森山良子が「さとうきび畑」を封印した理由、そして再び歌い始めたきっかけを語る

森山良子がニッポン放送『上柳昌彦 あさぼらけ』に出演する。

『上柳昌彦 あさぼらけ』4月18日(月)午前5時〜午前6時、4月19日(火)〜22日(金)午前4時30分〜午前6時 名物企画「ウルトラヒットの道標」

ニッポン放送『上柳昌彦 あさぼらけ』。2ヵ月に1回、ミュージシャンを招き上柳昌彦が「今となっては、もはや聞きづらい名曲にまつわる誕生秘話」や今現在の話を聞いていくコーナー「ウルトラヒットの道標」に森山良子が登場する。

「ウルトラヒットの道標」はニッポン放送『上柳昌彦 あさぼらけ』の名物企画。今までに、布施明、伊勢正三、吉幾三、加山雄三、南こうせつ、さだまさし、ASKA、阿木燿子・宇崎竜童、谷村新司、THE ALFEE、佐野元春、久保田利伸、中島みゆきら豪華ゲストが出演。かつては音楽番組を担当するなど長いラジオのキャリアから、多くのミュージシャンと親交のある上柳アナウンサーが知られざる秘話の数々を引き出してきたが、4月のゲストは森山良子。

1967年、本人作曲のフォークソング「この広い野原いっぱい」でデビュー。55周年を迎えた森山良子が、代表作の「この広い野原いっぱい」「涙そうそう」「さとうきび畑」制作秘話などを語る。

実は、ジャズ・トランペッターの父親の影響で、幼き頃からジャズ・シンガーを目指していたという森山。もしジャズ路線を貫いていたら、別の人生を歩んでいたと語る。また「さとうきび畑」は、歌うことを躊躇い封印した時期があったことを明かした。その理由と、再び歌い始めたきっかけとは……

さらに話題を集めたNHKの朝ドラ「カムカムエヴリバディ」の裏話も披露される。

森山良子が登場する『上柳昌彦 あさぼらけ』「ウルトラヒットの道標」は4月18日(月)から5日連続で放送。

<番組情報>

■番組タイトル:ニッポン放送『上柳昌彦 あさぼらけ』
■放送日時:2022年4月18日(月)午前5時〜6時、4月19日(火)〜22日(金)午前4時30分〜6時
■パーソンリティ:上柳昌彦
■ゲスト:森山良子
■番組メールアドレス:ue@1242.com
■番組ハッシュタグ:#あさぼらけ

 

関連記事(外部サイト)