『東京リベンジャーズ2 血のハロウィン編 -運命-』北村匠海主演 “原作でもっとも泣けるエピソード”待望の実写化

【Tokyo cinema cloud X by 八雲ふみね 第1116回】

シネマアナリストの八雲ふみねが、いま、観るべき映画・ドラマを発信する「Tokyo cinema cloud X(トーキョー シネマ クラウド エックス)」。

今回は、2023年ゴールデンウィーク映画のなかから『東京リベンジャーズ2 血のハロウィン編 -運命-』と『ザ・スーパーマリオブラザーズ・ムービー』をご紹介します。

『東京リベンジャーズ2 血のハロウィン編 -運命-』

映画館で観たい!『東京リベンジャーズ2 血のハロウィン編 -運命-』 仲間との絆、名言の数々が観客の心を揺さぶる

和久井健原作の人気漫画を実写映画化。2021年の興行収入ランキングで劇場用実写映画No.1となる大ヒットを記録した映画『東京リベンジャーズ』の続編が、ついに公開となりました。

題材となっているのは、原作者である和久井氏自身が「原作でも描いていて特に思い出深いシリーズ」と語る「血のハロウィン編」。

それが「運命」と「決戦」。前後編2部作となり、壮大なストーリーが繰り広げられます。

『東京リベンジャーズ2 血のハロウィン編 -運命-』

『東京リベンジャーズ2 血のハロウィン編 -運命-』のあらすじ

過去にタイムリープすることで元カノ・ヒナタの命を救った、負け犬フリーターのタケミチ。2人には明るい未来が約束されているかのようだったが、凶悪化した東京卍會によって、ヒナタは再び、タケミチの目の前で殺されてしまう。

そんなヒナタを救う鍵は、東卍の結成メンバー。かつてマイキー、ドラケン、場地、三ツ谷、パーちん、一虎の6人が結成した東京卍會だったが、ある事件をきっかけに、彼らの友情は引き裂かれてしまっていた。

「君が助かる未来にたどり着くまで、絶っ対ぇ折れねぇから!」

タケミチは過去に戻り、ヒナタを、そして東卍の未来を救うために奮闘する……。

『東京リベンジャーズ2 血のハロウィン編 -運命-』

『東京リベンジャーズ2 血のハロウィン編 -運命-』のみどころ

主人公・タケミチ役の北村匠海、マイキー役・吉沢亮、ドラケン役・山田裕貴をはじめ、今田美桜、杉野遥亮、磯村勇斗、眞栄田郷敦、清水尋也、間宮祥太朗など、おなじみのメンバーが前作に続き続投。

さらに、場地役・永山絢斗、一虎役・村上虹郎、千冬役・高杉真宙が新たに参加。作品の世界にさらなる厚みと深みを与える存在感を放っています。

また物語の鍵を握るマイキーの兄・真一郎を、高良健吾が好演しているのも見逃せませんよ。

『東京リベンジャーズ2 血のハロウィン編 -運命-』

王道をいく青春成長譚として観客の心を掴んだ前作の魅力を引き継ぎながら、サスペンス的要素が加わった今作。あれほどまでに固い絆で結ばれていた東京卍會結成メンバーは、何故バラバラになってしまったのか。

さまざまな謎とともに、登場人物ひとりひとりのバックグラウンドが克明に描き出されており、その濃密すぎる人間ドラマは見応えたっぷり。

果たしてタケミチは最悪の結末を覆し、ヒナタと仲間の未来を救えるのか。戦いの行方は、是非スクリーンで!

『ザ・スーパーマリオブラザーズ・ムービー』

コチラも映画館で観たい!『ザ・スーパーマリオブラザーズ・ムービー』 ~2023年GWナンバーワンのファミリー映画

全世界で興行収入1000億円突破という快進撃をみせている『ザ・スーパーマリオブラザーズ・ムービー』が、待望の日本上陸。

ニューヨークで配管工を営む双子の兄弟、マリオとルイージ。不思議な土管を通じて彼らが迷い込んだのは、魔法の世界。離れ離れになってしまった兄弟は、世界を危機から救うために立ち上がる……。

ピーチ姫にクッパ、キノピオなど、人気キャラクターも勢ぞろい。土管を使って移動したり、巨大キノコをゲットして大きくなったり。スクリーン狭しと駆け巡るマリオの大冒険に、ゲームファンならずとも心をくすぐられること間違いなし。

世代を超えて楽しめる、ファミリームービーの決定版です。

『東京リベンジャーズ2 血のハロウィン編 -運命-』

■『東京リベンジャーズ2 血のハロウィン編 -運命-』
大ヒット上映中

■『東京リベンジャーズ2 血のハロウィン編 -決戦-』
2023年6月30日(金)から全国ロードショー

出演:北村匠海、山田裕貴、杉野遥亮、今田美桜、鈴木伸之、眞栄田郷敦、清水尋也、磯村勇斗、永山絢斗、村上虹郎、高杉真宙、間宮祥太朗、吉沢亮

原作:和久井健『東京卍リベンジャーズ』(講談社『週刊少年マガジン』KC)
監督:英勉
脚本:髙橋泉
音楽:やまだ豊
主題歌:SUPER BEAVER【前編 -運命-】「グラデーション」【後編 -決戦-】「儚くない」(ソニー・ミュージックレーベルズ)
製作:大多亮、高橋雅美、高見洋平
プロデューサー:岡田翔太、稲葉尚人
製作:フジテレビジョン、ワーナー・ブラザース映画、講談社
制作プロダクション:KADOKAWA
配給:ワーナー・ブラザース映画
(C)和久井健/講談社 (C)2023 映画「東京リベンジャーズ2 血のハロウィン編」製作委員会

『ザ・スーパーマリオブラザーズ・ムービー』

『ザ・スーパーマリオブラザーズ・ムービー』

2023年4月28日(金)から全国ロードショー
声の出演:クリス・プラット、アニャ・テイラー=ジョイ、チャーリー・デイ、ジャック・ブラック、キーガン=マイケル・キー、セス・ローゲン、フレッド・アーミセン、ケヴィン・マイケル・リチャードソン、セバスティアン・マニスカルコ
脚本: マシュー・フォーゲル
監督:アーロン・ホーヴァス、マイケル・ジェレニック
製作:クリス・メレダンドリ(イルミネーション)、宮本茂(任天堂)
日本語吹替版声優:宮野真守、志田有彩、畠中祐、三宅健太、関智一、武田幸史
原題:The Super Mario Bros. Movie
配給:東宝東和
(C) 2023 Nintendo and Universal Studios

連載情報

Tokyo cinema cloud X

シネマアナリストの八雲ふみねが、いま、観るべき映画を発信。

著者:八雲ふみね
映画コメンテーター・DJ・エッセイストとして、TV・ラジオ・雑誌など各種メディアで活躍中。機転の利いた分かりやすいトークで、アーティスト、俳優、タレントまでジャンルを問わず相手の魅力を最大限に引き出す話術が好評で、絶大な信頼を得ている。初日舞台挨拶・完成披露試写会・来日プレミア・トークショーなどの映画関連イベントの他にも、企業系イベントにて司会を務めることも多数。トークと執筆の両方をこなせる映画コメンテーター・パーソナリティ。
八雲ふみね 公式サイト http://yakumox.com/

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?