長濱ねる「皆さんと一緒にちょっとした工夫を学んでいけたらな」SDGs連載が『with』7月号よりスタート!

国連で決められた2030年までに達成すべき世界共通の目標SDGsを、より身近に知ってもらうため“今すぐできるコトから始める”をテーマに、SDGsビギナーである長濱ねるが体験しながら勉強していく『HAJINERU SDGs』という連載が講談社『with』7月号(5月28日発売)よりスタートすることが決定した。

長濱ねる

長濱ねる

“SDGs=持続可能な開発目標”と聞くと、なんだか大それたことのようにも思えてしまうが、私たちにできることが毎日の生活に溢れている。連載『HAJINERU SDGs』は、17あるゴールの簡単にできるファーストステップをSDGs研究の第一人者である慶應大学の蟹江憲史教授にもアドバイスをもらい、学びながら紹介していく企画。第1回目のテーマは、『キッチンから始める小さなエコ活』。どの家庭にもあるこの場所には、環境のために簡単にできることが沢山。小さなことからコツコツと。塵も積もれば山となり、未来が変わるコト・モノ・情報を一緒に長濱は学んでいく。

連載1回目ということで、少し緊張していた彼女だが、それでも学びたい姿勢は強く、環境に優しいキッチングッズやバッグタイプのコンポストについて、積極的に質問を重ねる。野菜などを包むための蜜ろうラップは、その仕様と用途を知ると、撮影で使ったものを早速、自宅でも使ってみると言う。「なぜこういうものを使った方がいいか、理由がちゃんと分かって納得できると使いたくなりますよね。全12回予定の連載なので、私も1回につき最低1つは、私生活でも実践できる知識を増やしていきたいです」と意気込みを語った。

他人事ではなく私事として一人一人が知識を得て取り組むことで、半径5mから未来の世界は確実に今より良くなっていく。地球と私たちを守る、そんな発信が毎号展開される。

長濱ねるは、今回の連載スタートに際し、以下のコメントを寄せた。

●長濱ねるコメント
withさんにて連載を始めさせていただくことになりました。「SDGs」最近よく耳にはするけど、実際どういうことなんだ?私自身もまだまだSDGsひよっこでして、皆さんと一緒に、ファッションであったり、料理であったり、日常生活の中でできるちょっとした工夫を学んでいけたらなと思っています。知らないより知ってる方がいい、どちらでもいいならこっちを選択した方がいい、そんなライトな気持ちで楽しく取り入れて行けたらなと思います。これからよろしくお願い致します!
■SDGsとは?
国連で決められた2030年までに達成すべき17のゴールで、Sustainable Development Goals(持続可能な開発目標)の略。貧困、教育、環境、ジェンダー差別など、世界が一丸となり、誰一人取り残さない未来にする為の取り組み。
長濱ねる

長濱ねる

■長濱ねるプロフィール
1998年、長崎県生まれ。3歳から7歳まで五島列島で育つ。2015年に、欅坂46のメンバーとしてデビュー。2019年に同グループを卒業。現在、雑誌『ダ・ヴィンチ』でのエッセイ執筆やTV番組『セブンルール』『legato ~旅する音楽スタジオ~』やJ-WAVE『POP OF THE WORLD』のMCを務めるなど新たな活動の場を広げている。
オフィシャルサイト:https://nagahamaneru.jp/
公式Twitter:https://twitter.com/neru_and_staff
公式Instagram:https://www.instagram.com/nerunagahama_/

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?