江口拓也が収録音声で参加決定! オールナイトニッポン55周年記念公演 朗読劇「太陽のかわりに音楽を。2022」

81プロデュース所属の人気声優が日替わりで出演する朗読劇「太陽のかわりに音楽を。2022」。この公演の劇中のディレクター役として、江口拓也の収録音声での参加が決定した。4月29日(金・祝)午前10時からチケットの一般発売がスタートする。

オールナイトニッポン55周年記念公演 朗読劇「太陽のかわりに音楽を。2022」

朗読劇「太陽のかわりに音楽を。2022」は、2017年に上演された舞台「太陽のかわりに音楽を。」の朗読劇版。オールナイトニッポン55周年記念公演として、5月9日(月)〜17日(火)銀座・博品館劇場で上演される。

81プロデュース所属の人気声優が日替わりで出演する人気朗読劇シリーズの8回目の開催となる本公演に、江口拓也が劇中のディレクター役として、収録音声で参加することが決定した。江口拓也がこの朗読劇シリーズに参加するのは、2017年の第2回公演「朗読劇 シンデレラ裁判〜愛は赤い毒〜」以来、5年ぶり3回目となる。

深夜ラジオの代名詞「オールナイトニッポン」の制作現場を舞台にしたオリジナル青春群像劇。劇中でミュージシャン・トロイがパーソナリティを担当する「トロイのオールナイトニッポン0(ZERO)」のディレクター役として、江口拓也は全公演に収録音声で参加する。江口がどのようなディレクター像を作り上げるか、聴き逃がせない内容となっている。

江口は収録を終えて、以下のコメントを寄せた。

■イベント名:オールナイトニッポン55周年記念公演 朗読劇「太陽のかわりに音楽を。2022」
■公演日:2022年5月9日(月)〜17日(火)全11公演
■会場:銀座 博品館劇場
■チケット:全席指定 前売り8,000円(税込)※上演台本(非売品)付き
■チケット一般発売日:2022年4月29日(金・祝)10:00〜
■公式サイト:http://rouacastage.com

 

公演情報

「ラジオ番組からスター声優を生み出したい」という想いで、2013年12月から2016年3月まで、ニッポン放送とラジオ大阪が放送した人気ラジオ番組「ニッポン朗読アカデミー」。
この番組から生まれた朗読劇は、2016年11月から定期的に開催され、今回で8回目の開催となる。2019年1月に開催した第5回公演では、シリーズ累計97万部突破の人気ミステリー小説で、2018年11月には映画化もされた大ヒット作品、志駕晃 著「スマホを落としただけなのに」を初朗読劇化し、2020年、2021年とシリーズ3作品を朗読劇化。
また本シリーズでは、ライブ・ビューイングやインターネットライブ配信を積極的に実施するなど、大きな話題を集めた。
そして今回、オールナイトニッポン55周年記念公演 朗読劇「太陽のかわりに音楽を。2022 」を上演する。

■出演:
伊東健人 駒田航 土田玲央 中島ヨシキ 西山宏太朗 比留間俊哉
米内佑希  ランズベリー・アーサー
奥野香耶 高木美佑 田中あいみ 田中美海 本泉莉奈 山下七海 吉岡茉祐
小田柿悠太 金光宣明 神尾晋一郎 川野剛稔 河本邦弘 酒巻光宏

ディレクター役 江口拓也 ※江口拓也は収録音声での参加となります

■脚本:正岡 謙一郎
■演出:菅沼 尚宏

■主催:ニッポン放送/ポニーキャニオン
■制作:ニッポン放送/ポニーキャニオン
■協力:81プロデュース
■問合せ先:ポニーキャニオン カスタマーセンター
営業時間:平日 10:00〜13:00/14:00〜17:00(土日祝・会社の指定日除く)
問い合わせフォーム:https://www.ponycanyon.co.jp/support/inquiry

作品紹介

『君が踊りぼくが歌うとき、新しい時代の夜が生まれる。
太陽の代わりに音楽を。青空の代わりに夢を。 フレッシュな夜明けをリードする、オールナイトニッポン!』
放送開始から55周年を迎えるラジオ深夜放送「オールナイトニッポン」

ラジオの制作現場の変わらぬ熱気や情熱をテーマとしたオリジナルの青春群像劇として、
2017年に上演した舞台「太陽のかわりに音楽を。」を朗読劇化!

<あらすじ>
2022年・春。 「オールナイトニッポン0(ZERO)」のパーソナリティを務める ミュージシャン・トロイはラジオが好きではなかった。 リスナーからの反響はなくスタッフもやる気がない。
ラジオのない世界に行きたいとトロイが呟いた時、 彼の乗ったエレベーターは、とある時代にタイムリープする。
そこは55年前、伝説のアナウンサーがパーソナリティを務める「オールナイトニッポン」の現場だった。
誕生したばかりでまだどうなるか誰にも分からない「オールナイトニッポン」番組制作のスタジオ。
戦争を知る伝説のアナウンサー、適当過ぎるディレクター、
そしてラジオに夢を持つADたちとの制作現場でのふれあいの中で、トロイは「ラジオのカ」を見つけ出していく。

<登場人物>
・糸居四郎(いとい しろう)
1967年、「オールナイトニッポン」を担当していた伝説のDJ/アナウンサー。
・トロイ/木元宕馬(トロイ/きもと とうま)
2022年、「オールナイトニッポン0(ZERO)」のパーソナリティを務めるミュージシャン。ラジオが好きになれず悩むが、ひょんなことから55年前の「オールナイトニッポン」制作現場にタイムリープしてしまう。
・三雲淳之介(みくも じゅんのすけ)
ラジオに夢を持ち、「糸居四郎のオールナイトニッポン」のADとして働く大学生。タイムリープしてきたトロイと友人になる。
・倉本洋二郎(くらもと ようじろう)
「糸居四郎のオールナイトニッポン」ディレクター。
・青葉より子(あおば よりこ)
55年前のニッポン放送アナウンサー。
・アキコ
「糸居四郎のオールナイトニッポン」リスナー。

関連記事(外部サイト)