小池百合子氏、YouTuberフィッシャーズの再生回数に言及も賛否の声「やっぱりスゴイ」「ズレてません?」

小池百合子氏、YouTuberフィッシャーズの再生回数に言及も賛否の声「やっぱりスゴイ」「ズレてません?」

小池百合子氏、YouTuberフィッシャーズの再生回数に言及も賛否の声「やっぱりスゴイ」「ズレてません?」の画像

YouTuber集団・フィッシャーズが投稿動画について「110億回再生突破!」とTwitterで喜んだところ、小池百合子東京都知事がリツイートして「おめでとうございます!」とコメントした。都知事からの意外なリアクションにフォロワーが「??」、「ちょっとズレてません?」と首をかしげるなか、事情を知った人からは「やっぱりスゴイ…」と感心する声もあった。


YouTube「Fischer’s-フィッシャーズ-」チャンネルの動画視聴回数が増えたため、リーダーのシルクロードが1月17日にTwitterで「なんと…110億回再生突破!! もっと頑張って目指すは200億回!!」とハイテンションでつぶやいた。すると20日に小池百合子東京都知事がそれを受けて「フィッシャーズさん 110億回再生突破! おめでとうございます!」と祝福したところ、小池氏のツイートに違和感を覚えた人から「ちょっとズレてません? ガースーと同じ方向いってますよ」、「そうやってまたフィッシャーズを使うんだから 都知事のやる事はそんな事ではない」といった声が寄せられた。

一方で「コラボされてる動画見ました! 本当にいろんな世代の人に今のこの状況を分かりやすく説明されていて本当にいい動画でした!」という声があるように、フィッシャーズがYouTubeチャンネルで20日に動画『小池都知事と緊急対談でコロナについて質問してみた【フィッシャーズ】【新型コロナウィルス】』を公開している。フィッシャーズのシルクロードとンダホがリモートで小池百合子東京都知事と対談したもので、小池都知事から「緊急事態宣言が発令されたなか、若者にメッセージを伝えたい」と申し入れがあったそうだ。

小池氏がフィッシャーズの質問に答えながら行われたリモート対談は、およそ15分におよんだ。フィッシャーズの2人は対談を終えてから、小池百合子東京都知事ができるだけフランクに話してくれたことを「気さくな方でしたね」、「『緊張しないで大丈夫だよ』と遠回しに伝えてくれたようで、すごく優しさを感じた」と振り返っていた。

フィッシャーズと言えばメンバー6人からなる個性的なネットパフォーマンス集団として若者を中心に人気があり、最近はYouTubeだけでなく『ダウンタウンDX』(日本テレビ系)や『ネプリーグ』(フジテレビ系)などバラエティ番組の出演が増えている。

このたびの小池氏による「フィッシャーズさん 110億回再生突破! おめでとうございます!」というツイートに、動画を見て関わりを知った人からは「やっぱりスゴイ。今大事なのはTVやニュースを見ない若者達への伝え方。いくらTVで会見したって見てなければ意味ない。しっかり課題を認識して行動してくれてる ありがとうございます!」、「若者がどうしたら今以上に予防に勤しんでくれるかを考え、インフルエンサーのYouTuberの方々に協力をあおぐのはすごいと思います。古い考えにこだわらず新しいものも積極的に取り入れるお姿尊敬します」などの反響があった。

ちなみに小池百合子氏は、これまで幅広い層に向けてアピールするため様々な工夫を凝らしてきた。たとえば東京都知事になった2016年は投開票日の7月31日に当選確実が報じられ、小池氏の選挙事務所で背景に映り込んだ色紙が注目を集めネット上で「ガラスの仮面の北島マヤが気になって仕方なかった」と話題になった。他にもハロウィンイベントに少女漫画『リボンの騎士』の主人公・サファイア姿で登場したり、当時放送されていた『SMAP×SMAP』(フジテレビ系、2016年12月26日終了)にゲスト出演してSMAPメンバーと楽しいトークを繰り広げてお茶の間を和ませたものだ。

そのようにエンターテインメントを絡めた経験を積んだからこそ、2020年4月10日にYouTuberのヒカキンに協力してもらい「ヒカキンTV」チャンネルで「新型コロナウイルス」について対談した動画を公開、また8月13日にはYouTuber芸人のフワちゃんと「適切な新型コロナ感染症対策」について対談した動画をSNSで配信するような発想が生まれるのではないか。

画像2枚目は『Fischer’s-フィッシャーズ- 2021年1月20日公開 YouTube「小池都知事と緊急対談でコロナについて質問してみた【フィッシャーズ】【新型コロナウィルス】」』のサムネイル
(TechinsightJapan編集部 真紀和泉)

関連記事(外部サイト)