『ドライブ・マイ・カー』西島秀俊、自身初の日本アカデミー賞最優秀主演男優賞に輝く!

【Tokyo cinema cloud X by 八雲ふみね 第1044回】

シネマアナリストの八雲ふみねが、いま、観るべき映画・ドラマを発信する「Tokyo cinema cloud X(トーキョー シネマ クラウド エックス)」。

※写真は、第45回日本アカデミー賞授賞式より (C)東京写真記者協会

3月11日に東京・グランドプリンスホテル新高輪国際館パミールで授賞式が行われた「第45回日本アカデミー賞」。

2022年は『ドライブ・マイ・カー』が、最優秀作品賞をはじめとする最多8部門で最優秀賞を獲得。主演の西島秀俊は、自身初の最優秀主演男優賞を受賞しました。

そこで今回は、最優秀主演男優賞に輝いた西島秀俊の俳優としての魅力を掘り下げて行きます。

※写真は『ドライブ・マイ・カー』より

トレンディ俳優から国際派俳優へ、年齢を重ねるごとに魅力が増して行く……

『ドライブ・マイ・カー』は、村上春樹の短編小説が原作。西島秀俊が演じるのは、舞台俳優であり演出家の主人公・家福悠介。

演劇祭に招聘された家福は、映画祭が彼のために手配した女性の専属ドライバーと出会う。本作はそれをきっかけに、急死した妻が残した“秘密”と向き合って行く姿を描いたヒューマンドラマです。

作品を手がけたのは、いま世界がもっとも熱い注目を寄せる濱口竜介監督。原作小説に惚れ込んだ濱口監督が自ら脚本も手がけ、第45回日本アカデミー賞では、最優秀監督賞と最優秀脚本賞を受賞しました(脚本は大江崇允氏との共同脚本)。

共演には第45回日本アカデミー賞・新人俳優賞を受賞した三浦透子をはじめ、岡田将生、霧島れいかといった実力派キャストが名を連ね、これまでも、第74回カンヌ国際映画祭で日本映画としては史上初となる脚本賞を受賞するなど、世界各国で高い評価を受けている本作。

日本映画界の歴史のなかでは初となる米アカデミー賞の作品賞にノミネーションを果たすなど、そのオスカーの行方にも注目が集まっています。

※写真は『ドライブ・マイ・カー』より

主演の西島秀俊は、ある日突然妻を失ってしまった喪失感と向き合う男の内に秘めた感情を、生々しくも静かに体現。その名演は世界的にも注目を集め、全米映画批評家協会賞の主演男優賞をアジア人の俳優として初めて受賞。

またボストン映画批評家協会賞の主演男優賞にも輝き、その年を代表する俳優を選ぶニューヨーク・タイムズ紙の名物企画「Great Performers/The Best Actors of 2021」の13人のなかに、アジアからただ1人選出されました。

※写真は『劇場版 きのう何食べた?』より

さまざまな役柄を見事に演じ分け、作品ごとにまったく違った“顔”を見せる俳優、西島秀俊。

その振り幅は実に大きく、近年の出演作を振り返るだけでも、本作や『風の電話』に代表されるようなアート系映画や、『劇場版 きのう何食べた?』、『劇場版 奥様は、取り扱い注意』といった娯楽作。さらには「真犯人フラグ」や「おかえりモネ」などのテレビドラマまで、作品のジャンル、そして演じたキャラクターはバラエティ豊かです。

かつてはトレンディドラマに数多く出演し、幅広い人気を獲得したことは長年のファンなら周知のこと。その後、北野武監督や諏訪敦彦監督、黒沢清監督といった、海外でも評価が高い日本人監督たちの映画に意欲的に出演。作品とともにその存在を世界に知らしめ、俳優としてのキャリアを着実に積み上げて来ました。

濱口竜介監督が「西島さんは村上春樹の世界自体に親和性がある」と語るその言葉どおり、どの作品の世界観にもスッと溶け込んでしまう佇まいの素晴らしさは特筆もの。本作においても、決して余計な自己主張をしない、しかし確かな存在感で作品に重厚感を与えています。

数々の快挙を成し遂げている『ドライブ・マイ・カー』ですが、主演を務めた西島秀俊なくして、ここまでの躍進はあり得なかったと言っても過言ではないでしょう。

※写真は、第45回日本アカデミー賞授賞式より (C)東京写真記者協会

受賞スピーチで、「岡田将生くん、三浦透子さん、霧島れいかさん」と、最初に共演者に呼びかけた西島秀俊。

ひたすら無感情なままに本読みを繰り返す「濱口メソッド」と呼ばれるメソッドを採用している濱口組は、撮影の合間にも時間が許す限り本読みが行われ、台本やセリフがアップデートされる日々。名だたる監督とタッグを組んで来た西島さんにとっても、本作の撮影は挑戦の連続だったとのこと。

「この賞は僕が受け取ったけれど、みんなで取った賞だと思っています」という言葉からは、作品をつくり上げるために共に過ごした“同志”へのリスペクトが感じられました。

続けて、授賞式が開催された3月11日は、東日本大震災が発生した日であることに言及。「人とのつながり、魂の再生の物語が、こうして賞をいただいたということは、何か大きな意味があるのではないかと思っています。日本映画のためにこれからも身を捧げたい」とコメント。その言葉どおり、これからも日本映画界を代表する俳優として、私たちを魅了してくれることでしょう。

『ドライブ・マイ・カー』は、現在も絶賛上映中。珠玉の名作、未見の方は是非、映画館へ!

『ドライブ・マイ・カー』

『ドライブ・マイ・カー』

大ヒット上映中
Blu-ray & DVDリリース Amazon Prime Videoにてデジタル配信中
出演:西島秀俊、三浦透子、霧島れいか、岡田将生
原作:村上春樹「ドライブ・マイ・カー」(短編小説集「女のいない男たち」所収/文春文庫刊)
監督:濱口竜介
脚本:濱口竜介、大江崇允
音楽:石橋英子
製作:『ドライブ・マイ・カー』製作委員会
製作幹事:カルチュア・エンタテインメント、ビターズ・エンド
制作プロダクション:C&Iエンタテインメント
配給:ビターズ・エンド
(C)2021『ドライブ・マイ・カー』製作委員会
公式サイト https://dmc.bitters.co.jp/

『劇場版 奥様は、取り扱い注意』

『劇場版 奥様は、取り扱い注意』(2021年公開)

Blu-ray & DVDリリース デジタル配信中
出演:綾瀬はるか、西島秀俊、鈴木浩介、岡田健史、前田敦子、みのすけ、セルゲイ・ヴラソフ、中林大樹、浅利陽介、やしろ優、渕野右登、イゴリ、鶴見辰吾、六平直政、佐野史郎、檀れい、小日向文世
監督:佐藤東弥
原案:金城一紀
脚本:まなべゆきこ
音楽:得田真裕
配給:東宝
(C)2020映画「奥様は、取り扱い注意」製作委員会
公式サイト https://okusama-movie.jp/

『劇場版 きのう何食べた?』

『劇場版 きのう何食べた?』(2021年公開)

2022年5月18日 Blu-ray & DVDリリース
出演:西島秀俊、内野聖陽、山本耕史、磯村勇斗、マキタスポーツ、高泉淳子、松村北斗(SixTONES)、田中美佐子(友情出演)、チャンカワイ、奥貫薫、田山涼成、梶芽衣子
原作:よしながふみ『きのう何食べた?』(講談社「モーニング」連載中)
監督:中江和仁
脚本:安達奈緒子
主題歌:スピッツ「大好物」(ユニバーサルJ/ユニバーサル ミュージック)
配給:東宝
(C)2021 劇場版「きのう何食べた?」製作委員会 (C)よしながふみ/講談社
公式サイト https://kinounanitabeta-movie.jp/

『風の電話』

『風の電話』(2020年公開)

Blu-ray&DVDリリース デジタル配信中
発売元:ブロードメディア
販売元:ハピネット・メディアマーケティング
出演:モトーラ世理奈、西島秀俊、西田敏行(特別出演)、三浦友和、渡辺真起子、山本未來、占部房子、池津祥子、石橋けい、篠原篤、別府康子
監督:諏訪敦彦
脚本:狗飼恭子、諏訪敦彦
音楽:世武裕子
配給協力:イオンエンターテイメント
制作・配給:ブロードメディア・スタジオ
(C)2020 映画「風の電話」製作委員会
公式サイト http://www.kazenodenwa.com/

連載情報

Tokyo cinema cloud X

シネマアナリストの八雲ふみねが、いま、観るべき映画を発信。

著者:八雲ふみね
映画コメンテーター・DJ・エッセイストとして、TV・ラジオ・雑誌など各種メディアで活躍中。機転の利いた分かりやすいトークで、アーティスト、俳優、タレントまでジャンルを問わず相手の魅力を最大限に引き出す話術が好評で、絶大な信頼を得ている。初日舞台挨拶・完成披露試写会・来日プレミア・トークショーなどの映画関連イベントの他にも、企業系イベントにて司会を務めることも多数。トークと執筆の両方をこなせる映画コメンテーター・パーソナリティ。
八雲ふみね 公式サイト http://yakumox.com/

関連記事(外部サイト)