うしろシティ阿諏訪「パスタは“乳化”だよ!」後輩“料理”芸人のペペロンチーノに不満

9月10日(金)深夜、お笑いコンビ・三四郎の小宮浩信と相田周二がパーソナリティを務めるラジオ番組「三四郎のオールナイトニッポン0(ZERO)」(ニッポン放送・毎週金曜27時〜)が放送。「小宮の体が心配だ! 食生活改善SP!!」と題した企画を行い、ゲストとしてお笑いコンビ・うしろシティの阿諏訪、赤もみじの村田の2人が登場した。

三四郎とゲストのうしろシティ阿諏訪(中央)、赤もみじ村田(右奥)

この日は、痛風になった小宮の食生活を改善するのを目的に、料理に関するトークを展開。日本テレビ系で放送されていたバラエティ番組「あのニュースで得する人損する人」で、どんな料理も食べただけで味を再現する“サイゲン大介”として活躍した阿諏訪と、YouTubeで“偏見レシピ”を披露している村田がゲストとして登場。ところが、登場するやいなや、阿諏訪は村田の顔を見て不満を漏らす。

阿諏訪:今日、俺は村田と同列なの?

小宮:まあ、そうですよ。

阿諏訪:納得がいかないんだよ。だって、料理でしょ?

村田:料理、僕もやってます。

阿諏訪:やってないよ。もっと他に“並び”がいただろ! “たけだバーベキュー”とかを呼んで来いよ。

小宮:うーん……(笑)。でも、村田も料理に特化しているからね。

村田:特化してます。

阿諏訪:特化してないだろ!

相田:阿諏訪、落ち着いて?(笑)

村田:落ち着きましょう。

阿諏訪:『落ち着きましょう』ってお前が言うなよ。

小宮:カリカリしてるな〜!(笑)

阿諏訪:村田が楽屋とかでも、料理の話を対等にしてくるんだよ。『料理、大変ですよね』みたいな。同じ感じでくるな!

小宮:どちらも一流シェフだからね。

阿諏訪:一流ではないだろ。

相田:いやいや、そういうつもりで呼んでるから。阿諏訪は“サイゲン大介”としてめちゃくちゃ活躍してたから。村田はYouTubeで“偏見レシピ”を披露しているんだよね?

村田:はい。させてもらってます。

相田:そこそこ、数字を取ってるんだよね?

阿諏訪:取ってねえだろ。

小宮:数字、どれぐらいですか?

村田:大体、800、900。

阿諏訪:800、900は何の数字?

村田:再生回数です。ぜひ、阿諏訪さんも僕のYouTubeを見てください。

阿諏訪:見たよ……、一回。

相田:あははははは!

阿諏訪:ペペロンチーノを作っていたけど、ぺペロンチーノに対する思いが無いんだよ。村田は顆粒のコンソメを入れていたけど、パスタは“乳化”だよ! 水と油が乳化して、クリーミーになってないとダメだから。

相田:村田は乳化を知ってる?

村田:知っていますよ。でも、あえてちょっと外しているんです。

小宮:なるほど! 一周も二周も回ってだ!

阿諏訪:一周、二周しても乳化はするんだよ。

村田:もう、乳化は古いですね。イタリアではやってないんですよ。

阿諏訪:そんなわけないだろ!(笑)

7年後輩の村田の諭すような発言の数々に、イライラしていた阿諏訪だが、痛風に悩む小宮のためには、『秋野菜ときのこの濃厚ラタトゥイユ』の作り方を紹介。「痛風だから水分を多く取ってほしいし、食物繊維も多く取ってほしいし、野菜たっぷりがいいかなと思いまして」とレシピの思いを説明し、小宮にも「体に良さそう、ありがとう」と高評価を受けていた。

一方で村田は、あまり料理をしないという小宮でも作りやすいようにと『キムチそうめん』を考案。簡単すぎるレシピに阿諏訪はオリジナル性のなさを指摘したが、「料理は、美味しければ美味しいほどいい」とコメント。三四郎が村田レシピに惹かれる姿に、「そんなんでいいの?」と、ここでも不満を漏らしていた。

関連記事(外部サイト)