ラッキィ池田が黒木瞳から受けた「無茶振り」な振り付け

Robot Icon

AIざっくり要約

  • 黒木瞳の舞台でラッキィ池田に無茶なダンスを命じた過去が話題となった。
  • タップダンスを下駄で踊らせたり、朗読劇にダブルキャストのダンスシーンを追加したことも。
  • ラッキィ池田は長年にわたり黒木瞳の振り付けを手掛けてきたが、常に新鮮なアイデアに火がつく関係だった。

実験的な機能のため、正確性を欠く可能性があります。記事本文と併せてご確認ください。

黒木瞳がパーソナリティを務めるニッポン放送「黒木瞳のあさナビ」(11月13日放送)に振り付け師・タレントのラッキィ池田と振り付け師の彩木エリが出演。振り付けについて語った。

左から彩木エリ、ラッキィ池田

左から彩木エリ、ラッキィ池田

黒木瞳が、さまざまなジャンルの“プロフェッショナル”に朝の活力になる話を訊く「黒木瞳のあさナビ」。11月13日(月)~11月17日(金)のゲストは振り付け師・タレントのラッキィ池田と振り付け師の彩木エリ。1日目は、黒木瞳との出会いについて—

黒木)ラッキィ池田さんと言えば、自由気ままな素晴らしい振り付けを、有名な曲からちょっとマイナーなものまで、さまざまなジャンルで担当し、タレントとしてもご活躍されていらっしゃいます。

池田)黒木さんとは舞台もやりましたし、CMの振り付けもさせていただきました。

黒木)おふたりには、いろいろと振り付けをしていただきました。

池田)長いですよね。

彩木)何年ですかね?

池田)『ママ・ラヴズ・マンボ』の舞台からなので。

黒木)20年くらいだと思います。

池田)当時、(黒木さんが)フラをやられていて、それを取り入れたミュージカルでしたが、とても面白かったですね。

黒木)「綺麗な女性が助手についていらっしゃるな」と思ったら、それがエリさんでした。当時はたまたまフラの先生がフラダンスのダンスシーンをつくってくれたのですが、それがあまりにも「ザ・フラダンス」だったので、ご無理を言って、フラダンスをダンスにアレンジしていただきました。

池田)ステージ用にね。そのときは男性陣もいたり、踊りが得意でない方もいたので、いろいろアレンジしました。

黒木)いらっしゃいましたね。全然関係のないダンスまで私が無茶振りしたのですよね。

池田)「なんちゃってフラ」になってしまいましたが。あの無茶振りから「パーン」と黒木瞳さんのイメージが変わりました。

彩木)あの瞬間からね。

池田)あの瞬間から「カオスな人だな」と。

彩木)「あれ?」っていうね。イメージと違う。

黒木)カオスですか?

池田)ミステリー小説を読むように、ページをめくったら「あれ? この人ってこんな人だったんだ」というような感じでした。

左から彩木エリ、ラッキィ池田

左から彩木エリ、ラッキィ池田

黒木)その「こんな人だったんだ」の前は、どんな人だと思っていたのですか?

池田)その前は、宝塚ご出身なので「清く・正しく・美しく」という感じだったのですが、清く・正しく・美しいけれど「ミュージカルとはこういうものだ」というものをお持ちの方だと……。

彩木)固まっている方だと思っていたのね。

池田)そう思っていたのですが、ある日、「どっちがいいですか?」と聞くと、選ばれたのが「え? こっちなんだ!」という方をチョイスされて、「なるほどね~」と思いました。

彩木)私たちもよく「少し壊す」ことを心掛けていますが、そういうところがあるのだなと。いい意味で、「面白い方向に壊す」と考えるのは難しいことですよね。

池田)ミュージカルは何曲もありますし、一辺倒だと面白くないので、ペアで組んだり、飽きさせないようにいろいろな要素を入れるではないですか。

黒木)では、私はいい意味でカオスだったのですね。

池田)めちゃめちゃいい意味でカオスだったのです。

黒木)その後もラッキィさんに無茶振りしましたよね。

池田)そうなんですよ。

黒木)時代劇でタップが踊れない方と一緒に「タップをやりたい」とか。

池田)しかも下駄で。

黒木)「よいやさ!」みたいなものをやりたいとか。明治座で2回ほどやりました。

池田)やりましたね。

黒木)今年(2023年)も!

池田)今年は何と朗読劇なのに!

黒木)私が「ダンスを取り入れたい」と言い出して……。

池田)ダンスシーンを入れたいと。

黒木)それを快く。

池田)しかもダブルキャスト!

彩木)でも、私たちもそういう黒木さんの発注には燃えるのですよね。「え?」とは思いますが。

池田)お題に燃えますね。

彩木)お題に、「ん?」と火がついてしまうのですよね。

池田)大喜利と言うか、「なるほど、このお題がきましたか」というような。

黒木)なるほど。そのときは私が脚本を書いたのですが、読んでいただいて「ちょっとえぐいですよ」と言ったら、最後は「笑いました」と言ってくださって。「共感する部分が一緒なんだな」と思い、嬉しくて、またお願いしました。

左から彩木エリ、ラッキィ池田

左から彩木エリ、ラッキィ池田

ラッキィ池田(ラッキィいけだ)/振り付け師・タレント

■1959年・東京都墨田区出身。
■スネークマンショーのビデオに参加したことを機に、振り付け師としてのキャリアを始める。
■舞台やコンサートに振り付け師・ダンサーとして参加する一方、芝居やお笑いにも幅を広げる。
■1980年代より独創的な発想の振り付けが各界の注目を浴び、テレビ番組、CM、映画、舞台など数えきれない程の作品を手掛ける。
■自由で形にとらわれない発想のダンスで、子ども番組でも楽しくてキャッチーなダンスを数多く提供。近年はアニメ『妖怪ウォッチ』の『ようかい体操第一』『ゲラゲラポーのうた』が爆発的人気となり、NHK・Eテレ『いないいないばあっ!』『にほんごであそぼ』ではレギュラーで振り付けを担当した。
■現在は振り付け師としての仕事はもちろん、作詞、雑誌連載、吉本総合芸能学院(NSC)の講師など、多彩なシチュエーションで活躍。

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?