櫻坂46 松田里奈&関有美子、映画を観るのが苦手な理由に共感「私たちはちょっと慣れないんです」

5月30日(日)深夜、ラジオ番組「櫻坂46 こちら有楽町星空放送局」(ニッポン放送・毎週日曜23時〜)が放送。櫻坂46 松田里奈と関有美子が、長尺の映像作品を観ることについて語った。

(左)櫻坂46 松田里奈 ※2020年11月8日放送分収録時の写真 / (右)櫻坂46 関有美子 ※2020年12月13日放送分収録時の写真

メインパーソナリティである櫻坂46の尾関梨香が休養中のため、しばらくの間はメンバーが交代制で代打メインパーソナリティを担当していくこととなっているこの番組だが、今回は、メンバー2期生の松田里奈が担当。そしてこの番組では、毎回メンバーの1人をパートナーに迎えているが、今回は同じく2期生の関有美子が登場した。

櫻坂46 松田里奈 ※2020年11月8日放送分収録時の写真

リモート収録ということで、いつも収録しているスタジオではなく2人それぞれ別の場所からトークしたが、まず最初の話題は関の近況。休日を自宅で過ごすことが多いという関は、そうした生活の中で、最近ようやく映画を『観られるようになった』という。

松田:前は映画を観られなかったの?

関:映画を自分のケータイで見るんだけど、2時間それを触らずにいるってことができなかったの。でも最近、楽しめるようになってきた。

松田:え〜それめっちゃ分かる!

関:まりな(松田里奈)も私もアニメ観るからさ、結構30分が限界、というか……。

松田:そう、多分ゆみちゃん(関)も私もアニメが好きだから、すごくよく観るんだけど。ドラマとか映画とかは1時間とか2時間とか超えてくるんで、私たちはちょっと慣れないんですけど。やっぱり……アニメって観やすいよね?(笑)

関:(笑)アニメ観やすいね

松田:映画は私も得意じゃない。ほかのことをして中断させちゃうから、映画の素敵な空気感とか流れがあるのに、それをぶった切ってしまって、結局途中でやめちゃったりするから。映画とかも、こう30分ぐらいにキュッとね(笑)。まとめてもらえれば、もしかしたら私たちも観られるようになるんじゃないかなって思うんだけど、ゆみちゃん的にはどう? 長くても観られるようになったけど……?

関:観られるようになったけど、短い方が、嬉しい(笑)

松田:嬉しい、と(笑)。私たちは短い方が嬉しいですね。

1話30分程度というアニメの尺に慣れていることもあって、長尺の作品を観るのは苦手だと語った2人。

櫻坂46 関有美子 ※2020年12月13日放送分収録時の写真

ちなみに、最近関が観た映画はウィル・スミス主演の『幸せのちから』だそうで、2時間しっかり観て、感動したことを明かしていた。

関連記事(外部サイト)