大谷翔平とほぼ同じ、身長192センチ! 注目のシンガーソングライター・オヌキ諒とは?

ニッポン放送「中山秀征の有楽町で逢いまSHOW♪」

ニッポン放送のイマジンスタジオから素敵なゲストをお招きしてライブショーをお届けする『中山秀征の有楽町で逢いまSHOW♪』(毎週日曜朝5時30分~/司会:中山秀征・アシスタント:石川みゆき)。10月9日(日)のゲストは、長保有紀さん、オヌキ諒さん、そして中継先の神奈川県藤沢市・辻堂から田中あいみさんです。

ニッポン放送「中山秀征の有楽町で逢いまSHOW♪」

オヌキ諒さんは1985年生まれ、神奈川県相模原市の出身です。小さいころから背が高く、サッカーに没頭する少年でした。中学時代にハーモニカに触れ、ハーモニカでバンドを結成。人前でパフォーマンスすることに感動を覚え、ベース、ギターを独学でマスターしました。

2007年、ロックバンド活動からソロのシンガーソングライターに転身。優しく包み込む歌声を武器に、ギター弾き語りからバンド演奏まで、多岐に渡るパフォーマンスで活躍の場を拡げています。ちなみに身長は192センチ。大谷翔平選手より1センチ低いそうです。

ニッポン放送「中山秀征の有楽町で逢いまSHOW♪」

オープニングに尾崎紀世彦さんの大ヒット曲『また逢う日まで』をギター弾き語りで披露したオヌキ諒さん。

「父と僕が共通して好きな楽曲で、僕の声に合っているのではないかという父からの提案もあって決めました」

7月4日に新曲『あなたの陽炎』を配信で発売。この曲はパーキンソン病、レビー小体型認知症を患い、10年ほど介護し、昨年(2021年)9月に他界した母親に向けた楽曲だそうです。

「苦しく、つらく、イライラしてしまったときにこの楽曲を聴いて、優しく穏やかな気持ち、愛を感じていただければ幸いです」

ニッポン放送「中山秀征の有楽町で逢いまSHOW♪」

今週は神奈川県藤沢市の辻堂にある大型ショッピングモール「テラスモール湘南」から、「中継クイズ!ご当地ソングを当てまSHOW」を出題した田中あいみさん。今回の問題は「JR辻堂駅で流れる“発車メロディ”に採用されているご当地ソングは?」でした。

藤沢市からの耳寄り情報は、江の島を舞台に「湘南の宝石」と題したライトアップイベントです。江の島のシンボル「江の島シーキャンドル」を中心に、江の島がライトアップされる光と色の祭典です。

ニッポン放送「中山秀征の有楽町で逢いまSHOW♪」

ソウルフルボイス、田中あいみさんのデビュー第2作は『大阪ロンリネス』。デビュー曲が歌舞伎町をテーマにした作品だったのに対し、今作は大阪がテーマのパンチの効いた作品になっています。そして9月7日には待望のファーストアルバム『孤独の歌姫(シンガー)』を発売しました。

ニッポン放送「中山秀征の有楽町で逢いまSHOW♪」

大阪生まれ大阪育ち、いまも大阪に暮らす長保有紀さん。大阪の美味しいものを伺うと、大阪でいちばん長い商店街・天神橋筋商店街にある「中村屋」というコロッケ屋さんを教えてもらいました。1個60円。お昼や夕方には行列ができるそうです。

「このコロッケを買いに行くときは、近所に声をかけて出かけます。先日は並んでコロッケを50個を買いました。このときは大阪のおばちゃんに変身します(笑)」

ニッポン放送「中山秀征の有楽町で逢いまSHOW♪」

懐かしの昭和歌謡から『矢切の渡し』を歌った長保有紀さん。師匠のもず唱平先生から「セリフのように歌いなさい」と教えられ、ステージでその通りに歌おうとして、歌詞が飛んでしまったという笑えるエピソードを話してもらいました。

新曲『北国街道』は、長保有紀さんにとって十八番の旅情演歌!

「北国と書いて“ほっこく”と読みます。中山道の終点・信州の追分から、新潟の高田までをつなぐ街道で、宿場町は当時の風情を残し、人気の観光地になっています。まだ行ったことがないので、ヒット祈願で出かけてみたいと思います」

 

<<長保有紀さんの情報>>
○長保有紀さんの詳しい情報は、こちらをご覧ください。
https://www.nagahoyuki.com

<<オヌキ諒さんの情報>>
*新曲『あなたの陽炎』はYouTubeで、オヌキさんご自身で水彩画を描き、手書きで歌詞を書いたミュージックビデオを公開中。また『あなたの陽炎』はTikTokでも使用できるようになりました。

○オヌキ諒さんの詳しい情報は、こちらをご覧ください。
https://ryonuki.bitfan.id

<<田中あいみさんの情報>>
*10月27日、『日本クラウン60周年記念 令和・歌の祭典2022』(中野サンプラザホール)に出演。

○田中あいみさんの詳しい情報は、こちらをご覧ください。
https://aimi-official.jp

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?