日向坂46 松田好花 『THE TIME,』でのハプニングに冷や汗も、救ってくれた安住アナの言葉「温かいなって」

4月29日(土)、アイドルグループ・日向坂46の松田好花がメインパーソナリティを務めるラジオ番組「日向坂46松田好花の日向坂高校放送部」(ニッポン放送・毎週土曜22時~)が放送。朝の情報番組『THE TIME,』(TBSテレビ系)で火曜日レギュラーを務めている松田が、同番組内で起きたハプニングについて語った。

日向坂46 松田好花

同番組の25日(火)放送回にて、バブリーキャラでおなじみのお笑いタレント・平野ノラのギャグを披露した松田。「平野ノラさんのバブリーなセリフが大好きで……」「一番好きなのがあって、やってもいいですか?」と自ら切り出したが、カメラに抜かれた途端にセリフが飛んでしまい、MCの安住紳一郎アナウンサーから「あれ、忘れちゃった?」とツッコまれる場面が。その後すぐに思い出し、無事にやり切っていた。

松田は改めて、この出来事を回想。どのような心境だったかを明かした。

「あれは、もう本当に『終わった』と思って。生放送で、なかなかあそこまでのことないなと思うんですけど(笑)

緊張感がめっちゃ走ったんですよ。たくさんスタッフさんもいらっしゃって、『やります』って言って、1人で(カメラに)抜かれている状態なわけですよね。そこで、『出て来ない!どうしよう!』と思って(笑)

傍から見たら全然焦ってるように見えなかったらしくて。でも、頭の中ではめちゃめちゃ冷や汗をかきまくりでした……」

20日(木)にパーソナリティを担当した『オールナイトニッポンX(クロス)』にて生放送を経験したことで、今回のことを乗り越えられたのかもしれないと振り返った松田。また、スタジオ裏で待機していた際には、安住アナのこんな言葉も。

「(TBSアナウンサーの)杉山真也さんが、『僕もよくクイズ番組で、すぐに答えられなくて、すごく時間を使っちゃうことを悩んでたら、安住さんに、クイズに答えられなくてずっと考えてる瞬間って、視聴者は絶対チャンネルを変えないからいいんだよ~って言っていただいたことがあって』って教えてくれて。

安住さんの言葉を杉山さん越しにいただいて。だから、私が頭真っ白になってネタを飛ばして、間が伸びている瞬間っていうのは、『いい意味で、視聴者の方の気を引くことができてたはずだから』ってフォローしてくださって。温かいって思いましたね」

安住アナの言葉を杉山アナ越しにもらい、気持ちが救われたと話した松田。「皆様のおかげで、何とか乗り切れました」と感謝していた。

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?