春風亭昇太が明かす 故・ケーシー高峰との思い出

ニッポン放送「春風亭昇太と乾貴美子のラジオビバリー昼ズ」(4月10日放送)で、パーソナリティの春風亭昇太が、4月8日に亡くなったケーシー高峰とのエピソードを語った。

ニッポン放送「春風亭昇太と乾貴美子のラジオビバリー昼ズ」に出演中の真島茂樹とりんともシスターズ

医事漫談ネタの創始者として人気を博したケーシー高峰。昇太がその当時の思い出を振り返った。

昇太「こんなに一途にお色気漫談した人いないよ」

当時、営業先で一緒の舞台に立つことも多かったという昇太だが、その時には必ず落語家がトリになるそうで・・・

昇太「ケーシー先生の後なんて、高座上がれないよ」

乾「大爆笑ですもんね」

昇太「だって第一声で、手前のお客さん指差して『母ちゃん、ヤってるか?』だよ」

乾「ドカーン!!ですね(笑)」

昇太「僕とか、他の人が言ったら怒られるけど、この方だけはOKみたいになってたから。真面目な医療の話とかしてて、急にくるからね下ネタが」

乾「油断した時に来ちゃうと笑ってしまいますよね」

そして番組では、以前「ラジオビバリー昼ズ」にケーシー高峰が出演した際の音声を放送。東日本大震災直後の出演ということで、その様子を語ったのだが・・・

ケーシー「食器がほとんど割れちゃったね。でもかみさんが言うには、食器なんかいいのよ。あんたの生殖器の方が・・・」

昇太・乾「ハッハッハ(笑)」

昇太「突然来たね」

乾「不意打ちでしたね」

どんな時でも変わらないケーシー高峰だった。

 

高田文夫のラジオビバリー昼ズ
FM93AM1242ニッポン放送 月〜金 11:30〜13:00

関連記事(外部サイト)