長谷川博己『麒麟がくる』終え「明智光秀は生き延びたと信じたい」

長谷川博己『麒麟がくる』終え「明智光秀は生き延びたと信じたい」

長谷川博己『麒麟がくる』終え「明智光秀は生き延びたと信じたい」の画像

NHK大河ドラマ『麒麟がくる』が2月7日の放送で最終回を迎えた。主人公・明智光秀役を演じた長谷川博己を、ドコモのCMで共演している“星P”こと星野源をはじめ浜辺美波などキャスト陣が労う動画が公開されたところ、微笑ましい関係性と大河ドラマの余韻が相まって反響を呼んでいる。一方では長谷川博己がNHKの公式SNSで、明智光秀の最後に言及して番外編への意欲をうかがわせた。


ドコモのCMに登場する「星P」ことプロデューサーの星あゆむが更新している『星キャラプロダクション』公式Twitterで2月8日朝、新CMシリーズ『先生、5Gって知ってる?』篇や『先生からみんなへ』篇などで共演する先生役の星野源、新田真剣佑、橋本環奈、浜辺美波が『長谷川先生をねぎらう会』と題して長谷川博己に「長谷川先生、お疲れ様でした」と声をかける動画を公開した。

長谷川先生は「ん? 何がですか?」と明智光秀役を演じた人物とは違う体で答えるものの、最後に星野源が「きりんがきてよかった」と核心をつくオチだ。動画視聴者からは「え、最高すぎん?」、「長谷川先生、最後はお辛い決断でしたね。本当にお疲れさまでした!」などの反響があるなか、「タイムリーなメッセージ素敵! 素敵な仲間!!」という声も寄せられた。

2018年9月に公開された新CM「星プロ」シリーズ『はじまりの物語』篇でプロデューサー・星あゆむ役を星野源、いまいち人気のない3匹のキャラクター、ドニマル役を新田真剣佑、コスモフ役を長谷川博己、モンジュウロウ役を浜辺美波が演じて以来の縁だ。その後、2019年11月に新CM『運命の出会い』篇で「星プロ」シリーズの4人と『キャラ・オーディション開催』篇のMCエグチ役・江口洋介、MCカンナ役・橋本環奈がコラボ。学校の職員室を舞台にした新シリーズ『先生、5Gって知ってる?』篇は2020年10月から公開されたが、以前から繋がりがあるだけにこのたびの『長谷川先生をねぎらう会』からはその絆がうかがわれた。

動画視聴者から「長谷川先生、お疲れ様でした! ひと息ついたらまた頑張って〜」という声も見受けられた。その長谷川博己は『【公式】大河ドラマ「麒麟がくる」』Twitterで公開された動画にて「明智光秀は生き延びたんだと信じたい」と話しており、このご時世にあって「本当に、現実の世界でも麒麟がくるように願って、念を入れるつもりで演じました」という。さらに「なにか番外編でまたお会い出来たら嬉しいなと思います」、「このあとどうやって光秀は江戸幕府を作ったのか? それができたら僕も幸せです」と意欲を見せた。

明智光秀の最期については諸説ある。本能寺の変で織田信長が自害した後、「中国大返し」と言われる速さで駆けつけた秀吉軍に圧されて撤退していたところ、落ち武者狩りに遭い命を落としたというのが通説だ。一方では命を落としたのは影武者であり、明智光秀は生き延びて名前を変えて隠れ暮らし、やがて関ヶ原の戦いで徳川家康率いる東軍に加わろうと向かう途中で洪水に流されて最期を迎えたという説も残っている。

画像2枚目は『コスモフ 2020年12月13日付Twitter「本能寺にいざゆかん。」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 真紀和泉)

関連記事(外部サイト)

×