皆様ご無沙汰してます」と切り出した前田敦子。3年以上も更新していなかったため「Twitterを見れていない間に、かなり機能が変わっていて、びっくり!しました」という。そんなつぶやきに「前田さん! 『君僕』『タイムマシン』『君メロ』作曲のyou-meです! Twitterにお帰りなさい!」とリアクションがあった。

作曲家の成瀬英樹さんは、高橋みなみと前田敦子がセンターを務めたAKB48の4枚目シングル『BINGO!』(2007年7月)で曲を手掛けたのをはじめ、その後もyou-me名義でAKB48グループに楽曲提供している。宮脇咲良(HKT48)がセンターを務め、さらにOGの前田敦子・板野友美・篠田麻里子・大島優子が参加して話題になったAKB48の10周年記念シングル『君はメロディー』(2016年3月)や前田のソロ曲『君は僕だ』(2012年6月)に『タイムマシンなんていらない』(2013年9月)などもそうである。

成瀬さんが前田のツイートに対して「前田さんの声、本当に大好きなので、また歌やってほしいなああ。いつでも曲書きますからね!」とコメントしたところ、ファンから「え、え、君僕とタイムマシンって成瀬さんだったんですか!! え、すごい!! 何回聴いたかもう分かりません 天才過ぎます」と反応があり「またあっちゃんの曲作って下さい」と期待していた。

2012年8月27日にAKB48を卒業した前田敦子が、翌年9月13日放送の『ミュージックステーション』(テレビ朝日系)に出演して新曲『タイムマシンなんていらない』を披露すると、Twitter上で「めっちゃ歌うまいって思った。しかも可愛いし!」、「絶対に口パクしないあっちゃん。 かわい〜」や「歌うまいのか下手なのかわかんない」など様々な声が見受けられたものだ。

その後2014年3月5日発売のシングル『セブンスコード』を前田敦子がバンドを従えてロックフェス『COUNTDOWN JAPAN 13/14』で披露した時の動画がYouTubeに公開されると、「カッコイイ!」、「歌がフェスでもやっていけるレベルになってる」、「ようやく自分の声が武器だって分かってきたみたいだ」という反響があったように歌を評価する根強いファンは多く、このたびは成瀬さんの「前田さんの声、本当に大好きなので、また歌やってほしいなあ」という思いが共感を呼んだわけである。

ちなみに前田敦子が、仲の良い女優・山本舞香による「あいたーーーーー」というつぶやきをリツイートして「最近会ってないもんねっ」と応じたのは2017年9月7日のことだ。インスタグラムは度々更新している前田だが、なぜかTwitterはそれ以来更新がなかった。そんななか昨年12月26日に『前田敦子 2021カレンダー』リモートお渡し会イベントを開催しており、今回のツイートにファンから「リモートお渡し会で言ってた通りTwitter復活ありがとう!」という声が寄せられていた。

12月31日をもって所属芸能事務所の太田プロダクションを退社した前田敦子は、2021年元日にインスタグラムで独立について「『Office MAEDA ATSUKO』としてスタートさせていただきます」と改めて公表すると「ただ今オフシャルサイト準備中です! もうしばらくお待ちください」と告知した。その後7日にTwitterを更新したところ、太田プロ所属の有吉弘行がリツイートすれば、前田が次に投稿した「今日は、七草粥を食べました。皆さんは食べましたか?」というつぶやきに、俳優の木下ほうかが「敦ちゃん、お年賀状ありがとうございました!」とコメントを寄せており、芸能人からも注目されていることがうかがわれた。

画像2枚目は『前田敦子 2020年12月27日付Instagram「昨日は2021年カレンダー発売、リモートイベント昼から夜までお付き合いいただきありがとうございました」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 真紀和泉)