伊集院光、ディズニーランドで“列に並ぶ”ことが好きだと明かす「人をぼんやり見ているのが……」

Robot Icon

AIざっくり要約

  • 伊集院光がラジオ番組でディズニーランドで列に並ぶことが好きな理由を説明した。
  • 伊集院はディズニーランドで他の人を見守るのが気持ちいいと語り、友達がアトラクションに乗っている間も列に並ぶことが好きだという。
  • リスナーからの便りも紹介しながら、様々な人がなぜ長時間並んだのかについて語られた番組であった。

実験的な機能のため、正確性を欠く可能性があります。記事本文と併せてご確認ください。

11月16日(木)、伊集院光がパーソナリティを務めるラジオ番組「伊集院光のタネ」(ニッポン放送・毎週火曜~金曜 17時30分~18時)が放送。伊集院が、ディズニーランドで並ぶのが好きな理由について明かした。

東京ディズニーランド 千葉県浦安市 撮影日:2020年07月01日 写真提供:産経新聞社

東京ディズニーランド 千葉県浦安市 撮影日:2020年07月01日 写真提供:産経新聞社

この番組では、ホームページ上に様々なテーマを掲載して募集を呼びかけている。今回はその中から、『行列並びました』というテーマをピックアップして進行した。

番組に届いたお便りを読んでいく中で、伊集院は、「ディズニーシーの人気アトラクション『タワー・オブ・テラー』に4時間並んだ」というお便りを紹介。その内容を受けて伊集院は、自身の“並びたい欲求”について語り始めた。

伊集院:俺ね。あるときから、ディズニーランドにいる人をぼんやり見ているのが好きになって。

ニッポン放送・前島花音アナウンサー(番組日替わりパートナー):え~!

伊集院:カミさんは普通にディズニーランド好きだから、カミさんと友達が何か(アトラクションに)乗ってる間に、「俺、並んでるわ」って言って。並んだ結果、俺、別に乗らなくていい。

前島:え~っ!?

伊集院:並んでるときに、いろんな人を見てるの。疲れ切ってるお父さんを見たりとか。

前島:(笑)

伊集院:それでいいんだよね。だから、俺、ディズニーランドに連れて行くのに最適な人だと思う。

前島:へぇ~!

ディズニーランドでアトラクションの列に並びながら、周囲の人たちを観察するのが好きだという伊集院。並ぶだけ並んで自身は乗らなくてもいいという話に、前島アナは、「伊集院さんみたいなタイプの方には出会ったことがない」と驚いていた。

さらに、番組中はリスナーから寄せられたお便りを次々と紹介。目的を果たすため何時間も並んだ人の話や、業務の一環として並んでいる人の話など、様々な内容を紹介して盛り上がっていた。

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?