三四郎、ボーカリスト・星野一成からの“お断り”に「そこまでしないとダメなんだね(笑)」

6月17日(金)深夜、お笑いコンビ・三四郎の小宮浩信と相田周二がパーソナリティを務めるラジオ番組「三四郎のオールナイトニッポン0(ZERO)」(ニッポン放送・毎週金曜27時〜)が放送され、お笑いコンビ・パーパーのほしのディスコ、お笑いトリオ・四千頭身の都築がゲストで登場。ほしのディスコが、喉のために、小宮や相田からの飲みの誘いは断っていると明かす場面があった。

ほしのディスコは三四郎と同じくマセキ芸能社に所属。3オクターブの歌声を持ち、バラエティー番組には“歌うま芸人”として出演。自身のYouTubeチャンネルは登録者数20万人を超え、ボーカリストとしても注目が集まるなか、6月8日に本名の星野一成としてCDデビュー。

この日もスタジオにミュージシャンモード全開で登場した。それに小宮と相田は乗っかるも、都築は「やりづらいな……」とリアクションした。そんな中、相田は最近、ほしのディスコと食事に行けていないと切り出した。

相田:パーパーはどれぐらい前に所属したっけ?

ほしの:僕は2015年にマセキ芸能社に入れて頂いて。パーパーとしては8年ぐらいですね。

相田:最近、“一成”になってからは、あんまりね、ご飯とかは行けてないよね?

ほしの:そうですね。しゃべるのが喉によくないってことで。

相田:ははははは(笑)

ほしの:人とあんまり会わないようにしてます。

相田:もちろん、お酒もよくないし?

ほしの:お酒も全然飲んでないです。

相田:やっぱり、喉を第一に考えて?

ほしの:そうですね。やっぱり、芸人さんってすごい声を張ってしゃべるじゃないですか?

相田:うるさい居酒屋とかも行くしね。

ほしの:そうですね。なので、すごい嫌だなと思って。

相田:次の日、使えなくなっちゃうから。商売道具が。

ほしの:そうですね。

小宮:そこまでしないとダメなんだね?(笑)

ほしの:そこまでしないとボーカリストとしては……。

小宮:バンドマンって結構ね、お酒を飲んで、タバコとか吸っても関係なく、美声を放つってイメージなんだけど。前までは結構、飲みに行ってたから。

ほしの:そうですね。よく、飲みに行ってましたね。

相田:最近は小宮とも行ってない?

ほしの:全然、行ってないですね。誘ってはいただいていてるんですけど、ちゃんとお断りをしていて。

相田:誰かとは行ってるの?

ほしの:誰とも本当に行っては……。あ、でも、何度かクリープハイプの尾崎さんに誘っていただいて。

相田:尾崎世界観さん? すごい!(笑)

都築:夢のような話だ!

小宮:それは、その時は行かないの?

ほしの:尾崎さんの時だけ、少し飲ませていただきます。

相田:それは、しょうがない?

ほしの:はい。尾崎さん、アーティストの方なんで。

小宮:尾崎世界観さんも飲んでるから?

ほしの:すごい飲まれるんで。

小宮:尾崎さん、めっちゃ飲むの?

ほしの:結構、はい。

小宮:(飲んだら)高い声とか出なくなりそうだよね?

ほしの:逆に出る方もいるみたいで。

相田:無理して飲んでる?

ほしの:いや、無理しては飲んでないです。

都築:お酒、好きですもんね?

ほしの:お酒は元々、好きなんですけど、本当、歌のためにはやめなきゃなっていう。

相田:本当は飲みたいんだ。

都築:三四郎さんのは行かないけど、尾崎さんのは行くんですか?

ほしの:そうですね。今となっては歌が本業なので。

相田:ははははは(笑)

都築:本業なんだ!? 本業って言っちゃえるんだ、もう!?

相田:もともと尾崎さんが好きだったんだもんね?

ほしの:そうですね。カラオケとかでもよく歌わせていただいて。『栞』をYouTubeで歌って、音楽活動が始まったという感じはあります。

小宮:いつもカラオケでね、歌ってくれてたもんね? クリープハイプを、朝まで飲みながら。

ほしの:あれが本当、喉によくないんだなって。

小宮:小宮との飲みが? あの日々がなければ、もっとうまかったってこと?(笑)

ほしの:あれがなければ、もっと早く世に出てた。よくない芸人の飲みでしたね(笑)

相田:ははははは(笑)

三四郎の二人からの誘いは断るもクリープハイプのボーカル・尾崎から誘われたら飲みに行くと明かした、ほしの。小宮との飲みに行ってなければ、ボーカリストとしてもっと早く世に出ていたと語ると、それを聞いた相田は爆笑していた。

関連記事(外部サイト)