アンガールズ、オードリー、三四郎、ナイツ、ぺこぱ、“お笑いラジオスター”豪華5組が共演! 1万人のリスナーを爆笑の渦に!

ニッポン放送でパーソナリティを務めるお笑い芸人5組が一堂に会するライブイベント「ニッポン放送 お笑いラジオスターライブ2022」が6日、東京国際フォーラム・ホールAで開催された。毎週月曜〜木曜日13時から放送中の『ナイツ ザ・ラジオショー』や毎週木曜日11時30分からの『ビバリー昼ズ』のナイツ、毎週土曜日深夜25時からの『オードリーのオールナイトニッポン』のオードリー、毎週木曜深夜24時からの『ぺこぱのオールナイトニッポンX(クロス)』のぺこぱ、毎週金曜深夜27時からの『三四郎のオールナイトニッポン0(ZERO)』の三四郎、さらに昨年10月から「ニッポン放送 PODCAST STATION」内でスタートし毎週木曜18時頃配信中の『オールナイトニッポン PODCAST アンガールズのジャンピン』のアンガールズの、計5組が出演。それぞれが熱のこもった漫才やコントを披露したほか、このイベントならではのシャッフルトークなど、配信視聴者を含め1万人を超えるリスナーを終始笑いに包み込み、幕を閉じた。

オープニング

「ニッポン放送 お笑いラジオスターライブ2022」3月6日(日)東京国際フォーラム・ホールAで開催

ラジオスターたちのアニメーション。パステルカラーに染まったキュートなコンビたちのオープニング映像が流れるなか、「Radio/HEY-SMITH」の軽快なリズムに乗せて、今回の出演者である5組がステージに次々に登場した。

オープニングのMCを担当する三四郎の小宮からきょうのイベント参加者が「会場に5000人、オンラインで5000人、あわせて1万人です!」と発表されると会場からは大きな拍手が沸き起こった。その後の5組によるフリートークでは、なぜかナイツ塙が「山根、結婚おめでとう!」とかなり前に結婚したアンガールズ山根に祝福コメントをすると、「できれば俺に言って!」と三四郎の小宮がツッコミ。小宮はつい先日、番組内で結婚を発表したばかり。そんな小宮に「おめでとう〜!」と会場一体となってお祝いの拍手が送られ、イベントは最初からアットホームな雰囲気に包まれた。同イベントの目玉は5組それぞれによる漫才やコントだが、コンビのメンバーをシャッフルしてのフリートークも注目のところ。MCの小宮から「誰とトークしたい?」と振られたオードリーの春日は「春日をおいしくしてくれるなら誰でもいいです」と周りを笑わせつつも、「特に小宮さん!」と結婚したばかりで話題もいっぱいの小宮を指名していた。アンガールズの田中は「(ぺこぱの)松陰寺!」と話し、「他のコンビとは大体バトルしたことがあるので(笑)、あまりしゃべってない」というぺこぱの松陰寺太勇とのトークを希望していた。

会場が夢のような5組が一同に会したフリートークで温まったあとは、それぞれのネタパートへ。

ぺこぱ

トップバッターはぺこぱ。松陰寺がローラーシューズを履いて、「ロンリネース」と颯爽とステージを滑りながら登場すると会場からは大きな拍手が起こり、相方のシュウペイが「ズルい! 言ってよ。俺も持ってきたかったよ!」と悔しそうな表情を浮かべていた。そんな2人が披露する漫才は、ファンに対する接し方。「ファンです」と声を掛けてきた人への対処法をやってみることになるのだが、シュウペイ演じるファンが、ラジオで「芸能人だからバレたいのに全然バレない」と話しすぎて飽きたと言ったり、サインを血文字で書いたりと、癖が強すぎて何度も“時を戻す”松陰寺の奮闘にリスナーから何度も拍手が送られていた。

三四郎

続いての三四郎は、冒頭で改めてリスナーに結婚を報告した小宮に対し、相田が「それにしても俺への報告が遅かったな」と責める場面も。また、同じ言葉でも意味が違う日本語があってややこしいという話になり、様々な言い方をして意味を伝えようとする小宮に、まったくわかってくれない相田。まったく噛み合わないやり取りに、絶えずリスナーからは笑いが起こっていた。

アンガールズ

3組目は、アンガールズ。水族館を舞台にしたコントで、山根の水族館の回り方が気に入らなかった田中が、楽しみ方を指南していくことに。しかし、だんだん山根と田中の行動がシンクロしはじめ、気を使っているように見えた田中はさらに非難。「合わせるのはやめろ」という田中に、「合わせていない」と言う山根。それがだんだん追いかけっこに発展していく……という構成となっており、息の合った2人の行動に大爆笑が巻き起こっていた。

オードリー

続いてはオードリー。若林がスーツでビシッと決め、春日はいつものピンクのベストを着て、ステージに登場すると会場からは大歓声が。春日の持ちネタ「ヘッ」を飛沫が飛ばないバージョンで披露するなど、今の情勢に合ったスタイルで会場を温めると、きょうの漫才のテーマである「パチンコ」の話に。もし春日のパチンコがあったとしてどんな演出になるかという話になり、春日が筋肉で大当たりを出す「ボディビルリーチ」や大会で記録を残したエアロビクスダンスの演出など、ずっと動きっぱなしの  春日。汗だくになりながらの漫才に、会場は絶えず大きな笑いに包まれていた。

ナイツ

ネタパートのトリを飾ったのはナイツ。スタンドマイクを挟んでの王道の漫才スタイルで、塙は「初めて見る方もいるかと思い……」と自己紹介を始める。塙が生まれた年である昭和53年の出来事を話し始めたり、同じ年の芸能人を並べていくも、間に塙の同級生の名前が入っているというボケの連続に、土屋からのツッコミが止まらない。また、塙が幼い頃はおとなしかったという話から、ナイツらしい時事ネタや下ネタがノンストップで続き、そのたびに会場は大きく沸いた。

後半戦は「お笑いラジオスターシャッフルトーク」のコーナーへ。お笑いラジオスター10人がメンバーをシャッフルして、10分間のフリートークに挑戦。この時間、MCを担当する田中が「お笑いラジオスタークジ」を引き、まずは選ばれた4人のトークからスタート。その後「3人」「2人」とメンバーを減らし、最後に残った人は、たった1人で10分間トークしなければならない。一夜限りの”スペシャルシャッフルトーク“に期待を膨らませるリスナーたちだが、山根と若林は「絶対に2人になりたくない」「距離感がわからない」など、メンバーそれぞれにもいろいろな思惑がありそうだ。

アンガールズ・山根良顕、三四郎・小宮浩信、オードリー・若林正恭、ナイツ・塙宣之

緊張感が高まる中、最初に選ばれたのは、山根、若林、塙、小宮の4人。最初、様子見の4人だったが、小宮が結婚、さらに若林には子供が生まれたばかりということで、「ご祝儀」の話やみんなが報告しているイメージのある芸能界の大御所、そして、山根が結婚を報告したという大物芸能人の話まで及んだ。その山根の人間関係に若林が食いつくなど、念願の山根と若林のトークが繰り広げられ、会場は違った注目を集めていた。

ぺこぱ・松陰寺太勇、オードリー・春日俊彰、ナイツ・土屋伸之

続く「3人」の組み合わせに選ばれたのは、松陰寺、春日、土屋。意外にも春日が回し役となり、土屋や松陰寺からトークを引きだしていく。そんな春日に、松陰寺が「春日さんってテンパることあるんですか?」と質問。「困ったら大声を出す」という解答をするのだが、実は今も回し役を買って出てしまってテンパっていることを明らかに。コロナ禍に入ってからテレビに出始めたため、飲み会などが開催できず、先輩たちからバラエティの立ち振る舞いを学べていないという松陰寺が「ぺこぱの通信簿を付けて欲しい」と春日と土屋にお願いしていた。

ぺこぱ・シュウペイ、三四郎・相田周二

運命が決まる、最後のクジに。かろうじて「1人」を逃れたのは相田とシュウペイ。「安心した〜」とホッとした表情を浮かべるシュウペイに対し、不満顔の相田。「(ペアとして)田中さん出ろと思っていた」と明かし、シュウペイと2人の会話に不安を感じている様子。そんな2人の会話は先のテーマにあった 「ご祝儀」。まだ小宮にご祝儀を渡していないという相田は、相方の結婚に対する複雑な心境を告白。「小宮が結婚できるわけないと思っていたから、ドッキリかと思った」と言い、まだ信じていないのだそう。そもそも、中学生の頃にクラスのマドンナと付き合っていると半年間ウソをついており、「半年後に結婚はウソだったって言うと思う」と話し、会場を笑わせた。

アンガールズ・田中卓志

そして最後は、たった1人で10分トークを繰り広げることとなった田中。田中は『オードリーのオールナイトニッポン』の代打を務めたときのエピソードを時に激しく、時に笑いを交えて語り、シャッフルトークのトリを飾った。

エンディング

エンディングは、5組全員が再びステージに集結し全員で最後の挨拶へ。ぺこぱは先輩との共演の喜びを語り、三四郎は「楽しかった!」と感想を。塙は「実は一人で話すように下ネタを用意していた」というなど、最後までリスナーを楽しませるサービスを欠かさない。春日は 「このライブは奇跡みたいなもの」と話すなど、この5組が一同に会してお笑いライブができたことに感慨深い様子を見せていた。

本イベントのチケットは即完売しており「次はもっと大きな会場でできるんじゃない?」「またこんなイベントがやりたい」と全員が期待を覗かせ、最後、全員で「ラジオで逢いましょう!さようなら!」と語り、常時、笑いに包まれたイベントは大きな拍手と共に幕を閉じた。

【公演概要】
■イベントタイトル:『ニッポン放送 お笑いラジオスターライブ2022』
■開催日時:2022年3月6日(日)16時開場/17時開演
■会場:東京国際フォーラム・ホールA
■出演:アンガールズ、オードリー、三四郎、ナイツ、ぺこぱ(50音順)

 

関連記事(外部サイト)