「英語」上達には「何のために学びたいのか」を知ることが重要 同時通訳者が語る

Robot Icon

AIざっくり要約

  • 同時通訳者の田中慶子が番組に出演し、英語力向上には学習目的の設定とメンタル面の重要性について語った。
  • 田中はコーチングで英語学習の計画立てと意識改革の必要性を伝え、通訳時には相手の本意を正確に把握することが肝要だと語った。
  • 不登校経験から英語力を身に付けた田中は、人生は予測不能で行き当たりばったりという考えを持ち、今後も通訳とコーチングを続けたいと話した。

実験的な機能のため、正確性を欠く可能性があります。記事本文と併せてご確認ください。

黒木瞳がパーソナリティを務めるニッポン放送「黒木瞳のあさナビ」(11月24日放送)に同時通訳者の田中慶子が出演。同時通訳者という職業について語った。

『新しい英語力の教室 同時通訳者が教える本当に使える英語術』/『不登校の女子高生が日本トップクラスの同時通訳者になれた理由』

『新しい英語力の教室 同時通訳者が教える本当に使える英語術』/『不登校の女子高生が日本トップクラスの同時通訳者になれた理由』

黒木瞳が、さまざまなジャンルの“プロフェッショナル”に朝の活力になる話を訊く「黒木瞳のあさナビ」。11月20日(月)~11月24日(金)のゲストは同時通訳者の田中慶子。5日目は、英語を話すために必要な心構えについて—

黒木)田中さんは現在、同時通訳の経験を活かして、コミュニケーションのアドバイスをする「コーチング」の分野でも活動されています。コミュニケーションは通訳の仕事とつながっていますよね?

田中)英語に悩む方は多いのですが、深掘りすればするほど、「メンタルや心構えが大事だな」と感じます。英語の勉強は教材もたくさんありますし、皆さんいろいろわかっていると思います。ただ、それをどのように使うか、英語でコミュニケーションするときは何が必要なのかを、「コーチング」という形でお手伝いさせていただいています。

黒木)コーチングに関しても、『新しい英語力の教室』という本を出されています。

田中)英語の本なのですが、英語はほとんど出てきません。

黒木)そうですよね。

田中)「発音はこうしましょう」、「この表現はこういう意味です」というような英語の教材は世の中にたくさんあって、いい教材もたくさんあると思います。しかし、ここではもう少し深掘りして「何のために英語を学びたいのか?」ということから始まり、英語でプレゼンする際、母国語でない言語で人前で喋るときに「何を準備したらいいのか」ということなどを、それぞれ考えていただきます。実際に私がコーチングのなかでやっていることですが、コーチングだと人に知っていただくことが難しいので、本という形にしました。コーチングを受けているような気持ちで「自分にとっての英語とは何だろう、英語を学ぶ目的は何だろう」と考え、自分に必要な英語の勉強を計画していただく。

黒木)コーチングを受けていると思って。

田中慶子

田中慶子

田中)やる気というのは贅沢品のようなもので、あるときはありがたいのですが、持続するものではありません。やる気がなくても、「やらざるを得ない習慣化の仕組みをどうつくっていくか」ということをコーチングのアプローチで書いてあります。「どのようなステップを踏み、どのような学習計画を立てればいいのか」が書いてあります。

黒木)以前、海外での舞台のときに通訳の方がいたのですが、私が言ったことを少し違った意味で翻訳したようで、相手の方が怒ってしまったのです。例えば、「この色は嫌だわ」と日本語で言ったとしても、「本当は嫌だけれどまあいいか」という意味で言ったかも知れない。でも、「彼女はこれが嫌いだと言っています」と伝わってしまうこともありますよね。「ただ訳すだけではないのだな」と思ったことがあるので、田中さんがおっしゃっている意味がよくわかります。

田中)ありがとうございます。通訳者として、誤解を与えることはいちばんやってはいけないことです。そうならないように、通訳させていただく方のことは理解しなければなりません。会議であれば先に資料をいただき、その方のことを細かく調べて理解します。ありがたいのは、通訳をしていると魅力的な方にたくさん出会えることです。

黒木)でも、よかったですよね。田中さんは18歳までの不登校児の期間があったからこそ、アメリカに行くことができたので、人生というのはわかりませんね。

田中)本当にわからないと思います。ですので、私の座右の銘は「行き当たりバッチリ」です。

黒木)素敵ですね。

田中慶子

田中慶子

田中慶子(たなか・けいこ)/同時通訳者

■愛知県出身。
■劇団研究員、NPO活動を経てアメリカ最古の女子大であるマウント・ホリョーク大学を卒業。
■帰国後は衛星放送、外資系通信社、NPO勤務ののち、フリーランスの同時通訳者に。
■天皇皇后両陛下、総理大臣、ダライ・ラマ、テイラー・スウィフト、ビル・ゲイツ、デビッド・ベッカム、U2のBONO、オードリー・タン台湾デジタル担当大臣などの通訳を経験。
■2010年、コロンビア大学でコーチングの資格を取得し、現在は通訳の経験をもとに、ポジティブ心理学なども取り入れたコミュニケーションのアドバイスをするコーチングの分野にも活動を広げている。
■2020年、慶應義塾大学大学院システムデザインマネジメント研究科修了。著書に『不登校の女子高生が日本トップクラスの同時通訳者になれた理由』、『新しい英語力の教室 同時通訳者が教える本当に使える英語術(できるビジネス)』。

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?