元サッカー日本代表・武田修宏が結婚できない理由

元サッカー日本代表・武田修宏氏、51歳独身「結婚したいのですが、サッカーが恋人」

記事まとめ

  • 黒木瞳の番組「あさナビ」に、元サッカー日本代表でサッカー解説者の武田修宏氏が出演
  • 51歳独身の武田氏はプライベートについて「結婚したいのですがサッカーが恋人」と返答
  • 黒木から「いちおう婚活中ですか?」と聞かれ、「結果が出ないですけれどね」と苦笑

元サッカー日本代表・武田修宏が結婚できない理由

黒木瞳がパーソナリティを務める番組「あさナビ」(ニッポン放送)に、元サッカー日本代表でサッカー解説者の武田修宏が出演。自身のプライベートとサッカーの魅力について語った。

2018年におけるサッカー日本代表(サッカー日本代表 – Wikipediaより)

黒木)今週のゲストは元サッカー日本代表、サッカー解説者の武田修宏さんです。
武田さんといえば「ザ・サッカー」という感じですね。2018年もあと少しですが、今年の日本サッカーはどうでしたか?

武田)今年はロシアでワールドカップがありました。ワールドカップ2カ月前に日本代表の監督が変わりました。そのなかでベスト16と、南米のコロンビアチームに、アジアで初めて日本が勝ちました。だから、サッカー界にとって非常に良い年だったと思います。

黒木)監督が代わったことも大きかったのですか?

武田)それも大きかったと思います。日本人の監督になったことで、チームが1つになった。前の監督が悪いわけではないですが、いい方向に向かいました。

黒木)チームを1つにさせることについて、何か戦略はあったのですか?

武田)2カ月ということで、戦術うんぬんではなく、中心となる選手を気持ちよくプレーさせることによる全体の人間マネジメントが、西野監督は非常に上手かったです。

黒木)プライベートはどうなっているのですか?

武田)相変わらず51歳独身です。

黒木)「結婚しない」というポリシーですか?

武田)結婚したいのですが、サッカーが恋人で、なかなかそういう感じになれないです。

黒木)でも、サッカーが恋人と言われても……。

武田)すべてサッカーにかけていますから。理解してくれる方はなかなか難しいかもしれないですね。

黒木)そういう100%サッカーを愛している武田さんを、愛してくれればいいということですか?

武田)そうですね。いろいろなものは幸せにならないから。サッカーがすごく幸せで、その分プライベートがそこまで上手く行かないな。

黒木)いちおう婚活中ですか?

武田)結果が出ないですけれどね(笑)。積極的に行かないと何も起きないから、フェアプレーで頑張っています。

黒木)小学1年生の頃からサッカーをやっていらした。愚問かもしれませんが、サッカーの魅力は何ですか?

武田)現役ではピッチに入ったとき、パスで行くかドリブルで行くかとか、瞬間で判断できるのがすごく楽しい。小学生のときは、テクニックは無くてドリブルやトラップは下手でしたが、スピードのある選手でした。小学6年生の頃は50メートル走を5秒09でしたからね。でも、そういう選手が下手でも活躍できるのが、「サッカーって面白いな」と思いました。上手い選手が活躍するだけではなく、いろいろな選手が活躍できるのが魅力です。

黒木)そして、チームプレイもある。足が速い人は足で稼ぐのですか?

武田)そうですね。足が速い人だけ11人集めてもチームは勝てない。パスをつなぐ選手や点を取る選手、守る人がいてチームとなります。そういう意味で、僕は面白いなと思います。


武田修宏/元サッカー日本代表、サッカー解説者

■1967年・静岡県浜松市出身。
■小学校1年生からサッカーを始め、中学校3年生でジュニアユース日本代表に選出。
■サッカーの名門・清水東高校に進学し、1年生で出場した全国高校サッカー選手権で準優勝。類まれなるセンスと技術で一躍注目を浴びる。
■高校卒業後、読売クラブ(現:東京ヴェルディ)に入団。
 19歳で日本代表に選出され、名実ともに日本を代表する選手として活躍。
■1993年(平成5年)のJリーグ発足時には、その甘いルックスもあり、時代を象徴するモテ男として世の女性たちを夢中にさせた。
 1993年のサッカーW杯予選では「ドーハの悲劇」を経験。
■2000年にはパラグアイのチームに移籍。
■2001年に現役引退。現役通算で、新人王、MVP、4度のベストイレブンを受賞。
■引退後はサッカー解説者として活動。タレントとしても数多くのメディアで活躍。
■2006年には日本サッカー協会公認S級ライセンスを取得。
(※サッカー指導者の最高位の資格。日本代表でもJリーグでも監督ができる)

ENEOSプレゼンツ あさナビ
FM93AM1242 ニッポン放送 月-金 6:43-6:49

関連記事(外部サイト)