BTSの魅力に迫る楽曲リクエスト特番第3夜、ラジオDJ・古家正亨が厳選した“夢のセットリスト”を披露

ニッポン放送では、月曜から5夜連続で世界的アーティストBTSの魅力に迫る特別番組『BTS マイ・ベスト・リクエスト』を放送している。リスナーから募集したBTSの楽曲リクエストに加え、各曜日のパーソナリティたちの渾身の選曲によって、BTSの魅力に5夜連続で迫る同番組。3日目となる今日は、2013年のBTSの日本デビュー以来、多くのBTS関連のイベントでMCを務めるなど、ARMY(=BTSのファン)にとってはお馴染みのラジオDJ、古家正亨がパーソナリティを担当した。

古家正亨

ニッポン放送『BTS マイ・ベスト・リクエスト』第3夜 12月15日(水)20時〜21時40分 生放送

「ARMYの皆さん、こんばんは!」という挨拶で始まった番組は1曲目、リスナーからのリクエスト曲『ON』でスタート。古家はオープニングのトークで「とても緊張している」と話したが、そこはBTSメンバーとの親交も深い古家。SNSでの「BTSとの裏話を聞かせてほしい」という声に応え、早速、古家ならではのエピソードを披露した。今年も数回、オンラインでのイベントでMCをし、メンバーと交流をしたという。イベントが終わった後に「古家さんと話をしたい」「古家さんに挨拶をしたい」とわざわざメンバーが残ってくれたそうで、「オンラインでも変わらない。世界的スターになってもデビュー当時、渋谷で行なわれたショーケース(=お披露目イベント)の時に出会ったときと変わらない。もちろん、世界的なスターになったけれど、『古家さ〜ん』という仕草や声の肌触りとか耳に届く感覚は変わらない。それがすごくうれしい」とBTSメンバーの人間性の素晴らしさを評していた。

ひろたみゆ紀アナウンサー、古家正亨

番組では昨日までと同じく、古家にも「こんなBTSのライブが見たい!」をテーマにセットリスト(セトリ)を組んでもらった。SNSでは「古家さんのセトリが早く聴きたい」「古家さんのセトリが楽しみ過ぎる!」と注目度が高まっていたが、セットリストについて、まず「いやぁ〜、しんどかった。本当に」と思わず口に出すほど、完成までに4回ぐらい作り直したと明かした。そうして苦心して完成した夢のセットリストは『Paldogangsan』『War of Hormone』『RUN』『Wishing on a star』『Stigma』の5曲。古家はこの選曲について、テーマは「僕の見た防弾少年団」と説明した。

番組ではその後も次々とリスナーから寄せられたBTSのリクエスト曲を次々とオンエアし、1時間40分でオンエアされたのはなんと15曲。最後を飾った曲は『I NEED U』で、最後、古家は「熱くなりました。そして、まだかけてないこの曲、あの曲がいっぱいありますよ」と少し名残り惜しそうに語り、BTSだけの音楽だけをかけるリクエスト番組の3日目は幕を閉じた。

12月15日(水)のオンエアリスト

M1. ON
M2. Life Goes On
M3. Pied Piper

古家正亨が選ぶ夢のセットリスト5曲
M4. Paldogangsan
M5. War of Hormone
M6. RUN
M7. Wishing on a star
M8. Stigma

M9. HOME
M10. Seesaw
M11. Save ME
M12. Magic Shop
M13. Attack on Bangtan
M14. Stay Gold
M15. I NEED U

関連記事(外部サイト)