ビートたけしと飲んだときに目にした“カッコ良すぎる姿”をお笑いコンビ・ロケット団の三浦が振り返る「人生で一番嬉しかったことかもしれない」

7月23日(土)、お笑いコンビ・ロケット団の三浦昌朗(みうらまさあき)と倉本剛(くらもとごう)がパーソナリティを務めるラジオ番組「ロケット団の定例ラジオ」(ニッポン放送・毎週土曜15時30分〜)が放送。三浦が、ビートたけしとの飲みの場に呼んでもらった際のエピソードを語った。

ロケット団

8月19日〜21日に開催される『あっぱれ!明治座 名人芸』の中で、みうらじゅんと共演することとなった2人。みうらは三浦にとって憧れの人物だそうで、せっかくの機会だから写真を撮ってもらいたいが、好きすぎるがゆえに言えなそうだという悩みを明かした。

また、その流れで三浦は、たけしと飲んだ際のエピソードを披露。この日も緊張のあまり、写真を撮れなかったという。

三浦:もう10年ぐらい前かな?『くじらの店 捕鯨舩』の店長の河野通夫さんが、「この日に、たけちゃん(ビートたけし)が来るから、紹介してあげるよ」って言って。

倉本:(たけしの)馴染みの店だったからね。

三浦:河野さんが、「たけちゃん、ロケット団の三浦っていうんだよ。寄席で頑張ってんだよ」って紹介してくれて。

倉本:うんうん。

三浦:そしたら、たけしさんが「おう、あんちゃん知ってるよ。あんちゃん、(出身が)山形だろ?」って。「俺んとこと逆だな」みたいな。

倉本:あ、たけしさんは東京で(ツービートの)ツッコミのきよし師匠は山形だから。

三浦:だから、「俺んとこと逆だな、あんちゃんたち」って。

倉本:あ〜これは嬉しいね!

三浦:「あんちゃん、こっち来いよ」って言って、たけしさんの斜め横に座って。たけしさんが俺に、「あんちゃん、チューハイでいいか」って言うんだよ?

倉本:すごいね、涙出ちゃうね。

三浦:でも、好きすぎるから顔も見れないわけよ。話もできないし。

倉本:あ〜分かるわ〜。

三浦:そしたら、たけしさんが、昔(三浦が)本で読んでいた話を、全部話してくれるわけよ。結局ずっと話ができなくて。

倉本:気軽に話し掛けるのもな……。

三浦:最後にたけしさんが、「じゃあ俺帰るわ」って言って。(浅草の)東洋館の前にロールスロイスが置いてあって、背中越しに右手を上げて帰ってくわけよ。カッコいいなぁ〜と思って。俺、人生で一番嬉しかったことがそれかもしれない。

たけしと写真を撮ることは叶わなかったという三浦。そんな話もあって、21日に共演するみうらにはぜひ写真を撮ってもらい「(スマホの)待ち受けにしたい」と語っていた。

関連記事(外部サイト)