さまぁ〜ず・三村、娘がファンでも三四郎・小宮と付き合うのは反対? 「お笑いとしての評価と男としての評価は違う」

さまぁ〜ず・三村、娘がファンでも三四郎・小宮と付き合うのは反対? 「お笑いとしての評価と男としての評価は違う」

さまぁ〜ず・三村、娘がファンでも三四郎・小宮と付き合うのは反対? 「お笑いとしての評価と男としての評価は違う」の画像

「女性にモテたい」一心でお笑い芸人になった三四郎の小宮浩信。かつて指原莉乃や広瀬すずが彼のファンだと明かし、先日もタレントの稲村亜美が「清潔感と品の良さ」が魅力だとテレビ番組で話しており、独身の女性芸能人からの支持が高い。さらに三村マサカズ(さまぁ〜ず)の娘も小宮のファンというからその気になれば小宮はいつでも好みの女性と付き合えそうなのだが、現実は厳しそうだ。


小宮浩信に違った意味で、好感を持つ女性もいるようだ。18日深夜放送のテレビ朝日系『さまぁ〜ず論』で、相田周二(三四郎)が過去に大竹一樹(さまぁ〜ず)の妻で元フジテレビの中村仁美アナと共演した際、子どもは「小宮さんみたいに育って欲しい」と話していたことを明かした。周りから可愛がられる“いじられキャラ”で、ポイントは「育ちの良さ」が感じられるところだという。大竹には3人の息子がおり、父親としてはわざわざ小宮を目指しては欲しくないが、結果的に彼のような大人になっているなら構わないと語っていた。また子どもの将来について口を出すつもりは全くないが、ただ“芸人”を選ぶことについては難色を示す。同業者として厳しい目で見てしまうからだ。

そして三村マサカズの23歳の娘も小宮のファンだという。三村は「オラオラ系の自己中より、小宮みたいな男が良い」とは言うものの、いざ彼と付き合うとなると話は別だと苦笑いする。小宮の“お笑いとしての評価”と娘の彼氏となる“男としての評価”は違うと強調した。もしも小宮を“恋人”だと娘から紹介された場合、「本当だったの?」とちょっとショックを受けると正直に答えていた。

このように芸能界でも小宮の人気はすごいのだが、現在の彼には本命の彼女がいない。そこで18日放送の『有田プレビュールーム』(TBS系)では、小宮のファンを公言している女優の高橋ひかるや森日菜美、TikTokerとして活躍している絢乃唯那にドッキリを仕掛け、実際に「付き合ってほしい」と告白したらOKしてもらえるかを試してみた。3人は彼のガチファンなのだが、高橋からは「いや、でもやっぱりタイプじゃない」とあっさりフラれ、森からは「小宮さんとお付き合いすると、私にマイナスなイメージが…」と仕事に差し障りがあると拒絶される。唯一、絢乃だけが「本当に嬉しい」とお付き合いをOKした。しかし絢乃は現役の保育士で、福岡在住とのこと。小宮とは連絡先を交換しメールのやり取りをしているものの、まだ一度も2人きりで会っていないらしい。

今年の9月で38歳になる小宮は本気で彼女が欲しいと思っているようだが、ファンの女性が必ずしも男として自分を受け入れてもらえないばかりか、芸能人の場合はリップサービスなのかどうか見極めるのが難しそうだ。今回のように酷い言われようで振られては、小宮が女性不信にならないか心配である。

画像2、3枚目は『マセキライブ サークル 2020年9月20日付Instagram「「内村文化祭’20配信」公式グッズショップ」』『絢乃 唯那(ayano yuina) 2020年12月15日付Instagram「たまにはほぼメイクしてない家の中の素の絢乃もね。」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 みやび)

関連記事(外部サイト)