『沈黙の艦隊』大沢たかお、タブーに斬り込む熱演が光る

【Tokyo cinema cloud X by 八雲ふみね 第1139回】

シネマアナリストの八雲ふみねが、いま、観るべき映画を発信する「Tokyo cinema cloud X(トーキョー シネマ クラウド エックス)」。

今回は、9月29日に公開された『沈黙の艦隊』と『BAD LANDS バッド・ランズ』をご紹介します。

『沈黙の艦隊』

映画館で観たい!『沈黙の艦隊』 ~この逃亡は、大義か反乱か

1988年から1996年まで週刊漫画雑誌「モーニング」にて連載された、かわぐちかいじによる「沈黙の艦隊」。核戦争、国際政治、そして世界平和の定義といった鋭くも重い問題提起がなされた同作は、各方面で論争を呼び、社会現象を巻き起こしました。

そんな“伝説のコミック”が、ついに実写映画化。30年前に描かれた作品を、いま実写化する意味とは……。

『沈黙の艦隊』

『沈黙の艦隊』のあらすじ

海上自衛隊の潜水艦がアメリカの原子力潜水艦に衝突して、日本近海に沈没した。海江田四郎艦長を含む乗員76名は、全員死亡。あまりにも衝撃的な知らせに、日本列島には衝撃が走る。

しかし実のところ、乗員は全員生存していた。と言うのも、この事故は、日米政府が極秘につくった高性能原潜「シーバット」に彼らを乗務させるための偽装工作だったのだ。

ところが海江田は、「シーバット」に核ミサイルを積み込み、アメリカの指揮下を離れて逃亡。海江田を国家元首とする独立戦闘国家「やまと」であることを、全世界へ宣言する。

「シーバット」改め「やまと」を核テロリストとして認定し、撃沈を図るアメリカ。一方、アメリカより先に「やまと」を捕獲するべく、その動向を追う海自ディーゼル艦「たつなみ」。果たして、反乱逃亡した海江田四郎の真の目的とは……。

『沈黙の艦隊』

『沈黙の艦隊』のみどころ

海江田四郎を演じたのは、主演を務めるだけでなく、プロデューサーとしても名前を連ねている大沢たかお。

本作にかける思いは並々ならぬもので、防衛省・海上自衛隊との協力体制の構築や、原作者・かわぐちかいじ氏へのプレゼンも自ら行ったという熱の入れよう。“核”という脅威を武器に、世界と対峙する主人公を好演しています。

共演には玉木宏、上戸彩、ユースケ・サンタマリア、中村倫也、水川あさみ、江口洋介など、オールスターキャストといっても過言ではないほど豪華な面々。超大作に相応しい顔ぶれが揃いました。

また、Amazonオリジナル映画として、Prime Videoが初めて日本の劇場版映画の製作を務めているのも、本作の大きな特徴。さらに、日本で初めて海上自衛隊・潜水艦部隊の協力により、実際の潜水艦を使用しての撮影が実現しました。

リアルな艦体と現代のVFX技術が見事に融合した映像は、臨場感たっぷり。そのスケール感に圧倒されること、間違いなしですよ。

『沈黙の艦隊』

舞台となるのは、機密事項だらけの潜水艦内。核ミサイルの使用が争点となるストーリー。本作のなかには多くの“タブー”が散りばめられており、その問題と真摯に向き合っている作風に、強いインパクトを覚える人も多いはず。

そしてウクライナ侵攻や潜水艇の沈没事故など、日々報道されるニュースとリンクする部分もあり、劇中の出来事をよりリアルに感じずにはいられないでしょう。

原作漫画の連載当時と違わず、いままた論争を巻き起こすこと必至のエンタテインメント超大作です。

『BAD LANDS バッド・ランズ』

コチラも映画館で観たい!『BAD LANDS バッド・ランズ』 ~ギリギリを生きる、生き抜く!

<持たざる者>が<持つ者>から、“生きる糧”を掠め取る。特殊詐欺に加担して生きているネリとジョー。思いがけない大金を手にしたことから、血のつながらない姉弟に、さまざまな巨悪が迫ってくる……。

直木賞作家・黒川博行の『勁草』を映画化した『BAD LANDS バッド・ランズ』。社会の闇の部分がギュッと凝縮されたカオスな世界観と、大阪が舞台ゆえ登場人物たちが話す関西弁の軽快さ。

そのバランスが独特の風合いを醸し出しており、名匠・原田眞人監督の手腕に唸らされるばかり。日本映画では類を見ない、クライム・サスペンス。傑作です。

『沈黙の艦隊』

『沈黙の艦隊』

2023年9月29日(金)から全国東宝系にてロードショー
出演:大沢たかお、玉木宏、上戸彩、ユースケ・サンタマリア、中村倫也、中村蒼、松岡広大、前原滉、水川あさみ、岡本多緒、手塚とおる、酒向芳、笹野高史、アレクス・ポーノヴィッチ、リック・アムスバリー、橋爪功、夏川結衣、江口洋介

原作:かわぐちかいじ「沈黙の艦隊」(講談社「モーニング」)
監督:吉野耕平
脚本:髙井光
音楽:池頼広
主題歌:Ado「DIGNITY」(ユニバーサル ミュージック)/楽曲提供:B’z
製作:Amazon Studios
制作プロダクション:CREDEUS
協力:防衛省・海上自衛隊
配給:東宝
(C)かわぐちかいじ/講談社 (C)2023 Amazon Content Services LLC OR ITS AFFILIATES. All Rights Reserved.

『BAD LANDS バッド・ランズ』

『BAD LANDS バッド・ランズ』

2023年9月29日(金)から全国ロードショー
出演:安藤サクラ、山田涼介、生瀬勝久、吉原光夫、大場泰正、淵上泰史、縄田カノン、前田航基、鴨鈴女、山村憲之介、田原靖子、山田蟲男、伊藤公一、福重友、齋賀正和、杉林健生、永島知洋、サリngROCK、天童よしみ、江口のりこ、宇崎竜童

監督・脚本・プロデュース:原田眞人
原作:黒川博行『勁草』(徳間文庫刊)
配給:東映/ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント
(C)2023「BAD LANDS」製作委員会

連載情報

Tokyo cinema cloud X

シネマアナリストの八雲ふみねが、いま、観るべき映画を発信。

著者:八雲ふみね
映画コメンテーター・DJ・エッセイストとして、TV・ラジオ・雑誌など各種メディアで活躍中。機転の利いた分かりやすいトークで、アーティスト、俳優、タレントまでジャンルを問わず相手の魅力を最大限に引き出す話術が好評で、絶大な信頼を得ている。初日舞台挨拶・完成披露試写会・来日プレミア・トークショーなどの映画関連イベントの他にも、企業系イベントにて司会を務めることも多数。トークと執筆の両方をこなせる映画コメンテーター・パーソナリティ。
八雲ふみね 公式サイト http://yakumox.com/

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?