ももクロ・佐々木彩夏「アナウンサーのみとちゃんなんですけど」食レポにまつわる“名言”に感銘

5月15日(日)に放送された、ラジオ番組「ももいろクローバーZ ももクロくらぶxoxo」(ニッポン放送・毎週日曜22時〜22時30分)に、ももいろクローバーZの玉井詩織、佐々木彩夏が出演。リスナーからの「食べ物を一口で食べるかどうか、いつも迷ってしまいます」という内容のメールが紹介され、たこ焼き、太巻き、握り寿司の食べ方、テレビで食レポする時の心得についても語った。

ももいろクローバーZ・佐々木彩夏、玉井詩織

玉井:テレビとかお仕事でご飯を食べる時はどうしてますか?

佐々木:心に残っている、ある方の言葉があって。アナウンサーのみとちゃん(水卜麻美)なんですけど。

玉井:うん。

佐々木:お箸とかスプーンで食べ物を取る時、ここに小さい海鮮丼を作る気持ちで食べるんだ、みたいなことを言っていて。

玉井:名言ですね。

佐々木:なるほど! と思って。みとちゃんが「バランスよく乗せるのが大事」って、おっしゃっていて。いつもそれを心に。一つの品をいかに集約して、ここに海鮮丼を作るか、っていう気持ちで。

玉井:なるほど。

佐々木:玉井さんは一口で食べる、二口で食べる基準みたいなのはある?

玉井:まず、握り寿司は一口。たこ焼きは箸で半部に割って食べる。

佐々木:そうだね、冷やしておかないとね。海苔巻き(太巻き)は?

玉井:家だと一口、外だと二口(笑)

佐々木:やっぱりちょっと、人目をね?(笑)

玉井:そう、一応気にする。頬張って食べているのを見られてもいい人なら一口で食べるけど、この人に見られるのはちょっと恥ずかしいな、という時はね。

佐々木:上品なお店とかね。

玉井:臨機応変にしています。

カメラが回っている時は、スプーンに乗った食べものがおいしそうに見えるよう、常に心掛けているという佐々木。これは日本テレビの水卜麻美アナウンサーが話していたそうで、これに玉井も「名言ですね」と感心。

また、リスナーからの「食べ物を一口で食べるかどうか、いつも迷ってしまいます」という質問には、佐々木が「おいしそうに食べれば何でもいい!」と答え、笑いを誘った。

関連記事(外部サイト)