ニッポン放送「第49回 ラジオ・チャリティ・ミュージックソン」メインパーソナリティは、乃木坂46 久保史緒里に決定!

Robot Icon

AIざっくり要約

  • ニッポン放送のラジオ・チャリティ・ミュージックソンのメインパーソナリティが、乃木坂46の久保史緒里に決定した。
  • このキャンペーンは目の不自由な方に音の出る信号機を提供するために11月から来年1月まで実施する。
  • 久保は初のメインパーソナリティ担当となり、24時間生放送で様々な世代のリスナーを楽しませたい考えだ。

実験的な機能のため、正確性を欠く可能性があります。記事本文と併せてご確認ください。

ニッポン放送では、目の不自由な方たちが安心して街を歩けるように『音の出る信号機』を設置するためのチャリティキャンペーン「第49回 ラジオ・チャリティ・ミュージックソン」を、本日11月1日(水)から来年1月31日(水)までの3ヶ月間実施する。

目の不自由な方へ音の出る信号機を ニッポン放送「第49回 ラジオ・チャリティ・ミュージックソン」 パーソナリティ:乃木坂46 久保史緒里

目の不自由な方へ音の出る信号機を ニッポン放送「第49回 ラジオ・チャリティ・ミュージックソン」 パーソナリティ:乃木坂46 久保史緒里

目の不自由な方へ音の出る信号機を ニッポン放送「第49回 ラジオ・チャリティ・ミュージックソン」

このキャンペーンの中心となる24時間特別番組「ラジオ・チャリティ・ミュージックソン」を、今年も12月24日(日)の正午から25日(月)の正午までの24時間にわたって生放送するが、メインパーソナリティを乃木坂46の久保史緒里が担当することが決定した。久保は、初の抜擢となる。

久保は、『乃木坂46のオールナイトニッポン』パーソナリティ就任2年目ながら、『オールナイトニッポン』パーソナリティとの交流に留まらず、上柳昌彦、サンドウィッチマン、イルカほか数多くのパーソナリティや出演者との交流もうまれており、世代を超えたリスナーから支持を得ている。『ラジオ・チャリティ・ミュージックソン』のスピリットを幅広い世代のリスナーに更に届けたいという想いを込めて、今回の抜擢となった。

<久保史緒里 意気込みコメント>

歴史ある『ラジオ・チャリティ・ミュージックソン』のメインパーソナリティを担当させていただく日が来るとは思ってもみなかったので、お話をいただいたときは驚きました。まだまだ緊張の方が大きいのですが、先日ポスター撮影をして、スタッフさんと「一緒に頑張っていきましょう」という話をさせていただいた時に、「ここから始まっていくんだな」という実感が湧いてきました。様々なことを勉強して臨みたいですが、リスナーの皆さんが気になっていること、聞きたいこと、疑問を、私も放送の中で一緒に学んでいきたいと思っています。ニッポン放送で『乃木坂46のオールナイトニッポン』のパーソナリティを担当させていただいている中で、耳から得られる情報の大きさを実感することが多いです。自分の声でしか届けられないものや自分の言葉でしか伝えられないものがあると信じて、24時間を走り抜けたいと思います。初めての経験なので不安もありますが、聴いてくださるリスナーの皆さんや支えてくださるスタッフさんを信じて、楽しんでいただける放送をお届けしたいです。まだまだ未熟者ですが精一杯頑張りますので、よろしくお願いいたします。

 

特別番組概要

■番組名:目の不自由な方へ音の出る信号機を ニッポン放送「第49回 ラジオ・チャリティ・ミュージックソン」
■放送日時:2023年12月24日(日)正午~翌25日(月)正午 ※24時間生放送
■番組ハッシュタグ:#ミュージックソン
■パーソナリティ:乃木坂46 久保史緒里
■アシスタント:上柳昌彦、垣花正、内田雄基
■キャンペーン期間および募金受付期間:2023年11月1日(水)~2024年1月31日(水)
■キャンペーンホームページ:https://www.1242.com/musicthon/

『ラジオ・チャリティ・ミュージックソン』とは

「ラジオ・チャリティ・ミュージックソン」は、目の不自由な方が安心して街を歩けるように『音の出る信号機』を設置する基金を募るチャリティ・キャンペーンです。

昭和50年(1975年)からスタートした「ラジオ・チャリティ・ミュージックソン」は、毎年11月1日から翌年1月31日までの3ヶ月間に渡って展開されており、チャリティへの関心が高まるクリスマス・イブの12月24日正午から翌25日クリスマスの正午まで、ニッポン放送ゆかりの方をメインパーソナリティに迎えて24時間のチャリティ生放送を実施しています。

また、全国のラジオ局がその趣旨に賛同しており、北海道・STVラジオ、青森放送、IBC岩手放送、ラジオ福島、ラジオ大阪、和歌山放送、広島・中国放送、香川・西日本放送、福岡・九州朝日放送、ラジオ沖縄に、ニッポン放送を加えた全国11局のラジオ局が各局独自の「ラジオ・チャリティ・ミュージックソン」を放送しています。

これまでにお寄せ頂いた浄財は49億3,227万4,076円に上り、その全額が寄付され、3,400基を超える『音の出る信号機』を設置しました。

しかし、『音の出る信号機』の老朽化と、それに伴う新たな信号機設置のため、設置個所はなかなか増えていません。また『声の図書』『立体コピー機』など多くの視覚障がい者用教育機器も贈って参りましたが近年は機器のデジタル化に伴い『デジタル立体コピー』や、お送りした『声の図書』の劣化により、それをCDなどのデジタルフォーマットに変換し、有効に利用し続けて頂くための『デジタル録音図書編集用パソコン』なども必要です。

つまり、目の不自由な方の安全を守るため、目の不自由な方の快適で知的な生活を保障するためには、まだまだ「ラジオ・チャリティ・ミュージックソン」による募金が必要な現状が続いています。

★募金は来年・2024年の1月31日(水)まで受け付けます。
※銀行振り込みの場合は、三菱UFJ銀行、みずほ銀行、三井住友銀行にミュージックソン専用の口座がございます。
※現金書留の場合はニッポン放送までお送り下さい。宛先は〒100-8439 ニッポン放送ミュージックソン係 です。
※JCBカードで募金ができます。ラジオ・チャリティ・ミュージックソンのホームページから受付けています。

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?