僕が見たかった青空・早﨑すずき「ヤバい!と思って」 柳堀花怜に初めて声をかけた経緯

Robot Icon

AIざっくり要約

  • bwgaokittaaozoraghメンバーの柳堀花怜と早崎すずきがオーディション時の出会いや初対面を語った。
  • 合格発表まで緊張の時間を過ごした2人は、カフェやカラオケ、ファミレスに行きながら時間を潰した。
  • ファミレスではメンバーの安納蒼衣を見かけ、柳堀は雰囲気がかわいかったと語った。

実験的な機能のため、正確性を欠く可能性があります。記事本文と併せてご確認ください。

11月11日(土)に放送された、“乃木坂46の公式ライバル”として結成されたアイドルグループ「僕が見たかった青空」の早﨑すずきがメインパーソナリティを務めるラジオ番組「僕が見たかった青空 君と奏でるラジオ」(ニッポン放送・毎週土曜22時00分~22時30分)に、メンバーの柳堀花怜がゲスト出演。

僕が見たかった青空・柳堀花怜(左)にオーディションで話しかけた経緯を話す早﨑すずき(右)

僕が見たかった青空・柳堀花怜(左)にオーディションで話しかけた経緯を話す早﨑すずき(右)

早﨑と柳堀が初めて会ったときのことや、オーディションの合格発表直前のエピソードなどを語った。

柳堀:私たちが最初に会ったのは、オーディションの3次審査だよね。

早﨑:そう。

柳堀:私が3次審査の控え室で、座る席を探していたら、すずが「ここ空いてるよ」みたいなことを言ってくれて。それが初めてしゃべったときだよね。

早﨑:あの3次審査の控え室の雰囲気が怖いというか……。

柳堀:みんな緊張してるからね。

早﨑:中には友達を作ってる子もいたから、「ヤバイ!」と思って、一人でも味方が欲しかったの。そんなときに花怜を見て、『絶対この子、いい子だ!』と思ったの。

柳堀:よかった(笑)

早﨑:で、「ここ、空いてますよ」って言って。

柳堀:私にアピールしてくれたんだ。

早﨑:そしたら、「あっ、ホントですか?」って言って座ってくれた。それが出会い。だけど、あのときはそこまでしゃべってはいないよね。

柳堀:歌唱審査の日だったから、「なにを歌うんですか?」って。

早﨑:「歌詞、覚えてきました?」「もう私、歌詞が飛んじゃいそうです」とか言って、すぐお互いの世界に戻ったよね。でも私は、本当はギリギリまでしゃべっていたかったんだよ。だけど、花怜がすごく集中していたから。

柳堀:緊張しすぎて、「歌詞、忘れたらどうしよう!」と思って練習していたの。

早﨑:3次審査は花怜が先に呼ばれたから、「頑張ってください」って見送って。そうしたら、最終審査で偶然、隣の席だったんだよね。「あっ、あのときの!」みたいなことを言って。

柳堀:最終審査のときは、合格発表まで時間があったんだよね。それで、「一緒に時間を潰しませんか?」って話して。

早﨑:喫茶店みたいな所へ行って。

柳堀:だけど、ソワソワしちゃって。

早﨑:早く結果知りたかったから、時間がすごい長く感じたよね。カフェのあとは、カラオケに行ったよね。

柳堀:早く時間が過ぎてほしくてね。

早﨑:でも、過ぎなかったよね(笑)。「あと4時間」「あと3時間」って言って。

柳堀:ずっと時計ばかり見ていた。

早﨑:カラオケのあとにファミレスへ行ったけど、緊張しすぎて、スープしか飲めなかったよね。

柳堀:ファミレスへ行った時には、あと1時間ってタイミングだったから、ソワソワしちゃって。お腹すいていたのにスープだけしか飲めなかったね。

合格発表まで時間があり、一緒にカフェやカラオケ、ファミレスに行って時間を潰したが、合否が気になって落ち着かなかったという2人。その中で、「どっちかが落ちたら、トップオタクになろうね!」という約束も交わしていたことも明かした。

さらに、最後に行ったファミレスには、メンバーの安納蒼衣が母親と一緒にいるのを目撃したと言い、柳堀は「なんか、雰囲気がすごくかわいくて……」と、印象に残っていたと語った。

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?