ファーストサマーウイカ、DJ松永&木村昴とのスペシャルユニット『腰-flo』結成秘話を明かす

10月11日(月)深夜、タレントのファーストサマーウイカがパーソナリティを務めるラジオ番組「ファーストサマーウイカのオールナイトニッポン0(ZERO)」(ニッポン放送・毎週月曜27時〜)が放送。8日に行われた番組初のイベント『ファーストサマーウイカのオールナイトニッポン0(ZERO) 土手の衆2021〜例の日本青年館〜』の裏話を明かした。

ファーストサマーウイカ

東京・日本青年館ホールで行われた番組イベントには、Creepy NutsのDJ松永、テレビ東京プロデューサーの祖父江里奈がゲスト出演。2時間にわたってリスナーを魅了した同イベントを振り返り、「この放送までが“後夜祭”な感じで、まだテンションを保っている状態なんですよね。本当に楽しかったです」とウイカは今の気持ち表した。さらに、「女の子が意外とめっちゃ多くて、それが一番ビックリした!」と、リスナーと初めて対面した喜びも語った。

また、イベント後半には、声優・木村昴がサプライズゲストとして登場し、ウイカ、DJ松永とともに3人でスペシャルユニット『腰-flo』としてパフォーマンス。以前、木村とDJ松永で「『m-flo』やれんちゃう?」と新ユニットを提案していたこともあり、念願の結成を喜んだウイカだが、その舞台裏では苦労もあったという。

「リハーサルも、すば兄(木村昴)は朝に『おはスタ』(テレビ東京)をやってからアフレコの合間を縫って来てくれてたんですけど。お松(DJ松永)はその日ツアーやったから、神戸から来てくれて、また福岡に行かなあかんっていうすごくタイトなスケジュールで、リハの時間がどうしても合わなかったんですよ。だから、それぞれ別々でリハーサルをやったから、3人で合わせたのは、ぶっつけ本番1回きり! 本当に初めてのセッションが本番だったんですよね。

でも、リハが終わって、本番直前に私がステージに出る前、ひとつ安心したことがあって。エレベーターが開いて、私が乗ろうとする前にすば兄が会場入りで出てきたんですよ。『あ〜、お疲れ様です!』って入ってきたら、すば兄が唐揚げをむしゃむしゃほおばってて(笑)。『え、何食べてるんですか!』って言ったら、『今、球場で野球やってて、唐揚げ売ってたから買っちゃった!』って言って、バリバリにんにく臭くて(笑)。『いや、にんにく唐揚げ買うなよ!』って思って(笑)。『後でよろしくお願いしま〜す』とか言って、普通にわんぱくなガキ大将やん! プライベートでも“ジャイアン”やんって思って、めちゃくちゃ緊張がほぐれましたよね(笑)」

木村とDJ松永が多忙なスケジュールだったため、全員揃ってのリハーサルができなかったものの、本番直前に木村と挨拶を交わして緊張感が和らいだというウイカ。結果、ライブステージは大成功に終わり、『m-flo』の☆Taku Takahashi本人からもツイッターで反応があったことを「宣伝までしていただいて……」と恐縮しつつ、ウイカは感謝を伝えていた。

関連記事(外部サイト)