新保友映アナが語るBTS(防弾少年団)の魅力

「草野満代 夕暮れWONDER4」(9月25日放送)で、特別企画「K-POPリクエスト祭り」と、題し、いま大人気のK-POPのリクエストを募集し、曲を紹介した。

その中で紹介したのは、韓国の男性ボーカルグループBTS(防弾少年団)。BTSといえば、韓国人アーティストとして初となる全米「ビルボード」のアルバムチャートで、2作連続で1位を飾った、まさに韓国を代表するアーティスト。そんなBTSについて、解説したのは、フリーアナウンサーで、K-POPマニアでもある新保友映。BTSの魅力について、語った。

新保によると、BTSが人気のワケは、その“歌詞”にあるという。実は、BTSの楽曲の歌詞は、メンバーが担当。その歌詞を読むと、韓国の若者が抱えている問題、偏見や抑圧、さらに就職難など、社会的な問題を歌詞で表現している。

韓国の若者たちの心の叫び、を“代弁”するような彼らの歌詞が、人々の心を掴んでいるのではないか、と新保は解説。また、過去の楽曲を聴き比べても、BTSのメンバーの“心の成長”がわかるのだという。

以前は、「学校」がテーマの楽曲などが多かった。しかし、メンバーが大人になるにつれて、自分たちの内面をテーマにした曲が増えるなど、彼らの精神的な成長に合わせて、曲も変わっているのだという。

韓国の若者の“心の悩み”に寄り添うような彼らの歌詞が、人気の秘密なのではないだろうか…。

草野満代 夕暮れWONDER4
FM93AM1242ニッポン放送 月曜-木曜16:00-17:40

関連記事(外部サイト)