三四郎は東京出身お笑い芸人の中でも“異質”な存在 「金持ちと同じくくりにしないで」とさまぁ〜ず

三四郎は東京出身お笑い芸人の中でも“異質”な存在 「金持ちと同じくくりにしないで」とさまぁ〜ず

三四郎は東京出身お笑い芸人の中でも“異質”な存在 「金持ちと同じくくりにしないで」とさまぁ〜ずの画像

お笑いコンビ・三四郎の2人は東京生まれで経済的に余裕がある家庭で育ち、芸能人の子女も多く通う成城学園の出身である。同じ東京出身のお笑いコンビ・さまぁ〜ずのトークバラエティ番組にゲスト出演し“東京出身芸人論”をテーマに議論するも、お金のことで苦労をしたことがない三四郎との間では微妙なズレが生じていた。


11日深夜放送のテレビ朝日系『さまぁ〜ず論』で、自分たちの若い頃を振り返った大竹一樹(さまぁ〜ず)。当時は“お笑い芸人”という職業に対する世間の評価が低く、親にも反対される職業だったと話す。それでもこの道を目指したのは「人を笑わせるのが好き」だったからで、下積み時代はバイトを掛け持ちしながら相方の三村マサカズと2人で頑張っていたそうだ。地方出身の芸人のように「東京で一旗揚げたい」という意気込みは無くても、早くから実家を出て一人暮らしをしながらお笑いの世界での成功を夢見ていた点では同じだった。

一方で昨年、写真週刊誌に「練馬大富豪の御曹司“総資産10億円”」と報じられた小宮浩信(三四郎)の芸人になった理由は、「女性にモテたい」一心からである。相方の相田周二は小学生の頃に両親が離婚、母と質屋を営む祖母と同居することになったが裕福な暮らしだったという。そして2人とも30歳を超えるまで実家で暮らしており、2005年にコンビを結成してから注目されるまで8年ほどかかったが、生活に困ることはなかったのだ。売れなければ「いつ芸人を辞めてもいい」というスタンスだったという相田に、「“今日、喋れなかった”と悔し涙なんか出ないだろう」と苦笑いする三村。「(自分たちと)同じ東京くくりにするんじゃない!」「“東京出身”と“金持ち”とは違うんだよ」と、さまぁ〜ず曰く同じ東京出身の芸人でも三四郎は異質な存在という。

昨年11月放送の『伯山カレンの反省だ!!』(テレビ朝日系)では、滝沢カレンが芸人の中で“3番目”に小宮が好きだと話していた。それは2018年12月放送の『有吉ゼミ』(日本テレビ系)の旅ロケで共演した時のこと。大声で喋り捲る石原良純の横で、小さな声でボソボソと話す滝沢の言葉を聞き逃さず、小宮がちゃんと拾って笑いにしてくれたことに好意を抱いたと話している。かつて指原莉乃や広瀬すずも小宮のファンだと明かしたことがあり、“ポンコツキャラ”のイメージが強い小宮浩信だが女性芸能人からの人気が高い。おまけに実家がお金持ちで性格が優しいとなれば、彼のお望み通り今は女性からモテモテではないだろうか。

画像3枚目は『あいだ しゅうじ 2019年2月3日付Instagram「model 三四郎(マセキ芸能社)」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 みやび)

関連記事(外部サイト)