スズメバチ大好き芸人・丸沢丸 その意外な魅力を語る

お笑い芸人の丸沢丸がニッポン放送「春風亭昇太と乾貴美子のラジオビバリー昼ズ」(7月17日放送)に出演し、スズメバチの知られざる魅力を語った。

大のスズメバチ好きとして知られるお笑いコンビ・かにゃの丸沢丸は、現在、自宅で4匹ものスズメバチを飼っているとのこと。「飼っているというか、住まわせてもらってる。ルームシェアですね」と、その溺愛っぷりを披露した丸沢が、スズメバチの好きなところをベスト3にして発表した。

第3位は……「ツンデレ的な魅力」

「アシナガバチはモデルで、スズメバチはグラビアアイドルなんですよね」と、不思議な例え方をする丸沢は、「働きバチは全てメスなので、『彼女たち』って呼んでます」と、独特な呼び名も披露した。

第2位は……「かっこよすぎる見た目」

「攻撃に特化した戦闘機」のような見た目が魅力だというが、その中でもオオスズメバチが特にかっこいいとのことで、「オオスズメバチは顔の筋肉が発達していて、顎の力も強いんですよ。家に巣を作られたら、壁壊してスペース広げて巣を拡張しますからね」と、その強さを熱弁。ところが昇太は「……全然かっこよさを感じないんだけど」と腑に落ちない様子。

第1位は……「巣の構造」

図鑑やテレビの映像でも見たことのある“うろこ状の外殻”は何層も重なった構造になっているそうで、「中に空洞があって、空気を溜められるので、巣の中の温度が一定に保たれるんですよ」と丁寧に説明した丸沢。「あれだけの巣を作れる昆虫って蜂くらいなんですよね」と、知られざる巣の構造について語った。

さらに、「蜂の針って、産卵管が変化したものなんです。だから刺す蜂って全部メスなんです」といった豆知識を紹介するなど、最後までスズメバチへの愛が溢れている様子の丸沢だった。

 

高田文夫のラジオビバリー昼ズ
FM93AM1242ニッポン放送 月〜金 11:30〜13:00

関連記事(外部サイト)