『燃えよ剣』『ビルド・ア・ガール』岡田准一、土方歳三を熱演&女子高生音楽ライターが奮闘?

【Tokyo cinema cloud X by 八雲ふみね 第1020回】

シネマアナリストの八雲ふみねが、いま、観るべき映画を発信する「Tokyo cinema cloud X(トーキョー シネマ クラウド エックス)」。

今回は、大ヒット公開中の『燃えよ剣』と、10月22日公開の『ビルド・ア・ガール』をご紹介します。

『燃えよ剣』

映画館で観たい!『燃えよ剣』 土方歳三の知られざる真実を描く

歴史小説界の巨星・司馬遼太郎による国民的ベストセラー小説を完全映画化した『燃えよ剣』。メガホンを取ったのは、名匠・原田眞人監督。

『日本のいちばん長い日』『関ヶ原』に続く日本の三代変革期の最終章となる「幕末」を、圧倒的なスケールで描いた歴史スペクタクル超大作が誕生しました。

『燃えよ剣』のあらすじ

江戸時代末期。武州多摩の農家に生まれ、“バラガキ”と呼ばれていた土方歳三。武術の才を持つ彼は、同郷の近藤勇や沖田総司たちとともに、剣の腕を磨いていた。

あるとき、過激浪士がはびこる京都の市中警護のため浪士を募集していることを聞きつけた土方たちは、「武士になりたい」という熱い思いを胸に、京都へ向かう。そして、芹沢鴨を局長に擁し、市中を警護する「新選組」を結成。

土方は“鬼の副長”と恐れられながらも、類い稀な手腕と厳しい法度で組織を統率。新選組は倒幕派勢力の制圧に八面六臂の活躍を見せる。しかし時流はやがて、倒幕へと傾いて行き……。

『燃えよ剣』のみどころ

新選組副長・土方歳三を演じたのは、『関ヶ原』の石田三成役に続き、原田監督作品に主演する岡田准一。

念願の土方歳三役。時代劇における殺陣や所作の美しさは、言わずもがな。動乱のさなかでも決してブレることなく夢を、信念を貫き、誰もが恐れ誰よりも愛された“永遠のカリスマ”を演じきっています。

さらに柴咲コウ、鈴木亮平、山田涼介、伊藤英明など、名実ともにトップクラスの超豪華なキャストが勢ぞろい。また西本願寺や二条城、仁和寺、東寺などの世界遺産や国宝級建造物にて、撮影を敢行。

その重厚感あふれるロケーションも、“歴史好き”にはたまらないことでしょう。

『燃えよ剣』

そして特筆すべきは、歴史上でも名高い池田屋事件の舞台となった旅館・池田屋が完全再現されたこと。

当初は撮影所にセットを建てる予定でしたが、原田監督のたっての希望で、滋賀県彦根市にオープンセットを制作。池田屋を中心に全長125メートルの街並みが、宮大工の手によってつくられたのです。

まるで幕末の時代にタイムスリップしたかのような空間で撮影された池田屋事件のシーンは、ジリジリとした間合いが観る者を息苦しくさせるほどの緊迫感に満ちており、日本映画史上屈指の名シーンとなっています。

たった6年だけ存在した、史上最強の剣客集団、新選組。時代の大きな変化のなかで、剣を手に命を燃やした男の生き様を、是非、スクリーンで。

『ビルド・ア・ガール』

コチラも映画館で観たい!『ビルド・ア・ガール』 “自分づくり”は、失敗だらけ!?

オアシスやブラー、プライマル・スクリーム。人気バンドが旋風を巻き起こした1990年代前半のUKロックシーンを舞台に、冴えない高校生から辛口音楽ライターに転身した少女の奮闘を描いた青春ドラマ。

何かが起こるのを待っていても、人生は変わらない! 劣等感もパワーに変わる。そう、私たちにある最大の武器はいつだって、“いまの自分”なのだから。

勇気を出してがむしゃらに突き進む主人公・ジョアンナの姿に、誰もが共感せずにはいられない。世代を超えたすべての人に、一歩前に進むパワーを与えてくれる、ポジティブムービーです。

『燃えよ剣』

『燃えよ剣』

大ヒット公開中
出演:岡田准一、柴咲コウ、鈴木亮平、山田涼介、伊藤英明、尾上右近、山田裕貴、たかお鷹、坂東巳之助、安井順平、谷田歩、金田哲、松下洸平、村本大輔、村上虹郎、阿部純子、ジョナス・ブロケ、大場泰正、坂井真紀、山路和弘、酒向芳、松角洋平、石田佳央、淵上泰史、渋川清彦、マギー、三浦誠己、吉原光夫、森本慎太郎、高嶋政宏、柄本明、市村正親
原作:司馬遼太郎「燃えよ剣」(新潮文庫刊/文藝春秋刊)
監督・脚本:原田眞人
配給:東宝、アスミック・エース
(C)2021 「燃えよ剣」製作委員会
公式サイト https://moeyoken-movie.com/

『ビルド・ア・ガール』

『ビルド・ア・ガール』

2021年10月22日(金)から新宿武蔵野館ほか全国ロードショー
原作:キャトリン・モラン著「How to Build a Girl」
製作:アリソン・オーウェン、デブラ・ヘイワード
監督:コーキー・ギェドロイツ
出演:ビーニー・フェルドスタイン、パディ・コンシダイン、サラ・ソルマーニ、アルフィー・アレン、フランク・ディレイン、クリス・オダウド、エマ・トンプソン
原題:How to Build a Girl
配給:ポニーキャニオン、フラッグ
(C)Monumental Pictures, Tango Productions, LLC, Channel Four Television Corporation, 2019
公式サイト https://buildagirl.jp/

連載情報

Tokyo cinema cloud X

シネマアナリストの八雲ふみねが、いま、観るべき映画を発信。

著者:八雲ふみね
映画コメンテーター・DJ・エッセイストとして、TV・ラジオ・雑誌など各種メディアで活躍中。機転の利いた分かりやすいトークで、アーティスト、俳優、タレントまでジャンルを問わず相手の魅力を最大限に引き出す話術が好評で、絶大な信頼を得ている。初日舞台挨拶・完成披露試写会・来日プレミア・トークショーなどの映画関連イベントの他にも、企業系イベントにて司会を務めることも多数。トークと執筆の両方をこなせる映画コメンテーター・パーソナリティ。
八雲ふみね 公式サイト http://yakumox.com/

関連記事(外部サイト)