最終回だけでも見ておくべき冬ドラマはこれだ!

「八木亜希子LOVE & MELODY」(3月9日放送)に、ライターでドラマウォッチャーの大山くまおが出演し、「最終回だけでも見ておくべき冬ドラマ」を解説した。

今年の冬ドラマとして大山が最初から注目していたのが「3年A組 ―今から皆さんは、人質です―」「トクサツガガガ」「いだてん〜東京オリムピック噺〜」など、情報量が多いドラマ。この冬はスピード感のあるドラマが流行っていて、ちょっと目を離すとなんだかわからなくなるが、そんな中で最終回だけでも見てほしいドラマはこちら!

大人の三角関係の行方は!?「グッドワイフ」

リーガルもののドラマ。常盤貴子演じる主人公・蓮見杏子が、スキャンダルで逮捕されたエリート検事の夫(唐沢寿明)のために16年ぶりに弁護士に復帰。仕事のブランクや、夫への疑念、同期との再会…人生がガラリと変わる中で奮闘する物語。司法修習生時代の同期・多田(小泉孝太郎)は、蓮見杏子に片思い。彼女の仕事をサポートしながらも、恋心を打ち明けるが…。最終回にぬけて、そんな彼の人気があがってきていている。さて、恋の行方はどうなる!?さらに、汚職事件の黒幕と裏切り者が誰か。多田が黒幕の可能性が残されている…かもしれない!?

クライマックスを迎える冬ドラマ、ご注目ください。

 

八木亜希子LOVE&MELODY
FM93AM1242ニッポン放送 土曜8:30-10:50

関連記事(外部サイト)