『土竜の唄 FINAL』『アイス・ロード』生田斗真主演、人気シリーズ最高傑作&リーアム・ニーソン決死のレスキューに挑む!

【Tokyo cinema cloud X by 八雲ふみね 第1025回】

シネマアナリストの八雲ふみねが、いま、観るべき映画を発信する「Tokyo cinema cloud X(トーキョー シネマ クラウド エックス)」。

今回は、現在公開中の『土竜の唄 FINAL』と『アイス・ロード』をご紹介します。

『土竜の唄 FINAL』

映画館で観たい!『土竜の唄 FINAL』 極上のお祭りエンタメ、ついに完結!

2014年にシリーズ1作目となる『土竜の唄 潜入捜査官REIJI』を公開。そして2016年には、原作でも高い人気を誇る「チャイニーズマフィア編」を映画化した2作目『土竜の唄 香港狂騒曲』が公開された、生田斗真主演『土竜の唄』シリーズ。

ルールなし! 予測不能の超人気ジェットコースターエンターテインメントが、5年ぶり3作目にして、ついに完結を迎えました。シリーズファイナルに相応しく、もっともド派手で過激な潜入捜査に挑みます。

『土竜の唄 FINAL』

『土竜の唄 FINAL』のあらすじ

潜入捜査官“モグラ”として、凶悪な犯罪組織・数寄矢会に潜り込んだ菊川玲二。組織トップの轟周宝逮捕に向けて奔走する彼のラストミッションは、過去最大級の取引となる6000億円の麻薬密輸を阻止すること。

そんな玲二の前に現れたのが、轟周宝の長男で最悪の敵となる轟烈雄。“百獣の王”のように猛々しい烈雄の登場により、周宝の逮捕劇は思わぬ方向へと動き始める。

さらには恋人・純奈との関係は愛の修羅場と化し、謎のフェロモン美女・沙門に誘惑され、モグラ史上最悪の危機を迎えることとなってしまった玲二。果たして玲二は、轟周宝をブタ箱に入れ、“キング オブ 土竜”となることができるのか……。

『土竜の唄 FINAL』

『土竜の唄 FINAL』のみどころ

主演はもちろん、生田斗真! ちょっぴりスケベだが心根はまっすぐな潜入捜査官・菊川玲二を、身体を張り、鍛え上げられた肉体美を晒しまくったガチンコ演技で熱演。その役者魂には、ただただ魅了されるばかりです。

共演には堤真一、仲里依紗、吹越満、遠藤憲一、皆川猿時、岩城滉一といった、シリーズでお馴染みのメンバーが勢ぞろい。また1作目に登場した岡村隆史、2作目に登場した菜々緒が再登板し、爪痕をしっかりと残す活躍ぶりをみせています。

さらに新キャストとして、鈴木亮平と滝沢カレンが初参加。これまでの出演作とは一味違った、強烈な個性を放つ姿は必見です。

『土竜の唄 FINAL』

もはや“『土竜の唄』の風物詩”とも呼ばれる“裸祭り”や、三池崇史監督×脚本・宮藤官九郎によるハチャメチャな世界観が面白可笑しく取り上げられがちな『土竜の唄』シリーズですが、本格的なアクションシーンも見どころのひとつ。

なかでも、豪華客船内で繰り広げられるクライマックスのアクションはスリルとバイオレンスに満ちており、手に汗握るシーンの連続。コメディとシリアス、どちらもきっちりキメる。この振り幅の広さこそ、『土竜の唄』シリーズ最大の魅力。

これぞ、FINAL。激アツな“祭り”を、スクリーンで堪能して。

『アイス・ロード』

コチラも映画館で観たい!『アイス・ロード』 氷の下に、陰謀が隠されている……

演技派アクションスターとしてその名を轟かせる、“不屈の男”リーアム・ニーソン主演作。ダイヤモンド鉱山で起きた爆発事故により、地下に閉じ込められてしまった作業員の命を救うため、巨大トラックで危険な氷の道を走り抜ける!

スピードが速過ぎれば衝撃により、遅過ぎれば重みよって、氷が割れて水の底へと沈んでしまう“アイス・ロード”。そんな危険極まりない環境下で巻き起こる、怒涛の裏切り合戦にハラハラドキドキ。

アクション映画としてはもちろん、人間ドラマとしても秀逸な1作です。

『土竜の唄 FINAL』

『土竜の唄 FINAL』

2021年11月19日(金)から全国東宝系にてロードショー
出演:生田斗真、鈴木亮平、岡村隆史、菜々緒、滝沢カレン、仲里依紗、堤真一、吹越満、遠藤憲一、皆川猿時、岩城滉一
原作:高橋のぼる「土竜の唄」(小学館「週刊ビッグコミックスピリッツ」連載中)
監督:三池崇史
脚本:宮藤官九郎
音楽:遠藤浩二
主題歌:関ジャニ∞「稲妻ブルース」(インフィニティ・レコーズ)
製作:フジテレビジョン、小学館、ジェイ・ストーム、東宝、OLM
配給:東宝
(C)2021「土竜の唄」製作委員会 (C)高橋のぼる・小学館
公式サイト https://mogura-final.jp/

『アイス・ロード』

『アイス・ロード』

大ヒット上映中
出演:リーアム・ニーソン、ローレンス・フィッシュバーン、マーカス・トーマス、ベンジャミン・ウォーカー、マット・マッコイ、アンバー・ミッドサンダー、ホルト・マッキャラニー、マーティン・センズメアー、マット・サリンジャー
監督・脚本:ジョナサン・ヘンズリー
原題:THE ICE ROAD
提供:ギャガ、イオンエンターテイメント
配給:ギャガ
(C)2021 ICE ROAD PRODUCTIONS, LLC ALL RIGHTS RESERVED
公式サイト https://gaga.ne.jp/iceroad/

連載情報

Tokyo cinema cloud X

シネマアナリストの八雲ふみねが、いま、観るべき映画を発信。

著者:八雲ふみね
映画コメンテーター・DJ・エッセイストとして、TV・ラジオ・雑誌など各種メディアで活躍中。機転の利いた分かりやすいトークで、アーティスト、俳優、タレントまでジャンルを問わず相手の魅力を最大限に引き出す話術が好評で、絶大な信頼を得ている。初日舞台挨拶・完成披露試写会・来日プレミア・トークショーなどの映画関連イベントの他にも、企業系イベントにて司会を務めることも多数。トークと執筆の両方をこなせる映画コメンテーター・パーソナリティ。
八雲ふみね 公式サイト http://yakumox.com/

関連記事(外部サイト)